女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

勘違いするな!脈アリ受け取りがちな完全脈ナシの女性の態度10選

よく、女性の脈アリサインについてはいろいろ言われていますが、特に僕らが注意しなければいけないのが脈ナシサインです。

脈アリならばもし気づかなくてもうまくいかないだけで済みますが、
脈ナシは気づかないとその女性だけでなくその女性に関連している女性にも
避けられかねません。

脈ナシなのにガンガンこれまでどおりに押すと・・

知らず知らずのうちにフェードアウトされたり
ガツンと迷惑だといわれたり断られる。

みたいな事になりかねません。

そうなってしまったらもうアウトです。

当然ですが一発逆転の可能性もどんどんなくなっていってしまいます。

しかし、なかなか男には女性の脈ナシサインというのがわかりにくいのも事実です。

そこでここでは、女性の脈ナシサインって一体どういうものなのか?

ということについて、男性が勘違いしてしまった脈ナシサインを女性達の実体験から集めましたので是非参考にしてみてください。

きっとあなたのお役に立てるはずです。

1.断ったのは恥ずかしさからだと勘違いされた

Free-Photos / Pixabay

会社の取引先のSさんとは仕事の関係でちょくちょく顔を会わせます。
ちょくちょく顔を会わせるのは私がSさんの担当なのだからなんですが、なぜか私が彼に好意を寄せているからだと勘違いするSさん。

食事の誘いなどは以前からされていたので、やんわりとお断りしていたのですが、とうとう会社の人たちがいる前で好きだよアピールをしてくるまでになってしまいました。

一番困ったのは花束をプレゼントされたときです。
会社の上司もいる前でいきなり大きな花束を差し出されて、食事に誘われました。

もちろんその場でやんわり断ったのですが、上司や回りの目があるから恥ずかしがって断ってきたのだと勘違いされてしまいました。
それからますますヒートアップするSさんの勘違いはすごかったです。

恥ずかしいから断ったわけではないんです、嫌なんですあなたと食事にいくのも付き合うのも、と内心思っていましたがはっきり言えるわけもなく。
担当を変えてもらうことで事なきを得ました。

2.忙しさをアピールしているのに全く分かってもらえなかった

無理に飲みに誘ってきたり休日に遊びに行こうと誘ってくる男性が苦手なので、仕事上でお付き合いのある方でも個人的にはお付き合いしたくないので、仕事が忙しい事や休日は家族と出かけることが多い、友人と習い事があるなどたくさんの忙しいですよアピールをしているのに全く分かってもらえず、何日の何時くらいなら大丈夫ですか、この日予定ありますか、などと毎回聞いてくるのでかなり面倒で嫌になりました。

仕事でお付き合いがある方なので、とても柔らかくお断りしていましたが、全く彼には響いていなかったので、あまりにしつこく誘ってくるので

もうすぐ結婚する予定なので彼以外の人と個人的には出かけたりお付き合いはしません

とかなり優しい口調で言いました。

それからも何度か誘いがありましたが、いい加減諦めてくれたようでした

少し日にちが経ってから、私と同じように仕事でお付き合いがある他所の女性を同じように口説き毎日のように誘っていると聞き、とにかく女性を誘うのが好き、女の子が好きな人なんだな、と思ってそれからはその彼に仕事先であっても挨拶程度になりましたが、時々後姿を凝視されることがあって怖い気持ちになりました。

3.笑顔を絶やさず接しました。

StockSnap / Pixabay

私は、人と接する仕事をしている為、周囲の人には
常に笑顔を絶やさずに接し生活をして来ました。(男性、女性共に)

元々、気さくな性格で色々な方と会話をしたい事もありましたし、知らない事を教えて貰いたいと言う気持ちが
ありました。

笑顔で聞き手になっていれば、男性から誤解されてしまっても無理もないのではと今、振り返るとそう思います。

男性から誤解されてしまったと気づいても、挨拶、仕事や、事務的な会話はしなければならない状況の時でも、
急に、態度を変えるのも問題だと思い、今までと変わらずに笑顔で会話をし、誤解をしてしまった男性からプライベートの話を振ってきた時は、話を交わし他の女性や男性の所に行き他の話で盛り上がったりしていたハズです

