女性を依存させ泥沼に嵌る危険な7つの恋愛術

あなたは、全然イケメンでも経済力もスポーツもできない・・
一見全くモテる要素が見当たらないのにも関わらず女性にモテる男をみて

「なんで、俺の方がマシなのにあいつのほうがモテるんだろう?」

と疑問に思ったことはないでしょうか?

そして、その答えを求めて恋愛テクニックや心理学や洗脳などに興味を持って調べたりしたことはないでしょうか?

確かに。

その行動はおかしいことではないし、モテない人やもっとモテたいと思っている人は必ず通る道でもあります。

なぜなら、知ってか知らずか、モテる男達というのは女性を好きにさせる際には必ずなんらかの心理テクニックを使っているからです。

しかし・・そういう恋愛心理テクニックに頼るほど意識するしないに関わらず女性をただ依存させるだけになってしまっている人がいるのも事実。

女性を好きにさせる為には依存をさせないといけない!と。

こういうセリフは僕の読者さんもたまーに言っていたりします。

でも・・それはあくまで過程でしかありません。
ドラえもんの道具と同じように使い方次第なんです。

しかし、それ以前にそういった心理テクニックを学んでもイマイチどう使えば良いのかわからない・そもそも知りもしないという方もいるでしょう。

そこで、ここでは数ある経験と学びから得た女性を依存させるほどの威力がある心理テクニックをステップバイステップで紹介していきたいと思います。

ただ、覚えておいてください。

これらの心理テクニックをただ使って、依存させる側とさせる側、支配する側とされる側という形が通用するのは、付き合うまで・モテるまで。

それは通用してもその後には結局は通用しなくなる可能性が高くなることは覚えておいてください。

なぜなら僕ら人間は男女関わらず

「自分で選択したと思いたい生き物だから・・」

です。

ここで紹介していく恋愛術はあくまで自分で選択したと思い込ませる趣旨で解説しています。

しかし、非常に有効だし学ぶべきテーマだと僕は思っています。

だからこそ・・・その覚悟がある方のみご覧になってください。

 

存在価値:人は自分の存在価値を得たい

僕達人間は、「自分が存在している価値がない」を感じられなければ自殺をしてしまうほど、自分が誰かに何かに必要とされていないと精神的に強烈なストレスを感じたり虚無を選んだり、逆に存在価値を感じられればそこに依存をしやすくなる。

その最たる事例がDVです。

なぜ、DVをうけているのに逃れる事ができないのか?

まさにあれは存在価値を感じているからです。

そもそもDVの被害者達は彼女が彼を選んでいるのを否定している(彼女の選択を否定している)状態になります。

更にそこから暴力を振るわれその後に謝られる。

この感情のふり幅から女性の無意識では

「暴力(何かをする)→必要だといわれる=存在価値」

と言うように紐づけられてしまうのです。そして、DVを受けやすい女性は自分の存在価値に疑問を抱いている女性である場合が多い。

家庭内不和・職場のいじめ・表面的な関係

自分が必要とされていないと感じている人ほど依存度は高くなります。

または、そういう状況になるほど人は依存をするようになるのです。

つまり、依存をさせたいのであるならば、存在価値を感じていない部分を引き出し、何かを頼み感謝をするだけでも軽度の依存をするようになります。

依存をさせるためには、まずは女性と仲良くなり何かを頼りお願いをし、お礼をするところから始めるといいです。

多くの人は自分の存在価値など自分で作る事ができない傾向が高いですから「お願い事」「お礼」をするだけで「私は意味がある存在だ」と思えるようになりどんどん大きくすることでその存在価値はよりつよく感じられるようになるのです。

もし簡単に依存をさせたいと思っているのならば、最初から依存傾向の高い女性を狙ったほうがいいでしょう。

依存度の高い女性は「自分の意思で選択できず誰かに選択をされたい」と思っている自分の主張ができない女性ほど依存度が高い傾向が高いです。

自尊心仮説:被説得性のメカニズム

自尊心仮説というのは、自尊心の低い人は、相手が自信満々の場合は、どんな話であろうと説得されやすい傾向があるというものです。

これは怖い事ではありますが、実際にあなた自身が心の底からの自信でなくても効果があるところです。

つまり、根拠がなくても自信があるっぽければいいのです。

逆に女性側があなたよりも自尊心が高い人である場合は、彼女達は常に自律的に行動をするので、あなたがいくら説得しようとしても思い通りにはいきにくいのです。

その場合は相手に判断材料を与えるくらいしかできません。

しかし、自尊心の低い人は、他人の意見に感情を振り回され意見に左右される傾向が高く強い決断を即されると、そのまま言いなりになりやすくなるのです。

幸運な事に世の中の多くの人は既に何らかの精神的な痛みを抱えています。

つまり、あなたが自信をもって、そうした悩みや痛みを強く刺激するように説得をするだけであなたの思い通りに行動をしてしまうのです。

「これをやれば絶対にこうなるよ!」
「こうすれば絶対に楽しくなるよ!」

と根拠がなくとも・・あなたの自信のある口調からにじみ出る雰囲気は想像以上に説得されるのです。

もし、あなたが自分自身に絶対的な自信を持っていれば、それだけで女性を依存させることが可能になるのです。

本来は当然ですが根拠のある自信のほうが説得力は増しますが、相手の女性が自尊心がない場合、若い場合などは非常に効果的な恋愛テクニックになりえるのです。

 

