女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

ありえん!恋愛対象外だと無意識的に感じる男の7つの特徴

恋愛対象外

女性と仲良くなれてもいい感じかなと思っていても恋愛対象外として見られてしまう。

友達止まり、、、異性として見られない、、、自分は恋愛対象として見ていても全然見られない。

新しく出会った女性にも恋愛対象外のレッテルを貼られる。

のわりに決していい奴とは思えない男が恋愛対象として見られる。

なんでなんだぁ!!

と思った事はないですか?

なぜなら、女性が男を恋愛対象としてみるか見ないか?

にはある心理的な影響を与えられるかどうかが存在しているからです。そして、その心理的な影響を与えられていなければ恋愛対象外としてのレッテルを貼られやすくなってしまう。

つまり、この心理的な影響を与えられるかどうかが、恋愛対象になるか恋愛対象外になるかを決定している可能性が高かったりします。

そこで、このページでは女性が恋愛対象に入るか入らないかを無意識で決定していると心理的に思われる7つの要素を紹介していきます。とは、言っても当然、ここで紹介している要素は全てが必要ではないので自分に足りないなと思っている部分を取り入れるだけでも恋愛対象として見られる確率は高くなるので是非参考にしてください。

1.優しくする

よく、女性にどういう男性が好きですか?付き合いたいですか?好きになりますか?

という質問に対して「優しい人」というアンケートの回答ってありますよね。実際に女性に聞いてもそうやって言われる事もあるはずです。

これを聞いて、女性の欲しがっているもの・行きたいと言っている場所・食べたいとおもっているもの。

何でもかんでもやってあげる事が優しさだと思ってやっていたら、「ただのいい人」になって恋愛対象外になってしまうし、女性をダメにしている行為にし「この人にとって私は必要じゃないんだ」とも思われてしまう可能性があがってしまうのです。

それならば、普段は普通に接して、何かをしてもらった時、女性が本当に困っている時だけに手助けしたり、背中を押してあげるほうが、ずっと優しいと感じてもらいやすくなるはずです。優しい人が好き=なんでもかんでもしますってなればただの女王様の奴隷ですよぉーって言っているようなものですからご注意を。

2.印象に残らない

見た目も1つの印象ですが、当然服装などを変える事で恋愛対象として見られる事もあるのですが、そういった印象もあるのですが、ここでいう印象はそれだけではありません。

先ほどの優しくする・・・というのを見て貰えばわかりますが、「優しい人=何でもかんでもやる」みたいなことを延々と続けると、「どーせこの人はこう言ったらこうしてくるだろうな。」というのが予測できるようになります。

もし、何でもかんでも買ってあげたとしていたらですよ。

・金目当て・物目当ての女性ほど・・・「やったラッキー!こう言えば買ってくれるんだ!」となり
・何でもかんでもやってもらうのが嫌いな女性ほど・・「言わないようにしよう」となる。

可能性が高くなってしまいます・・・。つまり予測可能な動きになってなんら記憶に残らないのです。これじゃあ恋愛対象にはいるどころか、「記憶に残らない人」になってしまうのです。恋愛対象外にならないためには、ある意味で予測できない行動や態度でドキッっとしてもらう事も大事です。

3.誰かのせい・何かのせいにする

これはもはや、恋愛云々関係なく、、、、信頼関係でさえも結べません。ただ、そもそも誰かのせいや何かのせいにするというのは、「自分に関係のない部分に対してあれやこれやただジャッジしかせず」さらに「自分が誰かに何々をされた」ということを言うことなので・・・

実は、最初はそうじゃなかったとしても・・・結構僕らは日常的にやってしまう事でもあります。

だから、やめましょう!とまでは言いません。

しかし、少なからず気づきましょう。そして、気づいたらそこから「自分のせい」を探してみるのです。誰かのせいであり自分のせいであるのならば、何かのせいではなく自分の人生に集中しているということを訴えたほうがずっと「魅力的」に女性には見られやすくなるはずです。

4.自己愛が激しすぎる・自分の利益しか考えない。

恋愛では、確かに自分に自信がないよりもあったほうがモテやすい傾向があって、恋愛対象にはいりやすいというのはよく恋愛の専門家とかモテる男がよく言われていることですが、逆にこれが激しくなりすぎて自己愛激しいみたいに見られるとそれはそれで恋愛対象外になってしまいます。