誤解していた男性は、しばらく経ってから私にストレートに告白をして来ました。
何故、そうなったのか理由を聞くと、「自分だけに笑顔で挨拶、話をしてくれたから」とのことでした。

やはりそうかと思いましたが、誤解した男性は女性に慣れていない事もありましたし、私は他の人にも分け隔てなく接していたのに、周りが見えていなかった様です。

4.仕事がとにかく忙しい

Free-Photos / Pixabay

仕事の取引先の人が勘違いをしてきました。
取引先といってもほとんど取引もなく、金額も小さい企業だったので、あまり頻繁に顔を合わせる人ではありませんでした。

しかし何を思ったのか、ある日突然、交換した名刺に仕事用のメールアドレスが載っていたので、そこ宛にデートのお誘いのメールが何通も届きました。
相手は一応取引先の人のため失礼な断り方は出来ないので、適当に仕事の話や世間話などを織り交ぜつつ、仕事が今とても忙しく休日出勤することもあって予定がはっきりしないので難しいです、と遠回しにお断りの返信をしました。

しかしその後も取引先の人から何通もしつこくメールが届きました。
◯日なら大丈夫?遅い時間でも良いから予定を合わせるよ、などと執拗にデートをしようと誘ってきました。

5.メールの返信を遅くしました

geralt / Pixabay

婚活をしていて、マッチングをした人が居るのですが、マッチングはしたもののあまり興味の無い人だったので、正直言うと、もう会う気がありませんでした。

ですが、婚活パーティ中に、お互いの趣味がカラオケということで「また今度カラオケに行けたらいいですね」と会話に詰まったときに話しをしていたのを相手の人は、正直に受け取っていて、メールで「いつカラオケ行きますか?」という感じのメールが来ました。

私としては行きたくなかったので、返事としては、「どうしましょうか」という、答えにならない返事を送っていたのですが、具体的に日にちを設定されるようになり、徐々にメールの返信を遅くして、気が無いことをアピールしてみたつもりなのですが、相手の人は気づきませんでした。

それでも、「会いたい」というメールが送られてきました。

6.大切な友達だという話をして泣いてしまったこと

cherylholt / Pixabay

会社の同期で、同じ大学出身ということで研修で意気投合し、とても仲良くしていた男子がいました。当時お互いに彼氏彼女がいましたが、その同期が彼女との遠距離に耐えられず、社会人2年目の頃に別れてしまいました。

私もあまり彼氏とうまくいっていない時期で、その同期にも色々と相談していたところ、ある時に同期から手紙で告白をされました。

研修で出会い意気投合したこと、お互いきつい研修にも耐え、配属された営業所でなかなか契約がとれなくて慰めあったこと、上司に叱られて涙して相談したことなどが手紙に書かれていて、色々きつかったことを思い出し涙がでてきました。

ただ、その同期のことは友達以上には思えずに、「大切な友達だから付き合えない。」と断りました。きちんと傷つけないように断ったつもりでしたが、その同期は私の涙を見て、本当は自分と付き合いたいけど彼氏と別れられなくて泣いていると勘違いしたようで、それから毎晩メールがきて、最終的にとても困りました。

7.手のひらを前に出して断る仕草をしていた。

composita / Pixabay

職場の人なので、その後の人間関係もあり、冷たい態度はなかなか取れず、笑顔で手のひらを前に出して困った表情をして「ごめんなさい、ちょっと予定があって忙しいので行けません」とずっと断っていました。
まぁ、普通の人が良くやる態度です。

しかし、笑顔でいたのが良くないのか、誘いは止まず困っていました。

その男性はその後もしつこく、「あの子俺の事が好きなのに照れてる」とか言いふらされ、ほとほと困りました。
今もそれは続いていますが、いつかこちらがキレて反撃にでてしまいそうです。

