約3回で惚れさせるデート術|誘い方からデートをしオトすまでの具体的ステップ

約3回で惚れさせるデート術|誘い方からデートをしオトすまでの具体的ステップ

恋愛においてデートは必要不可欠だと言われています。

個人的には、デートという意識は持たないほうがいいとは思っていますが、どちらにしても1対1の関わりがなければ、付き合う事も体の関係を持つことさえもできません。

つまりある意味デートに恋愛はかかっていると言っても過言ではないのです。

そこで、本日は、シンプルかつ効果的なデートの誘い方からデートの仕方、場所選びなどを含めてデートテクニックを網羅的に解説をしていきたいと思います。

この記事のポイントをある程度抑えるだけでも十分女性の反応は変わってくるので是非じっくりとメモをとりながら学びそして実践してみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

復縁の際のメール内容と書き方..4ステップ

復縁の際のメール内容と書き方..4ステップ

どうしても冷却期間がちょっと長かったりしてしまうと、気持ちとしては完全なゼロスタートで臨んだほうがいいとは言っていましたが、基本的に元カレという武器があるので、恋愛では必須と言われる恋愛の話題は滅茶苦茶振りやすいのが何よりもメリットですよね。

新しい恋人がいたとしても、そこで動揺したり嫉妬さえしなければ、その話題から距離を縮めることも可能です。

とはいえ、やはり最初は緊張をしてしまうもの。ということでメールだけで相手との距離を他に縮めていくためにはどうすればいのか?どのような内容と書き方に注意をすればいいのか?ということを今日は解説をしていきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

元カレ・元カノを誘う簡単な3ステップ

元カレ・元カノを誘う簡単な3ステップ

復縁の場合は、普通の恋愛と違って突然誘っても下手な心理テクニックを使って誘っても、警戒心が強く働いている場合が多いので「OK」はもらいにくいです。

実際に誘ってからメールを無視されて音信不通になった人も少なくはないかもしれません。

しかし、実際にその原因を見てみると不自然な誘い方をしているという場合が多いです。小手先のテクニックを使えば使うほど誘うのが難しくなります。

・電話をするとき
・デートに竿うとき

こういう相手に負担があるものにアプローチをする瞬間こそがあくまで自然にスムーズにもっていくのかが重要になってきます。そこで、今日は復縁の際の誘い方を例にアプローチ法の基本3ステップを紹介していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

復縁率を3倍高める5種のメール術

復縁率を3倍高める5種のメール術

復縁をしたいと思ったときに、冷却期間をおいてメールをするわけですが、基本的にメールは文字だけの情報になるのでちょっとした言葉の使い方1つで伝わり方が全然違ってきます。

そして復縁の際に最も失敗が多いのがメールでもあります。

その理由は簡単で、文字情報で感情が正確に伝わりにくい事。

そして、相手の反応がすぐあるわけではないので不安が大きくなったり気持ちが逸ってしまうことです。あなたもあるのではないでしょうか?

特に男性は女性とは違いコミュニケーションのためにメールを活用していない人が多いのもあり、女性も目的をもってメールを活用することがないので普通のコミュニケーションができにくい事も多いので失敗しやすい栄光があります。

しかし、メールは復縁の際に非常に重要になってくるのです。

あくまで、メールは相手の警戒心を解きコミュニケーションのためにあるもの。いつもは無意識でできていたこともあるかもし、基本的な事もあるかもしれませんが意識してやるためにも参考にしてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

メール返信がない!状態から復縁する3STEP

メール返信がない!状態から復縁する3STEP

当たり前のことですが、復縁をする際は、元カレや元カノにとっては「別れる事はいい事だ」

と思っているわけなので、それを無理矢理、相手の気持ちも汲み取らずに自分勝手に復縁を迫るとメールの返信がなくなり無視されることもあります。

もちろん、既に僕のサイトを見ているあなたならば、多少勉強をしたのならばわかっている事だと思いますが、相手の気持ちを汲み取るくらいの気遣いができないと復縁はうまくいきません。

冷却期間をおいても、一歩間違えて警戒心をもたれてしまえばメールの返信さえもなくなります。今回は既にそんな状態のあなたに・・・またはそんな状態になってしまったときのためにそのメールを復活させ復縁に向かう方法についていくつか紹介していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

