男と女の効果的な駆け引きの違い計10選

よく、恋愛テクに関しても恋の駆け引きに関しても・・・

方法論としては一見一緒だったとしても、例えば

同性の人間関係では効果があったとしても異性には一切使えない・・
または自分なりに駆け引きをしても全然うまくいかない・・・
はたまた、これまでうまくいっていた駆け引きが特定の異性には通じない。

ということは結構よくあります。

これはなぜか?

というと男と女は別の生き物だからです。

正確に言えば男性性と女性性なのですが、この違いによって駆け引きの仕方のポイントも大きく変わってくるのです。

同じ押して引くでもポイントが違うのです。

そこでここでは、男女の駆け引きの違いというのを理解していただいた上で男性性・女性性それぞれの駆け引きを5つずつ・・つまり計10個の駆け引きの際のポイントを紹介していきたいと思います。

1.「男は女の」「女は男の」無意識の駆け引きを参考に

基本的に駆け引きというのは押したり引いたり・・・
そういった単純なものでやると失敗をしやすくなります。

いや、方法論的に言えば押したり引いたり自体が別にNGではありません。
しかしそもそも男と女では、同じ押したり引いたりでも全く違った使い方になるのです。

男は男にとっていいと思える駆け引きを・・
女は女にとっていいと思える駆け引きを・・

するのです。

ちなみに、ここで言う“男というのは男性性・女というのは女性性“という意味で、そもそも男も女も誰しも男性っぽさと女性っぽさを兼ね備えていてどちらかが表面に出ているのかによって対応が変わってくるのです。(大概の場合は男と女で分けておいて間違いはないかなと思います)

つまり、

女性には女性的な駆け引きを。
男性には男性的な駆け引きを。

すると無意識的に相手に自然に入り込むことができる駆け引きをすることができるようになるのです。
駆け引きをしてうまくいきにくいのは、あくまで自分の性別で考えている駆け引きをしてしまっているからです。

もちろん、駆け引きの最大の問題点はあくまで、【危険!】恋の駆け引きで失敗してしまう人の5つの理由を見てもらえばわかると思いますが、実践方法としてはいかに異性にとって違和感のないようなアプローチができるかどうかも重要です。

もちろんすべてを真似する必要性はありません。

いかに取り入れることができるのかがポイントになってくるので、それぞれ解説していくので是非見ておいて参考にできる部分を取り入れていきましょう!

2.男が参考にすべき女の駆け引きとは?

では、まずは女性が駆け引きをする際についつい使ってしまう方法について5つ紹介していきます。

2-1.周囲にどう見られるかを気に掛ける

よく女性は状況に応じてその場の空気を壊さないために合わせたり丁寧な対応をしたりします・・。例えHが好きだったとしても基本的にほとんどの女性はオープンに「H好きっ!」とは言いません。

これはなぜか?というと集団で生活をしていかなければならない女性は無意識的に周囲にどう見られているのかを気にかけているのです。

そんな女性に対して・・

店員さんのミスに怒り狂ってキレてクレームを言ったり・・
嫉妬をすると不機嫌になって集団の中で不機嫌になったり・・

するということはある意味で周囲を全く見ない自己中な人というイメージを与えてしまいます。つまり、駆け引き以前に女性を取り巻く人間関係にもある程度気にかけておかないといけないのは覚えておいてください。

駆け引きしている!というのが周囲にバレてしまう言動をしたり、仕事や周囲の人に対して駆け引きをしているのをその女性に見られていれば余計に駆け引きを怪しまれかねません。

2-2.共感をする

「そうそう!わかるわかるぅぅぅ~~!」という事をよく女性は言いますよね。
また男から見たら可愛くないのに「可愛い♪!」という事も言います。

男からすれば・・意味不明に思われるかもしれません。

しかし、先ほどの周囲との場を保つためもありますが、あれは可愛いという部分を見つけて共感をしあっているのです。

決して同感をしているのではありません。
可愛い!って気持ちわかるぅぅ~!ってことなんです。

しかし、男性は共感が大事とか言われて同感をしてしまいます・・だから、女性の意見が自分と違った時に意見を変えて同感をしてドン引きされるのですが大事なのは共感をすることなのです。

多くの男性は駆け引きの中で同感をしてしまいますが同感をせずに共感をしましょう。

2-3.相手を傷つけない言葉を使う

女性の場合はどれだけ嫌だと思っていても、なんか違うんだよなぁ~と思っていても、それを表情に出さずにその場を守るために笑顔で対応したり察知されないように微笑んだりします。

伝え方も、例え嫌いでも嫌いとはあまり言いません。
どちらかっていうと遠回しに伝えるのです。
正確に言えば間接的な伝え方をしています。

その笑顔や微笑みを勘違いして惚れてるんだぁ~!と勘違いしてしまう男性も結構いますが、それはあなたを傷つけないために言葉や態度を選んでいるのです。

駆け引きでも女性はそれを使うのであなたも「この伝えたい事をいかに間接的に伝えるのか?」を意識することをオススメします。

2-4.明示的な説得をする

女性の場合は間接的と先ほど言いましたが、説得の仕方もあまり直接的にはしません。
下手な女性も結構いますがうまく人間関係を構築する女性は“明示的な説得”の仕方をします。

明示的というのは“相手に選ばせるための選択肢を提示する”説得方法です。

つまり、「Aです!」ではなく「AとBがあると思うけどどちらにする?」というように選ばせるやり方です。ストレートに説得をすると、駆け引きが泥沼に陥るほど・・・女性側からすればA以外の選択肢をどうしても探してしまうので明示的な説得をしたほうがいいです。

