女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

どうしたら好きにさせられる?恋に落ちる基本的なメカニズム3要素

なぜ、人は人に恋をするのだろうか?

一見、恋をするのは当たり前のようにも思うかもしれませんがなぜ恋をするのか?

子孫繁栄のため。
脳の反応。
ただの盲目。

というように色々言われていますが、人が人に恋をするのは惹かれるのかはそれぞれ動機は違うものです。

「好きになる理由はわからない」から学ぶ女の恋愛心理の1つの原則の記事でも解説しているように、人が人を好きになる理由には「未知」の部分が必要なので理由がわからない部分が必要不可欠にはなってきます。

ただ、これだけは言えることがあります。

それは人が人に恋に落ちるのには基本的に
あるメカニズムが存在しているということ。

もちろん全てがこのメカニズムに沿っているとは限りませんが、最も典型的な恋に落ちるメカニズムがあります。

そこでここではその典型的なメカニズムを非常にシンプルにした形で解説をしていこうと思います。

たったの3つ。

ここを意識するだけで自然と人は人に恋に落ちてしまうというものです。

もしかしたら、このメカニズムを知ってるだけであなたが恋に落ちた状態にあなたの恋した人に対して感じてもらうことも可能になりますから是非参考にしてみてください。

1.まずは仲間(味方)になる。

Seaq68 / Pixabay

僕達人間は男女関わらず無意識的に最初の段階で
「この人は味方か敵か?」
を判断する傾向があります。

あなたもないでしょうか?

この人は怪しいとか危ない!とか思ったりして近寄らなくなったり距離を置こうとしたりガードをしようとしたりとかしてしまって何をやっても逆効果になりかねません。

警戒心をもたれてしまうと親密にもなれないのでまずは、最初にあなたが相手にとって仲間・味方であるということを感じて貰う必要があります。

親しみをもてるようにする。

まだ恋愛感情を相手は感じていない状態かもしれませんが、この人は敵だ!と思ってる状態では基本的には相手はあなたにちかようろうとも話しても耳にはいることはありません。

ただ、漠然と嫌だと。

そのため、まず最初に重要なポイントは自分は相手にとって味方である。

ということを伝えるのです。

結構エグい感じで女性を口説いたりする男性はコミュニケーション的には味方を演出しながらもバレないレベルで高圧的な態度をとったりすることで警戒心と安心感の両方から恋愛感情を一気にかんじさせる方法もあります。

 

2.味方でありながら「違い」を感じる

melkhagelslag / Pixabay

僕達人間にとって自分の味方や仲間は大体の場合、友達である場合が多いです。

異性や同性の友達が少ない人や周囲が敵の人にとっては仲間・味方ができるだけで恋愛感情を感じる傾向もありますが、大体の場合は

味方=友達

というレッテルを貼ってしまうため恋愛感情を抱くことはありません。

これは時間と関係があります。

仲間や味方だとかんじる期間が長いほど、僕ら人間はレッテルを強くはりますので、だらだらと仲間や味方である状態が続くと友達から抜け出せなくなります。

さらに

友達としても他の人より親密度が高い部類が当たり前になると

よく言われる
“友達以上恋人未満“
になるのです。

このレッテルをいち早く剥がすために必要になってくるのが、味方や仲間でありながらもそうでない部分を感じて貰うことです。

敵になれ!ということではありません。

違いを感じて対立をする可能性みたいなものを感じてもらうように自分と一緒でない部分をもっている人であるという感覚をかんじてもらうことが大事です。

典型的に最も使われてるテクニックで

・毎日連絡とっていたのを数日やめてみる。
・好意的に接していたけど少しそっけなくする。

とかは結構有名だったりしますが原理的には一緒です。

仲間や味方だと思ったらこうでしょ!というのをある意味で裏切っているので効果があるといえばあるわけです。でも、わざわざそんなことをしなくてもただ単に自分の主張を言ったり自分の時間を大切にするだけで普通にこの状態を作ることはできるはずです。

 

3.プラスαで何らかの魅力を感じる

RyanMcGuire / Pixabay

そして、最後にこれがなきゃ恋愛感情をいだかせるに至らないというものがあります。

それが魅力です。

で、これまでの2つはわかりやすかったかもしれませんが、この魅力というものは非常に曖昧でわかりにくいかもしれませんが、以下のどの要素でも結構効果があります。

・見た目
・仕事の姿勢
・将来の可能性
・男らしさ
・親密度
・安心感
・楽しさ
・器の大きさ
・権威性

などなど、一緒にいることで他とは違う魅力を感じないと効果はありません。

で、よく「俺は見た目がよくないからダメですよぉ」みたいなことを言う人がいますけど、実は見た目というのは魅力の一部でしかありません。

そのためファッションを整えるだけで以前よりモテ度があがった。

とかも普通にあります。

これらの項目の中でマイナス部分は普通よりちょっと下を狙い、1つの魅力だけを徹底的に磨く。

でも十二分に効果があります。

完璧な人間になろうとしたり相手に嫌われないようにしようとすると魅力は低下するので自分の伸ばしたい・伸びる部分に徹底的に力をいれてください。

これをやってるかやってないかが最終的にモテるようになるかどうか?を決定づけます。

今からでも行動をすれば随分変わります。

ただ基本的には今のあなたにも十二分に魅力だとかんじさせる部分は必ずあるのでいかにそこを際立たせるのかを考えてもいいかもしれません。

自分が得意なものや好きなものに自然に引き込む。

これができるようになれば好きなことをしながら好きになってもらえるという流れができるので最強ですよ。

最後に

さて、ここでは人が人に恋に落ちる最も典型的で最も固いメカニズムを解説してきました。

もちろんこれらは徹底的にやろうと思えば難しくは感じるかもしれません。

しかし、この概念を簡単に取り入れるだけでも十二分に以前よりも恋愛の成功率は格段にあがるはずですので是非参考にしてみてください。