女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

本命になれずキープされがちな男10事例|キープ男から抜け出すための秘訣

よく、恋愛では・・・
本命と遊び
みたいなものがありますよね。

そして、この本命と遊びの中間に位置し女性が本命がいない時や本命とうまくいかなかった時の保険の男性の事を

キープ男子と言われています。

つまり本命になりきれずにキープされている中途半端な状態の男性です。

こういう男性は決してキープだといわれる事はないですが、

・彼氏とは言葉にしないけど恋愛関係っぽい関係
・友達以上恋人未満
・お兄ちゃん(というような家族の名称)
・セフレ・キスフレ

というように呼ばれていたりします。

しかし、実際のところは本命になりきれずキープされている男性であるパターンが多いです。

「えぇ~~~・・・マジでか(涙)」

あなたがもしその女性の本命になりたいのならば、凹むかもしれません・・・

では、一体どのような男が女性から見てキープされがちなのか?についてここでは数ある女性達がついついキープ枠にいれてしまう男性の特徴を実際の体験を元に10つ紹介していき、キープされがちな男は一体どんな男なのか?についての理解を深めていただき、キープ男子から本命男子として見られるための秘訣を紹介していきたいと思います。

1.優しすぎて刺激がない。

Incygneia / Pixabay

学生の時に私には好意を持ってくれた男性がいました。

彼は一言で言えば「優しい人」でも言い換えればNOとは絶対言わないYESマンでした。

最初はいいかなと思っていたのですが、何度か遊んでいる内に物足りなさを感じ、彼はキープにしておいて他の男性にも目を向けるようになりました。

結婚してしまえば「安定」が一番だと思うので優しい人は最高ですが、お付き合いとなるとハードルや喧嘩などある方が恋が燃え上がり、楽しく長続きするのかなと思います。

本命になりたいのであれば、「優しいだけの人」ではなく、優しいけどたまにはグッと引っ張ってくれる。
また、間違った行動なども厳しく叱ってくれる男性になるべきだと思います。

何だかんだ言っても女性の理想は父親かなと思います。
なのでたまには男がワガママをいって振り回してみたり、二人の時は急に甘えてみたり色んな一面を見せてワクワクされてあげればいいのかなと感じました。

2.ただのYESマン

geralt / Pixabay

私が高校生の時、バイト先に仲良くしていた1つ下の後輩がいました。

彼氏とは半年くらい付き合っていたのですがあまり上手くいってなくて、徐々に後輩くんに気持ちが傾いていたのですがなんとなく踏み切れないでいました。
彼氏と合わない時は後輩くんとよく遊んでいました。

後輩くんは私に気があって、完全に私の事が好きなんだなと感じ取れたのです。

年が下だからかかなり遠慮してきて、私の言う事やする事に全肯定で自分の意見をあまり言ってくれませんでした。

言われるがままなただのYESマンで、何だかつまらないと思ってしまいます。

意地悪でボディタッチするとウブな反応をしてきて面白いのですが、やはり物足りなく感じてしまっていました。
俺様な感じだったらすぐにでも乗り換えるのに、草食系っぽくてただ従うだけの彼はキープしておくだけの男性です。

3.いつまでも私に一途でいる

shelley_shang / Pixabay

女性は何事も比較してしまう生き物です。

友達が持っている洋服やバック、友達の彼氏、働きやすい環境の職場、食事のメニューなどなど、いつも比較して生きています。
結婚という失敗がほぼ許されない決断を下す前に、あらゆる事柄を比較して男性を見ています。そのため無意識のうちにキープの男性が出来てしまうのです。

しかし、本命の男性も当然いるわけで、そことの違いは何かというとずばり自分のタイプでは無いこと、そして自分以外の女性に行かないという安心感があることです。

定期的に連絡をしてくる男性や、自分に一生懸命お金を使ってくるような男性はキープになる確率が高いです。

他にも、付き合う前から全てが好きだと言ってくる、女性からラインやメールがきたらすぐに返信する、全く女性の影の無い、好きな時間に呼び出せるなどの男性はキープになりやすいでしょう。

こんなに努力してるのに!優しくもしてるのに!