2-5.褒めるのではなく賛美

よく、褒めとけばいいんでしょ!?という感覚で女性を褒める男性がいて、、
褒めてけなすみたいな駆け引きをやったりする人いますが・・。

完全に逆効果です。

女性を褒めて効果があるのは「あなたの事に興味と関心と好意」を持っている時くらいでそうでない時に褒めてもどうしても効果は薄くなります。

男性は「褒めてくれたらやる気になるのに!」

とかいう人が結構多いですけど、女性は褒められるよりも賛美を好みます賛美とはほめたたえる事みたいに言われていますが、そうではなく具体的には・・・

・女性が否定的に受け取っても堂々と本当に思っていると伝える事
・目の前で褒めるのではなくほかの人にエピソードなどを話して感謝している事を伝える・凄いところを認める。

みたいな感じですね。

・・・・以上5つのポイントを参考にしたうえで駆け引きをしてみてください。
これら5つの要素はありとあらゆる場面で参考になるはずなので、とりあえずの駆け引きをするのではなく女性心理に沿った駆け引きをしてみましょう。

3.女が参考にすべき男の駆け引き

そして次に男性が無意識的についついやってしまう女性が参考にできる駆け引きについて紹介していきます。
と言ってもここまで読んでいるのならば真逆の事を意識すればいいんですが・・それではいってみましょう。

2-1.共感よりも同感

女性の場合は、共感をしますが男性が共感をしようとするとなぜか同感をしがちです・・・。
これはつまり男性は同感をしてほしい傾向が高いという事ですね。

つまり・・とりあえず同感をすれば男性は満足しやすい傾向があるということです。

ただ、ちょっと気を付けたいのが女性性も兼ね備えた男性についてはこれはバレるので、その場合は同感できる部分を見つけないとバレちゃうので注意が必要ですがほとんどの場合は通用するはずです。

2-2.称賛・褒める

「きゃわいいねぇ~!」「綺麗だねぇ~~!」と男性は褒めがちですが、このような誉め言葉を男性は無意識的に喜びます。

男を扱いのがうまい女性とかはご存知かと思いますが・・
大概の檀瀬いは「すごーい!で喜びますよね(笑)

そんな感じで褒める事によって大概の男性を喜ばせるのは結構簡単だったりします。そして褒めてくれる人が褒めてくれなさそうになると焦りやすいのも事実です。

2-3.ストレートに表現する

先ほど解説しましたが女性は「間接的に」相手に伝えるというのを日常からやっているのですが、比較的男性のほうがストレートな物言いをします。

そのため、ほとんどん男性は女性の間接的なものの言い方は・・
逆に混乱をきたす場合があります。

気にかけさせる上では効果的かもしれませんが、そうでない場合は勘ぐってしまっている状態ではストレートに表現をしたほうがいい場合も多いです。喜びをわかりやすく表現したり悲しみをわかりやすく表現をすることによって伝わりやすくすることができます。

2-4.現実を踏まえて対話をする

女性の場合、何らかの悩みなどがある場合・・・アドバイスよりも気持ちに共感したり気持ちを汲んでほしいものですが男性の場合は、悩みを解決してあげたいという思いで現実的にどうしてあげたらいいのか?を考えているわけです。

つまり、気持ちよりもどうするか?を重要視しているのです。

そのため男性をうまく説得したかったりするのならば、駆け引きをするのならば現実をある程度踏まえた対話を心がける事です。特に関係が悪くなっている時や状態が悪い時はここを意識することをオススメします。

2-5.可能性を提示する。

男性は夢を追いかけることに心躍る生き物です・・。だから夢を見せましょう!というのは言い過ぎかもしれませんが、可能性を提示することはしたほうがいいです。

「もっとあなたならできるはず!」とかもそうですが、
逆に「●●というような事されるととドン引きしちゃう。」

というようにも使う事ができます。可能性の提示は駆け引きであらゆる使い方ができるので是非活用してください。間接的に伝えるのが得意な女性ならばこれは普通にできるようになることのはずです。

・・以上5つの効果的な駆け引きの際に使えるポイントを紹介しましたが・・中には駆け引きとは言えないストレートさも大事になりますので是非参考にして活用してみてください。

最後に

さて、ここでは男性性と女性性に分けて効果的な恋の駆け引きについて解説をしてきました。

面白いものですよね。

男女って。

これまで男性との駆け引きが得意だった女性が女性性の強めの男を好きになりこれまでの方法論が一切通じなくなったり、、はたまた逆があったり・・本当に男と女って面白いなぁといつもおもいます。

ま、誰だって100%の成功率なんて面白くないですからね。

うまくいかないことがあって失敗して色々やってみてうまくいっていく。
そういう過程をもっともっと楽しめたらいいですね。

と言っても駆け引きはこれまでの駆け引き関連の記事にあるように、目的を見失っては逆効果になりますからね。とりあえずの駆け引きなんてしてしまうとやればやるほど無意味なものになってしまうのでご注意くださいませ。

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、NEXT MENS STAGEの無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後、1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した「THE・MOTE・RULE」をお届けします。

*あなたのお名前(ハンドルネーム)を入力
*あなたのメールアドレスを入力

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

最新情報をチェックしよう!
広告
>社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

勉強もスポーツもできないウツ・引きこもりのマイナスの状態からいかにして普通になり誘われ・告白されるまでのモテる男になることができたのか?そしてその先に見えたものは何か・・その軌跡を公開します。

CTR IMG