女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

オトしやすい女性の5つのタイプと攻略法

オトしやすい,女性,タイプ,攻略法

最も最短で彼女を作りたかったりモテたかったりするのならば、オトしやすい女性を選んでアプローチをしたほうが・・・当然確率は高いですよね。

水を売るにしても砂漠で水を売るのと日本で水を売るのでは・・・

全然売りやすさが変わるように。

恋愛もオトしやすい女性というのが存在するのです。

ただ単純に、とりあえず彼女が欲しいとかモテたい!
ヤリたいって思っているのならばそういったオトしやすい女性に
アプローチをかけたほうが当然ですが成功確率はあがります。

オトしにくい女性にあえて挑戦するぞ!

というのも全然アリですけどね。

でも、そうでなくてとにかく彼女が欲しい!モテたい!ヤリたい!と思っているのであればオトしやすい女性だけにアプローチをかけるというのも戦略としては非常に効果的です。

そこでここでは・・・5種のオトしやすい女性の特徴と攻略の条件をシェアしていきたいと思いますので真剣に最後までご覧になってくださいませ。

[adsense]

1.闇を抱えている女性

いわゆるメンヘラ女子と言われる女性ですね。

ありとあらゆる出来事に対して、相手に対してネガな見方しかできなかったり・・
いい方向にもっていくことができなかったりし、常に「誰々に(何々に)何かをされた」という被害者的な物事の見方をしてしまい更に落ち込み恐怖や不安に苛まれる女性です。

しかも慢性的(汗)

なぜ、こういった女性がオトしやすいのかというと、ちょっと優しくしたり聞いてあげたりすると心が楽になったり癒される事によって「この人は王子様だ!」と言わんかのごとくシンデレラ気分になることができるからというのは言い過ぎかもしれませんが・・

結構簡単に好きになりやすいんです。

感情の揺らぎがおこりやすいほど恋愛感情になりやすいのですが、日常的にネガな感情を抱えているからこそ、少し元気になったり癒されたりすることによって恋愛感情を感じやすい傾向があるのです。

2.精神的に弱ってる状況の女性

とは言っても僕達男だって誰だって常に前向きで元気!やる気満々!なーんて状態はありませんよね。世の中いいこともあれば悪いこともあるものです。

精神的に弱い時期は誰だってあるし精神的にやられる出来事も普通にあります。

そういう時は当然・・

メンヘラ女子と同じようにオチやすいです。

だから、よく恋愛テクニックでは女性の悩みを聞く事が重要だ!と言うことを言うのですがこれはこれである意味で理にかなっているんです。

誰かに甘えたかったり頼りたかったり・・
愛されたかったり認められたかったりしますからね。

だから・・・

・彼氏と別れた時や別れに至る出来事が起こった時。
・会社や日常の人間関係に疲れている時。
・彼氏や旦那と仲で何かがあった時。
・振られた直後の時
・仕事や何かで大きな失敗をした時

などは非常にオチやすい状態と言えるでしょう。

弱いところにつけ込むみたいで嫌だ!と思うかもしれませんが、テーマが落としやすい女性はこういう女性だ!というテーマだからですが、弱いときに支えられもしないと逆につきあってから不安にさせることにもなりかねないですし、障害があったほうが恋愛って楽しいものだと思いますので精神的に弱っている状況だということが察知できるくらいにはなっておいてください。

ある程度仲良くなってしまえば「何かにあった?」の一言で意外と言ってくれるはずです。

3.呑まれる女性

これは決して酒に呑まれる・・・というわけでもありません。

確かに、酒が好きだけど酒に呑まれてしまう女性ほど落としやすいのは確かです。酒に呑まれることを好む女性は大体の場合「嫌なことを忘れられる」からである場合がかなり高かったりしますし・・。