なんでキープなんだと思う男性は多いかもしれません。

しかしそれは努力の方向が間違っているのです。お金や時間を使えば女性は振り向く、それは女性のタイプに自分は入っている場合でないと不発に終わる可能性が高いのです。

まずやるべきことは、狙っている女性のタイプの男性をきちんと知ることです。

直接聞いても引かれることがあるので、友達同士でいるときの行動や発言、または彼女のやっているSNSや好きな歌手や俳優のテイストから推理してください。

彼女の友達に聞くのは、本人に筒抜けなので危険です。まずは時間やお金で直接的に尽くすよりも、タイプを知ること、それに自分が近づくこと、そして自分は他の男性に比べて優れているところなどを磨いてください。

4.打たれ強くて、相手の言いなりになりがちな男

bugent / Pixabay

まず第一に、私のことが好きで積極的に言い寄ってきてくれる人であること。

そして、ある程度放置してもめげずにいて、フットワークの軽い人がキープになりがちでした。

ワガママを言っても受け止めてくれて、来て欲しい時に来てくれたり、暇な時に連絡を返してくれるようなマメな人でした。
積極的に言い寄って来る割には強引さに欠け、男らしさはあまり感じないので、彼氏というより、都合の良い相手といった感じでした。

私は、優しい人というより、男らしい人の方がタイプでしたが、振り向いてくれないことも多くなかなか自分から好きになるとうまくいかないことが多かったです。そんな時に、自分の寂しさを埋めたいがためにキープを作っていました。

キープになる人はとにかく優しくて、振り回しても文句は言わず、何においても私第一に考えてくれるような人なので、彼氏としては申し分ない人なのですが、その優しさが物足りなかったり、頼りなく思うことがあり、本命にはなかなかできませんでした。

優しさの中にも、自分のところに来いという強引さにが少しでもあったら、本命になっていたかもしれません。

5.いつでも落とせる男

panajiotis / Pixabay

女の子は恋をしてドキドキしたり可愛くなる努力をしたりします。

もちろん恋が実ると幸せですが、この叶うかどうかわからない、相手が私のことを好きなのかどうか分からない、という、この恋が実るまでの途中経過も楽しんでいます。

ところが、相手が私のことを好き。

と完全に分かっている状態だと、どうでしょう。

相手はもうすでに私の手の中にあり、虜なのだから、努力も必要ありません。努力する楽しみもありません。

そうした中でまた別に素敵な男性が現れると、女性は、簡単に確実に手に入る男は後回しで、もう一つ上のレベルの男を手に入れるために努力をします。

レベルが上の男を目指しながらドキドキして、一喜一憂して恋を楽しみながらも、玉砕した後は私にメロメロな男がバックについているので安心して狩りに出られます。

つまり、駆け引きのない、僕はあなたにメロメロ、僕にはあなたしかいないアピールはマイナスポイントになります。

女性だって追いかけたいのです。

6.優しい男性はキープになりやすいです。

優しいタイプの男性は、キープになりやすいです。

優しいからつい遊びたくなるし、いろいろ自分によくしてくれるから、会いたくなります。

なぜキープ状態になるのかというと、何か物足りないんだと思います。

何があれば本命になるかというと真剣に仕事に取り組む姿とか真剣に自分を愛する姿を見せてくれたら本命になる可能性があります。
キープ男性は、自分に自信がないようなタイプの男性が多いです。しっかり自分の気持ちを伝えるとよいです。

優しいだけではいいように利用されてしまいます。

女性は優しい男性にちやほやされるのが好きだから、相手の気持ちを利用してキープしているのです。

しっかり自分の気持ちを伝えてキープにならないようにしたほうがよいです。
キープ状態にされるなんて嫌だと思うから、優しいだけの態度は辞めてきちんと好きと伝えるとよいです。

7.自分の意見がない男

女の思い通りになる男はキープになりがちだと思います。

こっちの機嫌を伺ったり、何をしても怒らなかったり、都合良く使える人はキープのまま終わります。

嫌われたくないとか、捨てられたくないからと女の言う通りにしてたら都合良く使われて、他に良い人が出来たとしても、とりあえず使えるからキープされたままのパターンが多いです。