認知的不協和:段階的説得

個人の中で矛盾が生じた場合、人はその矛盾からくる不快感を解消しようと強く心が動いた方向に行動をとるという心理です。

例えば、代表的なものが、小さなお願いをしていくうちに大きなお願いも聞いてしまうというものです。

嫌いと思っていても「ちょっとくらいなら手伝ってもいいかな」と手伝って「親切な自分」を演じるのだが、お礼を言われてまた次のお願いをされたときに、お願いを断ると自分自身を「不親切」だと感じてしまう。

その時に「嫌いな感情」を置いて「親切な自分」を選択し、これを繰り返したときに、「嫌いな人に親切をしている自分」の不快感を解消するために「好きな人だから」という意味付けを行うようになる。

もうちょっとわかりやすくすると・・・

・嫌いだけど親切にしてみる。
・お礼を言われまた頼まれても親切を演じる
・繰り返す事によって「好きになったのかな?」と疑問を抱く

という流れです。

これを認知的不協和と言います。

この恋愛術を使うとすれば、、、例え嫌われていたとしても、「まぁ~いいか」というお願いをしそこに精一杯のお礼をし、お願い事を大きくしていくことで段階的に説得をさせることができるようになります。

これは逆もあり「失礼な事」をしたのに「許した自分」とかも効果的です。

大事なのは不快感を感じさせるとかではなく、不快感と快感とのバランスにあるのです。

ただ単にお願い事をしてお礼も言わないと余計に嫌いになります。

いかにここをコントロールしていくのかがポイントになってきます。

最もベターな方法はある程度仲良くなり、見返りがあるからとちょっとハードルの高いお願いをし、繰り返すというのは典型的なパターンです。

 

返報性の原理:どんな人間も依存する心理

これは先ほどとは逆のアプローチで、まず相手が受け入れられない大きなお願いを断ってもらい、お願い事を小さくして譲歩することで譲歩しやすくなる。

または、お願いしたことのお礼を大きくする事で「申し訳ない」と思わせる方法です。

そしたら次のお願い事は、

「相手が譲歩したから私も譲歩しなくちゃ」

「お礼をしてくれたからもっと何かをしてあげなくては」

という心理がうまれるのです。

最も簡単でリスクのない方法は、はじめは明らかに冗談であまりにもハードルの高いお願いをして(例:俺の女になれ!たぶん冗談だとわかればOKだといわれるでしょうが)その後にデートに誘うとかですね。

更にレベルを上げていくと、瞬間的にキレてみて誰が聞いてもそりゃキレるわという他の理由を言って許しを請う・・許してくれたら誘うとかですね。

一見自立している女性とかは逆にいろいろやってあげて申し訳なくさせて、お願いをするとかも効果的です。

 

希少性の法則:失う恐怖で依存度を高める

希少性の法則というのは、いつでもどこでも手に入るものは価値が低く、手に入りくいものほど価値が高いと錯覚をしてしまう人間心理です。

これまでの心理テクと同時にこの希少性を演出するだけで人はあなたに対する依存度を高めます。

事実、振られた後にこれまで何度と告白してもダメだったのにあきらめたら向こうから

「やっぱりあなたが好き」

とか言って来たり、別れ話をしたときに寄りを戻そうと懇願したりするのもこの希少性の法則に近いものがあります。

例えば、これを口説く段階で使うのならば、
「俺は一緒にいて楽しい人と遊びたい」
というような言葉を使ったり、

「この体験をしていないなんてもったいない!人生損してる!」
と言い多少の不安感をあおり

「●日に行くけど行く?(その日だけ)」
で誘ったり、

「年に1回しか見れない夜景」
とか言って誘うとか。

強引にやると嘘で低俗なやり方になってしまいますが、ある程度の好意を得ていれば失う恐怖を与えるだけで相手はあなたを選びやすくなります。あなた次第でいくらでも希少性を感じさせる事ができるので常に意識するようにしてください。

 

スリーパー効果:理不尽でも信憑性だけが残る

恋愛も人間関係なので、あなた自身の言っている事に信憑性があるほうが説得はされやすくなります。

しかし、そう簡単に信憑性を感じられることはありません・・そこで、スリーパー効果は非常に有効に使えます。

これは、相手にとって良いメッセージを伝え続ける事です。

例えば代表的によくやりがちなのが

「お前のためを思って言ってるんだ」

というメッセージです。

依存をさせるのは実を言うと非常に簡単で、女性の悩みや問題に対して解決策を提示し選択肢を与え、その中から選択したものを「あなたのため」と言い続ける事です。(ただし、自分で自分の人生を選択する能力を持っている女性には通用しない)

