女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

女性直伝!付き合わないほうがいい女8選|騙されないための女性からのアドバイス

男と女はそもそも別の生き物・・・
だから男には女という生物を完全に理解できません。

だから、なかなか男性はいいと思った女性と付き合ってから後悔するケース
中には結婚してから後悔するケースが時々あります。

付き合わなければよかった!
結婚しなければよかった!

と。

ただ、そんな女性を最初の時点で見極められる男性は結構少なかったりします。

だから、付き合わない方がいい女性。
は知っておいた方がいいかと思います。

もちろん、そんな付き合わない方がいい女性を許容できるならそれはそれでいいので、「こんな女性とは付き合うな!」という女性は存在していませんが、「こういう女性はこんな大変さがあるから知っておいた方がいいよ。」という知識は必要だと思います。

そこでここでは、同性である女性が教えてくれる
“こんな女とは付き合わないほうがいいよ!付き合った男達はこうなったよ!”
というエピソードを厳選してお届けしていきます。

変な女性に騙されたくない!と思うのならば是非ご覧になってください。

1.頻繁に会いたがる淋しがりや

SJJP / Pixabay

かまってちゃんで淋しやがり屋なんだ。と、自分で言っている女性には気を付けた方がいいです。

そのような女性は頻繁に会わないと嫌だ。電話はどんなに忙しくても毎日しないと嫌だと付き合うようになってから言うようになったそうです。

男性はとても優しくて、押しに弱いタイプで、彼女はメンメラへと変貌していったようです。

毎日電話しないと嫌だ、私が呼んだらすぐ来てくれないと困る、来なかったら私は死ぬ。

と、脅されるのが日常になっていたようでその男性は日に日に疲れはてていました。

ただ、別れようと言ったら死ぬと脅されるのではと思うと怖くて言えなかったようです。

ですが、朝だろうが夜だろうが関係なく呼び出されたり、電話をするのが義務になっているという付き合い方に次第に疑問を感じて私に相談するようになりました。

私も同じ女性として彼女の気持ちが理解できるとは思えなかったので、勇気を出して別れを告げた方があなたの為だと伝えたところ、うまく別れることができたようです。

2.自分の話ばかりで人の話を聞くことが出来ない女性

自分の話ばかりで人の話を聞けない女性は、付き合っても後々苦労しますし長続きしません。

自分の話ばかりで人の話を聞けないの女性は、人が話をし始めると

「そうなんだ。」

で自分の話題に変えて話をし始めます。

会話のキャッチボールが出来ないので結構大変です。

自分の話ばかりで人の話を聞けない女性を好きになった男性は、真面目で優しく聞き上手、仕事に一生懸命で、もてるタイプの男性でした。

その女性を好きになった理由は、一目惚れしてしまったそうです。

(お互いに外見がタイプだったそうです。)

すぐに付き合い始めました。

付き合い始めてから最初はお互いに楽しかった見たいですが一ヶ月位経ってから、彼の会話が楽しくないとその女性は言い出しました。

どのような会話の内容がつまらないのかと聞くと仕事の話や人生ついての話題がつまらないと言って来ました。

お互いに付き合っているのだから彼の話も聞いてあげた方が良いよと言いました。しかしその女性は付き合う前と変わらない状態でした。

それから二ヶ月後に、男性の方からその女性に別れを告げてきました。

少しは、話を聞いて欲しかったと言われたそうです。

結局、会話のキャッチボールが出来なかったとのこと。

男性はその後、新しい出会いがあり聞き上手な女性と付き合い始めたそうです。

3.可愛い顔の察してちゃん

Pexels / Pixabay

昔の職場に顔はすごく可愛いけど、本性は邪魔くさい察してちゃんがいました。

その女性は初めは何枚も猫を被っていました。

料理は上手だし、仕事はしっかりするし、話し方も仕草も可愛く、服のセンスもある女性で一目惚れされる事の多い人でした。

その女性を好きになる男性は可愛い子好きで、とても優しく揉め事の苦手なタイプです。喧嘩になる前に謝ってしまう様な気が弱い人がよく引っ掛かっていました。

いつも付き合った人とは一年もせずにすぐ別れていました。

そのうちの一人に話を聞くと

「察して行動が付いていけなかった」

との事でした。

デートをしていても急に怒りだし、何を聞いても無言。謝っても理由が分からないのに謝るなとキレられ、怒ると中々機嫌が治らないそうです。

それがデートの度に毎回あり、ビクビクするのに疲れはてたそうです。

その彼は付き合ってから徐々に痩せていき、休みが近づくとため息が多くなり見るからに負のオーラ満載になっていきました。

なので可愛い子で、彼氏と付き合った期間が全部1年以内、何故か不機嫌なときがある女性には気を付けた方がいいです。

4.尽くすのが好きな女

stevepb / Pixabay

尽くすのが好きという女性には気をつけた方が良いと思います。

一見、尽くしてくれる女性は、家庭的で母性溢れる子なので男性は惹かれやすく、男性は誰しもが彼女にしたい思うジャンルの女性です。

しかし、付き合い出すと、尽くしすぎてしまうので、束縛をしたり、連絡がしつこい、事あるごとに母親のように口うるさい部分が出てきます。

尽くすタイプの女性は責任感も強く、私がしっかりしなきゃ!と思いがちなので、しつこくなってしまい、男性は重いと感じるでしょう。

付き合いが長くなっていくと、それにプラスして、遠慮がなくなっていくので、口調も強くなっていきます。こうなる頃には、尽くすと言っても、男性は尻に敷かれてる場合が多いです。