そして、一度キープとしてしか見られなくなったら本命にはなかなかならないので、めんどくさくなってきたら切られます。

最初から本命になるには、自分の意思や意見はちゃんと言って、ケンカもたくさんして、それでも相手をきちんと思いやっていれば本命になると思います。

女に、何でも思い通りになると思わせたらダメです。

それは優しさではなく都合が良いとしかならないので、本命にはなりません。

本当の優しい人とは、言うべきことは言って、怒る時は怒って、尊重してくれる人の事だと思います。そういう人が本命になります。

8.何でも自分の言う事を聞く男性

vlaaitje / Pixabay

顔は結構ハンサムなのに、本命になりきれない男性がいました。

その男性は、とにかく優しくて私の為に頑張る人でした。一緒に食事に行けばお金は全て払ってくれますし、欲しい物も買ってくれます。

勿論食べたいものは私の意見が優先されます。私のいう事は何でも聞いてくれるといった感じです。

なので彼に強引さがもう少しあったら、本命になっていたかもしれません。

私のいう事を何でも聞いてしまうので、安心してしまうのです。

お金も全て払ってくれるので、本命の男性が他にいてもスッキリ別れるのはもったいないと感じてしまい、キープしておこうという気持ちになってしまいます。

キープになってしまう男性は、少し強引さが足りない気がします。

何でもいう事を聞いて女性を安心させるより、もっとわがままになった方が、本命になれると思います。

9.惚れさせたもの勝ち

kmicican / Pixabay

キープ男性とは5年程前にスポーツバーで連絡先を交換したのをキッカケに、遊ぶようになりました。

お互い当時恋人はおらず私も初めは恋愛対象として見ていたのですが、スポーツバーである意味ナンパで知り合ったので遊ばれたくないという思いを持って少し警戒しながら会っていました。

しかし自分が思っていた以上にその男性は優しく紳士で驚いた事を覚えています。

その優しさが物足りずだんだん恋愛対象からは外れていき、いい人止まりになりました。そしていざ恋愛対象から外れると嫌な所ばかりが目についてしまい気持ちも冷めいていきました。

彼は私の事をよく思ってくれていた様で告白もしてくれたのですが、私は付き合うつもりはなく気持ちを伝えると振り向いてくれるように頑張ると言われたので私も会い続けましたが、ただ優しいだけでドキドキする事はありませんでした。

本命になる為にはやはりフィーリングや駆け引きが多少は必要だと思っています。

10.明らかに私のことが好きな人

連絡をすればすぐ返事をくれる、突然の誘いでも出てきてくれる、夜中の電話に付き合ってくれる、まるで弟のような女友達のような、優しくていい人と分かっていましたが、そんないい人をキープしてました。

あぁこの人は、私のことを好きでいてくれるんだな、と認識して、本命を追いかけながら、キープしていた記憶があります。

女性が本命を諦めた時、1回本命と付き合って別れそうな時が、女性の本命になれるタイミングだと思います。

相談女、相談男って感じですが、別れそうな時や片思いのウキウキがなくなると、ふと身近にいる存在に気づきありがたさがわかり、好きになる可能性大です。

キープでいいからそばにいたいと思っている場合は、そばで話を聞いてあげればそのうち順番が来るかもしれませんが、逆にハッキリさせるという手もあると思います。

都合の良い男になるのではなくて、1度その人から離れ、自分も自分のプライベートを充実させてみてはどうでしょうか。離れられると意外と追いかけて来るかも。

 

諦める前に諦める態度をとる事

よく、キープになっている男は上のように全てが女性の言うがままに進みます。

こういう男性は女性にとっては確かに安心ではあるでしょう。

しかし、ドキドキワクワクするような強い恋愛感情。
あなたを求める感情にはどうしてもなりにくいです。

これは、僕のメルマガでも言っている事ですが
「好きであなたが離れないと断定された時点で女性の好意は下がる」
のです。

ではキープ状態から抜け出す為にはどうすればいいのか?

答えはシンプルで

諦めそうになる直前に諦める行動・態度をすることです。

これ、なかなか難しいかもしれませんが覚えておいてください。

なぜか?

というと、たぶんキープされているあなたは確かに優しい人なのでしょう・・・・。
しかし、これを無理になんとかして変えて冷たくして駆け引きをしょう・・。

としてもたぶんうまくできないと思います。

違和感しかない。

相手の女性が「じゃあいいよ!」と言われたらたぶん「いやいや、そうじゃなくて・・」とまた優しいあなたに逆戻りになります。

それならば、「もうあきらめた方がいいかな・・・」というタイミングでやったほうが効果的だしもっと自然にできるはずです。
「少しでも彼女と一緒にいたい・・」なんて思っているうちはこれは難しいので・・いつまでもいる男から卒業をしましょう。

こういうのを見ると一見駆け引きみたいに感じるかもしれません。

でも、僕ら人間にとって大切なものは「失いそうになって」「失って」初めて気づくものですから、その状況を自然に作る事によってはじめて女性にとっての「あなたの価値」がわかるのです。

本当にキープ男だったのか?本命に名乗り出るだけのことをしてきたのか?がわかるので勇気をもってやってみてください。

もちろん!傷つくこともあるかもしれませんが、、、何か変わるキッカケにはなるはずです。