これはお酒に関わらず何かに呑まれる傾向がある女性は落ちやすいです。

例えば、周囲の意見に呑まれるとか。
場の雰囲気に呑まれてしまうとか。
相手に呑まれるとか。

場の空気やノリに影響されて選択をしたり、流行に流されたり、自分は違う主張なのに言えないとか、威圧感を感じると蛇に睨まれたカエル状態になるとか・・

自分の意思で生きることを放棄することが多い女性ほど、オチやすいのです。

理由はもうお分かりですよね。

流されやすいわけですから落ちやすくもなるのです。

もちろん!場の空気感に合わせることも大事ではありますが、あえて選択をしているのならばまだしも、ただ呑まれてしまっては「自分はどちらを本当は選択したいのか?」でさえも考えずに目先のものにただ流されてしまうだけになってしまいます。

そういった女性は当然・・オトしやすいのです。

呑まれてるなぁって女性を見たら呑みやすいなぁっと積極的にアプローチをしてもいいでしょう。まずは何に呑まれやすいのか?を知り呑み込んでしまえば普通に落とすことができるようになるはずです。

4.人にどう見られるのかを気にする女性

誰かにどう見られるのかを気にしすぎる女性は、「自分がどうしたい・どうなりたい」で物事を選択をしているのではなく「どう思われるのか」で選択をしています。

相手にどう思ってもらうのか?
ではなく、どう思われるのか?です。

嫌われそうならばやらない。
常識的にダメだから言わない。

とにかく、誰かにどう思われるのか見られているのかを気にして言動や行動がコロコロ変わるカメレオンみたいな女性です。

もちろん!これは誰だってありますがこれが過剰になるほどに、行動や言動をこちらでコントロールしやすくなるのです。

「嫌われそう・・だから行かなきゃ!」

みたいに。

この心理を上手に活用をすれば「こんな風に見られたくない」という心理を逆手に使って誘ったり遊んだりつきあったりすることもできるようになります。

「こういう人は苦手」
「こういう人って俺はこう思う」

というような自分の主張を先にしておくと「そんな風に見られたくない」という心理が働きやすくなるので先にこういったことを言っておくと断られにくくなります。(そうとうぶっ飛んでいない限りは通用するはずです。)

5.決断力がない女性

これまでの話を見ればなんとなくわかると思いますが、上記の特徴をもった女性は決断力がないとも言えます。決断力がないというのは、何かを決める事そのものができないということですが、決断を誰かに委ねている女性ほど落としやすいわけです。

この決断力がない女性ほど落としやすいです。

もうちょっと言えば、

・求めているものを決めることするけど何かを断ち切ることができない
・愚痴や文句だけを言って自分がだからどうするのかを選択できない

人も一緒です。

これがひどい女性ほど落としやすいはずです。

自分を求めてることと関係がないのならば別にいいですが自分が求めているもののために断たなきゃいけないものを断てないような女性は、明らかに嫌だったり自分にとって危険なのにもかかわらず好きだからという理由でダラダラと別れられずにいる。

とか、愚痴や文句を延々と続け
「自分はもう2度とないためになにをするのか?」
を決めない。

とかもですね。

ただ、愚痴や文句、、、誰かに何かをされたいとおもっていて自分が何をするのか?どんなアクションをおこすのか?どうやって考えるのか?を決められない女性ほど落としやすいのです。

この決断ができないほど、、、

どうしても流されやすいので・・・決断を迫らずに場をつくってあげれば自ずと流されてくれます。

最後に

さて、いかがでしたでしょうか?今回は比較的落としやすい女性の特徴と攻略のちょっとしたヒントをご紹介しました。ただ、これらの項目は女性ならば落としやすいのですが、逆に言ってしまえばあなたがこれらの要素をもっているほと・・・モテにくいです。

どれだけ落としやすくてもあなたがこれらの項目がある程度クリアできていないと、こういった落としやすい女性も全く落ちませんのでご注意を。

なぜなら、

「どこいく?」って言っても決められない女性の代わりに決めてあげることができないのですから・・・どこも行かずに終わってしまいますので。

だからこそ、これらの項目はあなた自身も注意してください。

【無料】恋愛関係を支配する法則
計1万名以上が絶賛した計170Pのレポート
無料】恋愛を支配する法則
1万名が絶賛!170Pのレポート