日々、これを押さえるのに必死な私です。

8.握手を求められ・・・

SCY / Pixabay

私が30代、男性が50代で、オープニング募集の仕事での出会いです。

始めは何とも思っていなかったのですが、男性は二人きりのときに何故か握手を求めてくるのです。

男性とは、帰り道が同じということで、他の同僚よりは話をする機会が多かったのは確かです。
帰り道で会話の途中で握手、帰りに別れるときに握手で、男性の手の感じを覚えてしまうくらい。

私は話の腰を折りたくないために手を差しだしたり、別れるときは、「明日の仕事でお世話になります」の気持ちで握手に付き合ってたのですが・・・

ある日、これ以上に先の関係にならないよう、いつものように握手を求めてきた時「いい」とキッパリお断りしました。
すると、男性の顔が豹変!

それからは帰りの時間をずらすようになりました。
意味がわかりません。

9.合コンで出会った人にもらったレシピ本を返しました。

Pexels / Pixabay

大学生の頃に、合コンで製菓学校出身の男性に出会いました。

カラオケで同じ歌手が好きで意気投合し、連絡先を交換して後日2人で映画を見に行きました。
映画の前に一緒にご飯を食べたのですが、あまりおいしくないレストランで、その男性は色々文句を言い半分以上料理を残していました。その後に映画を見て、帰り際に男性からお菓子のレシピ本をもらいました。

その日の夜に、またデートに誘われましたが、この男性と付き合うことはないと思ったので断るために次に会ったときにレシピ本をお返ししました。告白されたわけではないので、はっきり断るのも自意識過剰だと思い、レシピ本を返すことで私の気持ちが伝わるかなと思いました。

ただ、その男性はこのレシピ本にのっているお菓子を作ってきてくれて、「お菓子づくりが苦手なら、これからもお菓子つくってあげるね。」と言われてしましました。
はっきり断らなかったので勘違いさせてしまったと後悔しました。

10.ラインの返信を早くは返さなかったこと

合コンで会った男性と連絡先を交換しました。
正直、連絡先の交換はしなくても良いと思いましたが、みんなが交換しているので仕方なく交換したのです。

後日、一人の男性からラインが届きました。
でも、乗り気でもないので、返信を遅らせることにしたのです。
一応返信はしましたが、一行だけにしておきました。

周りの友達から冷たい人といわれることが嫌だったので、無視はしませんでした。

でも、男性からは勘違いされたようで、一応返信してくれるということは脈ありだと思われてしまったようです。
何度も電話がかかってきました。

恋人のようなラインメッセージも送られて気分が悪かったので、本当に辛かったです。

察してくれないところが正直面倒でした。

なぜ、我々男は脈ナシサインを見極められないのか?

さて、いかがでしたでしょうか?ここでは実際に女性側の視点から脈ナシサインをしているのに脈アリだと感じられた体験を中心に紹介をしてきました。

ここでわかるのが女性の脈ナシサインか脈アリかというのは
なかなかわかりにくいものだということです。

そりゃそうです。

どうしても好きだったり狙った女性の前だと舞い上がりやすくはなってしまうものですから・・

ただでさえ他人はわからないのに・・・
女という生物はよりわかるわけないのに・・・

更にちょっとした気持ちが舞い上がっていれば、わかるものもわかりません。

そこでここだけは覚えておいてほしいことがあります。

女性は、

・あなたを傷つけないようにしようとしている。
・周囲に対する気遣いを考慮している。

ということは覚えておかないといけません。

それに1つの動作とか態度ではなくもっと総合的に見ておかないとその女性の心理なんてわかりませんので、
「おっ!これは脈アリじゃんか!」「うぎゃー脈ナシじゃん。」というように一喜一憂するよりももっと長い目で見ながら
その女性にもっと興味や関心をもって知っていった方がいいと思いますよ。

大事なことは今現在、

脈アリか脈ナシか

よりも脈を作り出すことですからね。

変に勘違いして過剰なアプローチをする暇があるのならば、やるべきことをやったほうがいいですよ。

そのヒントはこのブログや無料メール講座で解説しているのでお好きなものを読めばいいと思います。