これ依存度の高い女性には非常に効果的です。

あなたの事を思っているんだ。

という好意を断る事はデートを断るよりも難しいのです。

つまり、困っているところにカード(選択肢)を与え、あなたの選択にも関わらず、カードを引いた相手に対して「あなたのため」と言って選択をさせ続けるのです。

そして、ある程度カードを引いてから「お前が選んだんだろ!」という。
※ただあからさますぎると逆効果です。

ここで嵌ってしまえば依存度はどんどん上がるのです。

しかし、これは相手の女性に心を打ちとけられる友人がある場合は気づいて離れていく可能性があるので注意が必要です。

つまり・・・・いかにあなたの選んだ選択肢でも繰り返し「あなたのため」と言われると「この人は私のためにいろいろやってくれているんだ」と信憑性が高まるのです。もし、最初は無視されたりしたとしても辛抱強くメッセージを繰り返し伝えることでスリーパー効果がうまれるようになります。

なので個人的にはしっかりと理屈がある時にやった方がいいかなと思います。

 

反復性効果:繰り返しによる記憶効果

反復性効果とは、説得の技法でも使われ同じメッセージを何度も反復して伝えるという先ほどのスリーパー効果に近いものですが、スリーパー効果は長期にわたり何度かいうことですが、この反復性効果は短期で3回繰り返すというものです。

ただ、ここで同じ話題で繰り返すと効果はありません。

「またおじいちゃん同じ話してるよ。」

となってしまいます。

では、どうするのかというと言葉を変え同じような意味合いの言葉を違う話題で伝えるのです。

・無事に家についたか帰ったか心配したよ・・・「あなたのため」
・なんか今日元気ないなぁと思って・・・・・・「あなたのため」
・誰でもすぐに抱かれる女だと思われちゃうよ・「あなたのため」

というように・・・「あなたのため」という言葉を使い、それを動的な言葉として伝えるだけで反復性効果を生み出し「この人は私のことを心配してくれている」となってくれるのです。

これを1回のデートで3回やるのです。

つまり、あなたは違う形で同じ意味合いの言葉を繰り返す事であなたの伝えたいメッセージがより伝わる動線を作ることができるようになるのです。

これは非常に使えるし相手の事を思っているのならば自然と使えるはずなので是非活用してください。

相手の立場に立って話すクセがつけばそれだけ恋愛力もアップするはずです。

そして、これらの恋愛術はもともとは心理戦術としてもよくつかわれていますのでより効果的に使いたいと思うのならば下記の説得の心理戦術などを読んでおくともっとオブラートに包んだ使い方ができると思います。

これまでの恋愛術などをより具体的かつ効果的なスキルを学ぶことができるので興味があればどうぞ。

[悪用厳禁]説得の心理技術 ~恋愛・人間関係・ビジネスに使える~

自分の望むとおりに他者に動いてもらうまでの一連のプロセス、あるいは単純に他者から同意を得ることは、独自のスキルと科学的知識が必要となります。

「女性をデートや行きたいところに誘う時」「告白をするとき」「好意を伝える時」

強制的な説得ではなく納得をしたように感じさせる・・・本書ではそのスキルを伝授してくれる良書です。

大事なのは何の為に使うのか?

ここでは、女性を依存させる上で使える心理学のテクニックを紹介しました。実は、僕は昔はこれらを無意識的に使っていて何人もの女性を依存させてしまったことがあります。

しかし、今の自分が全く使っていないかと言えば使っています。

でも、当時は依存させてしまい今は一人一人が自分らしい人生を歩んでいっているのです。その違いは、結局「何のために使うのか?」にあるのではないかと思います。

今回の記事では

「いかに依存をさせるのか?」

という視点で解説をしましたが、メール講座などでも言ってるように目的が違えば使い方もその結果得られるものも大きく変わるものです。結局、依存をさせてもその依存されている状態に苦しむことになるかもしれませんが、あなたが求めてるのならば是非やってみてください。

やらずに知ったかぶりよりはずっとましです。

後は使う用途さえ気をつければ何にでも応用できるので是非実践してみてください。そして、そこから得られた気づきや経験は何ものにも変えがたい財産になるでしょう。

もし、あなたがこれらのテクニックをより具体的にもっと違う使い方を知りたいのであるのならば、さらに効果的に活用したいのであるのならば、無料メール講座に登録してもいいでしょう。

この講座では、女性の恋愛心理を抱く流れをもとにいかに恋愛テクニックを使っていけばいいのかをステップバイステップで解説していきますので興味があれば是非登録してみてください。

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、NEXT MENS STAGEの無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後、1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した「THE・MOTE・RULE」をお届けします。

*あなたのお名前(ハンドルネーム)を入力
*あなたのメールアドレスを入力

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

女性を依存させるために使える7つの心理学|下手すると泥沼に嵌る危険な恋愛術
最新情報をチェックしよう!
広告
>社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

勉強もスポーツもできないウツ・引きこもりのマイナスの状態からいかにして普通になり誘われ・告白されるまでのモテる男になることができたのか?そしてその先に見えたものは何か・・その軌跡を公開します。

CTR IMG