なぜならば・・・自己愛は大事ですが、その自己愛が他者に対して全く向かずにどうしても自己中になってしまうからです。

以前、振られた後に余計に幻滅・嫌わられるNGアクション5選の最後にお話ししましたが、大事にするとか言いながら、その女性が他の男を好きっぽい態度をした時に「なんで俺じゃないんじゃないかぁ!?」とキレたりしてもうまくいきにくいですよということを言いましたが、自己愛が強いとこういうことがおこったりしてしまいます。

自己愛強いが下手をすれば女性の意思を無視をしてしまう可能性があるのです。

もちろん、自己愛が強いってことは自分が好きだってことだからいいんですけど、自分で自分を大切にするのならいいんですが、自分が注目されないと嫌な方向になってしまっては、その女性の人生を邪魔するだけになってしまい恋愛対象外になりかねません。

自分の利益しか考えないと相手の利益はどこにもなくなりますからご注意を。

5.なんでもかんでも肯定的・何もわかってないのに共感

女性のいうことを何でもかんでも肯定したり、はたまた、女性の言っていることを何でもかんでも「わかるわかるぅぅぅ」って言う人がいますが、これは女性同士のコミュニケーションの仕方の典型例だったりします。

とりあえず肯定したり共感したりするのは確かに「僕は君の仲間だよ!」と思ってもらうためには有効ですけど、特別視したり、対等な立場で何でもかんでも言い合えたり、引っ張ってくれそう!と感じさせることができません。

特にこれをやってしまいがちな人は「嫌われる恐怖」

があったりします。常に嫌われない選択を考えたら、そりゃ肯定したり共感したりするしか無くなってしまいます。そんなことばかりしていると「あなたがどんな人間か?」は伝わらないし、友達程度のポジションになってしまうわけです。別に否定をしろとは言いません。しかし、自分はこう思っているというのは言ったほうがいいです。

6.生理的に無理

初対面から生理的に無理!というのは見た目とか服装が不潔だったり、建前の時点でドン引きされるのでいいんですが・・・(いや、よくはないのですが、それは印象を変えれば何とかできたりします。)

「とりあえず、関わる分にはいいんだけど恋愛対象としては・・・」

という生理的に無理というのは、ある程度互いを知った時におこっている場合が多いので、あなたが無意識的にしていることや、数々の選択の繰り返しや本音の部分が出ていて、それをどうやっても受け入れられない場合があります。

この生理的に無理というのは、友達としてはいいけど男として生理的に無理。

ということです。恋愛は時として相性が合わない事もあるし目指しているものが違う場合もあるのでそういうこともあるかもしれませんが、その上で自分はどうすればいいのか?を一度見直したほうがいいかもしれません。そのまま突き進むもオッケー!変えるもオッケーです。

7.友達としての距離を抜け出せない。

僕達人間は慣れの生き物です・・・一度慣れてしまったらなかなか抜け出せなかったりするんです。ギャンブル依存症とかゲーム依存城とかも一緒ですよね。というか依存症でなくてもこれまでの習慣を変えるのは並大抵ではありません。

友達として一度定着してしまったのならばなかなか抜け出せないでしょう。

すると、女性も「恋愛対象外」とどんどん強くレッテルを貼ってしまいます。もちろん、これが壊されることもあるでしょう・・・関わりがあればあなた次第でいくらでもチャンスはありますから。

なので、落ち込むことはありません・・・・その女性に彼氏ができることもあるかもしれませんが、嫌われるよりもずっとマシですからね。ただ、友達としての距離をいつまでも抜け出せないままのあなたではいけないというのは覚えておかないといつまでたっても抜け出せなくなってしまいます。

どんな女性ともいつも恋愛対象外になってしまったり、好きな女性とはいつも恋愛対象外になってしまうのならば、抜け出せるようなあなたにならないと、いつまでたっても恋愛対象外男から抜け出せなくなってしまいますので、お覚悟して一歩進む勇気をもってください

。断られたり振られたりしてもきっと何か学びや成長があるはずです。

最後に・・・・

自分の思いや行動を正当化することばかり考えてしまって、なんで恋愛対象外なんだぁ!どうせ俺はモテないんだぁ!って思うかもしれません。

しかし、あなたにできることはまだあるかもしれません・・・。

これらの要素はその中でも特にチェックしておいてほしい特徴です。これらを参考にしながら自分に当てはめて今一度考えてみてください。これらはよくある恋愛対象外になる男性の特徴ですから、あなたなりに考えてみることで「あぁ!これが恋愛対象外だったんだ!」と気づくきっかけになり何かを変えるチャンスになるかもしれません。