また、こういった女性は、ややメンヘラな部分があるので、少しでも不安な要素が出てくるとヒステリーになりがちで、キレやすくもあります。
別れる際には揉める場合も多いので、こういった女性には注意が必要だと思います。

5.いつも何かと愚痴ばかりの女

いつも何かと愚痴ばかりで、人をほめることをせず、常に何かに文句をつけるような女はやめておいたほうがいいです。

いつでも自分が一番じゃないと満足しない、我が強くて承認欲求が強い傾向にあるからです。
このタイプの女は、どんなに外見が好みの美人だろうと付き合ううちに必ず疲れます。

相手から与えられて当たり前、相手が自分の言うことを聞いて当たり前と思っているので、感謝をしたり相手を思いやったりということがありません。

どんなに尽くすのが好きな男性でも、いつも尽くしてばかりだとそのうち気持ちが萎えてくると思います。
訳のわからないことで八つ当りされたり、職場や友人関係の愚痴ばかり聞かされるのは誰でも苦痛です。

知り合いのこのタイプの女は、明るくて社交的なかわいい人なので男性との出会いは多く、デートする機会はわりとあるのになかなか彼氏ができないとぼやいています。

6.彼氏のことで相談してくる女性は要注意!

RondellMelling / Pixabay

彼氏がいるのに思わせぶりな態度をとる女性っていますよね?ふたりっきりの時だけ気があるふりをするような。私の周りにもそういう女の子がいました。

その子はすごく可愛くて、オシャレで自分磨きも頑張っていて、一見性格もよくて、最初のうちは同性ながら「こんなに可愛くて性格がいい子がいるんだ!」と思っていました。

でも、そういうタイプの子は誰にでもいい顔をしがちなんですよね。特に男性に対して。

その子も、彼氏がいるのに他の男性とふたりで会って、「実は彼氏のことで悩んでて…」なんて、彼氏と上手くいっていないアピールをしていたので、

周りの男性には「もしかして俺に気がある?」って勘違いしていた人が何人もいました。

その後、相談された男性の一人が「この子を不幸にするなんて!」と彼氏さんに憤り、殴り合いの修羅場になっていました。

その後もその子は、「私が悪いの…」って泣いたりして、他の男性に慰めてもらっていましたが、女の子の間では関わりたくないタイプに認定されていました。

7.露出が多く、すぐに泣く女性は危険!

見た目が華奢でオシャレな女の子がいました。男性受けがいいのか常にブリッコしています。

真冬の飲み会にまさかの露出系ファッション。男性陣はメロメロでしたが、彼女は職場の一番人気の男性を好きになってしまいました。

その女性には既に彼氏がいたのですが、彼氏とも付き合いつつその男性にも猛アタック!彼女の性格もどんどん変わっていきました
喋り方のトーンもあがるし、職場でもすぐに泣きます。彼女が泣くと周りにいた人がイジメた様に見えるのか、彼女の周りにいた女性が怖い女の人とレッテルを貼られ、とても気の毒でした。

現実は真逆で、あることない事、噂を流し自分の嫌いな人を徹底的に悪く突き落とします。

そんな女性にひっかかった男性には、本命の彼女がいたのですが浮気をし、彼女とのうわさを聞き別れてしまいました。既に婚約していたそうで自宅まで購入していました。
結局男性は、慰謝料を支払う事になりました。

ブリッコする女性、露出系ファッションの女性、よく泣く女性には特に注意をした方がいいです。

8.女ウケが悪い女性には気をつけたほうがいい

もし気になる女性、好きな女性ができたら、できるだけその女性の周りの女性に彼女の評判を聞いて見てください。
女ウケが悪い女性には必ず裏があります。

そもそも女性は打算的なところが多いものです。自分の本質を隠して、男性にこびを売るのはお手の物です。
そしてなぜか男性はそれには気がつかないのです。

以前の職場にそんな女性に引っかかった男性がいました。
Yさんは素直な性格で、イケメンでしたが女性経験が浅そうなタイプでした。

それに目をつけた可愛子ぶりっ子Mさん、すぐにYさんに猛アタック、晴れて2人は恋人同士になりました。

しかしその後Yさんは、Mさんの隠された本質を知ることになりました。

Mさんはとにかく自分が1番でないと嫌な女性で、仕事と恋愛の区別がつかない女性でした。

Yさんが仕事で他の女性と話していると、Mさんは嫉妬・彼を束縛しようと必死になりました。

ひどい時には勤務中にYさんを起こり始めたことも。

Mさんの癇癪と束縛に疲れ果てたYさんは別の部署に移動していきました。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか?ここでは男が思う付き合わないほうがいい女!ではなく女性が思う付き合わないほうがいい女を紹介してきました。

もちろん人それぞれ価値観は違うのでか必ずしもこういった女性とは付き合わない方がいい!

というわけではありません。

少なからずあなたの価値観にあっていれば特に問題はないのです。

一体恋愛に何を求めるのか?

によって決まってくるのでアリです。

ただ、これだけは伝えておきたいのは、女性は男よりもいち早く相手の性格を読むということです。

同性だからというのもありますが、人を総合的に見ている女性は男よりも総合的に人を見る能力に優れているので参考にはなるんじゃないかなと思います。

可愛いとか美女とかそういった見せかけでない部分。

ここがわかるだけで付き合った方がいい女性とそうでない女性の線引きはできるんじゃないかなと思います。

もし、あなたが

「俺は可愛い子・美女ととにかく付き合いたいんだぁ!」

という場合はそれはそれでいいですけどね。

あなたの付き合うべき女性像が少しでもぼんやりと見えるのに役立てば幸いです。