私がオタクからモテる男になるまでに学んだ7つの事

私がオタクからモテる男になるまでに学んだ7つの事

モテるようになるには、あらゆる総合的なものが大事です。

それだけに、すぐにはモテる男にはなれなかったりするし、浅いレベルで好きになってもらう程度ならば難しくはないかもしれませんが長期的に安定的に魅力を高めていく必要があります。

新しい女性が欲しくても関係を深めるためにも。僕は今でこそ100人程度ですが経験しそれなりにモテるというくらいにはなりましたが、もともとオタクで引きこもりだったので簡単ではありませんでした。

そして、過去の私のように、モテない、好きな女性をオトせない。彼女ができてもすぐに別れる・・・と悩んでいる人は多いだろうと思います。

そこで、今日は、僕がマイナスの状態からモテるようになり、他の男の追従を許さぬほど女性から愛され付き合い結婚までに学んだ7つの気づきをシェアしたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

復縁メール|状況別ベスト頻度!3つのポイント

復縁メール|状況別ベスト頻度!3つのポイント

恋愛においてメールの頻度は、結構重要視されているので不可欠だと言われています。

なぜなら、メールを送る頻度は会話で言う呼吸やペースと一緒で空気感を感じるから・・会話が弾んでいる時はリズミカルに送れば盛り上がりますが、そうでもない時に何度も送ったりすると相手はそのペースについてこれなくて面倒くさくなります。

このように頻度というのは呼吸のようなもので結構大事だったりするんですが、復縁の場合は、元カレや元カノは別れ方と付き合い方によってあなたに対して復縁を迫られると警戒している状態になっている場合がほとんど。

そんな中で頻度も気をつけずにメールを送ってしまえば当然撃沈しかねません。

そこで、今日は、今あなたがどれくらいの頻度でメールを送ると復縁につながるのかという適切なメール頻度のための3つのポイントについて解説をしていきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

復縁する際に今すぐ使える12個のメール例文

復縁する際に今すぐ使える12個のメール例文

メールは、文章のみのコミュニケーションになるため、表情や声のトーンや体の動きがないため気をつけなければいけないことが多いです。

会話というのは言語的なものよりもノンバーバル(非言語)のほうが優位的に伝わるのは心理学の実験のマレービアンの法則でも実証されている事です。

マレービアンの実験では人が他人から受ける情報の割合は、表情が55%、声のトーンや質が38%、話す言葉の内容が7%という結果が出ています。

メールだけではいかに伝えたい事も伝わりにくいのかがわかります。復縁において相手が警戒心を強く持っているような状況ではこの感情の伝わり方というのは非常に色濃く出てしまい失敗してしまう可能性があるのがわかるはずです。

そこで、今日は、復縁でうまくいった事例、うまくいかなかった事例の12個のメール例文を通じて復縁の流れ、何に注意すべきかをを学んでいただければと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

恋愛とは自分を成長させ異性の人生の質を高めるもの

恋愛とは自分を成長させ異性の人生の質を高めるもの

男(オス)と女(メス)は、僕達が生れるはるか昔から存在している。その中で恋愛感情というものは少しずつ変わってきていると思いますが、恋愛は人生の中でも1つの大きなウエイトになっている人も多い。

しかし、残念ながら僕が見る限り多くの人は恋愛に対する意識が低い。

例えば「数打ちゃ当たる」とむやみやたらに恋愛をし見せかけの性的関係だけを作り、結局何も残らなような取組をさして、心の育みも行わずに恋愛マスターと書いている人もいる。

そのようなとりあえずの恋愛関係が悪いとは言わないが、そんな事をしていても関係は波状するし、すぐにダメになるし結局必死にモテるとか恋愛とか結婚を追い求めてる。そこに人間同士のキズナなど育まれることはないのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0

好きな人だからこそ!振り向かせる為の12の武器

好きな人だからこそ!振り向かせる為の12の武器

きっと、あなたは好きな人を振り向かせたいと思っている事だろう。

どうでもいい人には好かれるのに好きなほどうまくいかない。または、モテてはいたけど好きな女性や狙った女性ほ振られる・・という状態ではないだろうか。

これが行き過ぎると「このまま自分は好きな人と付き合う事などできないのだろうか?」と不安になるかもしれません。

一方、男性向けでやってる僕のクライアントさんは、好きな女性ほどうまくいかない状態だった人達が、別に無理にアプローチをすることなく好きになると好きにさせるをしっかりと両立させている。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0