上手な別れ方|後腐れない別れ話の切り出し方8ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
上手な別れ方|後腐れない別れ話の切り出し方8ステップ

出会いがあれば別れがある・・というように付き合ったら実際に思っていた感じと違っていたりマンネリ化したり、下手すれば嫉妬深かったりして面倒臭くなったなどなどで別れたくなることもあります。

でも、別れ話を切り出すにしてもどのように切り出せばいいのか?どうすれば綺麗に後腐れなく別れる事ができるのか?を知らないと泥沼に陥ってしまうかもしれません。

そこで、ここでは

・やると危険な別れ方
・別れ話をしないベストな別れ方
・別れ話の切り出し方
・納得する確率をあげる別れ話説得法
・それでも別れたくないと言われたら

を紹介していきます。

これらは、別れるつもりが未だになくても・・もちろん今別れたいと思っている人ならば特に知っておいてほし知恵なので抑えておきましょう。

SPONSORED LINK

1.ドツボに嵌まる危険な別れ方とは?

別れ方というのは、細かく言えばやり方など人それぞれです。しかし、カテゴライズをすると主に2種類のパターンしかないです。

・好意的に別れるパターン
・嫌いにさせて別れるパターン

理想は1番ではあるんですが、やはり別れ話なのでどうしても悲しませることになるのですが、最もやってはいけないのがズルズルと引きずってしまうパターンです。

これは、あなたの別れ方に中途半端な「期待値・可能性」があるからです。つまり女性側からすれば「別れたいと言ってるけど本当なのかな?」「まだ可能性がある」と感じている・・・だからあと一歩頑張れば何とかなるかもしれないと感じているわけです。

別れたいと思っているけど傷つけたくないと思っている人も多いので、それが中途半端な伝え方になってしまっているパターンが多いです。つまり、別れ話の中に「嫌いになったわけじゃない」とか「好きは好きだよ」とか言ってしまっている状態でさらに「別れ」に対する決意が弱く伝わってしまっているわけです。

そんなことをズルズルと続けていくと、下手をするとリストカットとか心配させるようなことをあえて言ってきたりする女性もいて余計に別れにくくなってしまいます。

それはそれでいい人生経験だと思いますが、何度も何度もこういうことを繰り返しても・・・どこに着地点がおかれるのかわからなくなるし、別れるにしても逆に決していい別れ方もできないし、次にいい恋愛もしにくくなってしまう可能性も出てきてお互いにとって良い別れ方とはとてもじゃないですが言えません。

自分が本当に好きかどうかわからないから確かめたいならば話は別ですが、そうでない・・別れたいのは本当だ!という場合はドツボにはまってしまうので注意してください。

2.別れ話をしない最もシンプルな別れ方

別れ話をしない最もシンプルな別れ方

とはいえ、できるならば好きになった女性だから悲しませたくない・・でも、別れたいと思っている場合・・・どのような別れ方をしていくのが最もベストなのか?は、最もシンプルで波風がたたない別れ方は、「恋人として嫌いにさせる」という方法です。

悲しませるのを見たくないのならこれが最もベストな方法で、好きにさせる方法と真逆のことをすればいいだけなのでかなりやりやすいはずです。

好意的に思われる行動ではなく好意を感じない行動をすればいいだけですから。

これを段階的にやっていけばいいのです。まずは、相手の意見を受け入れないところから始めどんどん共感もしなくなっていく・・・。または逆にどんどん過剰に嫉妬や束縛をしてみてみるとか。

あくまで自然にやるのが大事ですが、“付き合う事に対して段階的に疲れさせてあげる”のがポイントになります。そして、彼女から別れ話を言ってきたときに素直に別れを受け入れてあげて自分の悪かった部分を謝れば友達としても元通りになることも可能になります。

では、具体的にこの別れ方を具体的に解説していきたいと思います。

3.タイミングを作り出し切り出すキッカケを作る

タイミングを作り出し切り出すキッカケを作る

まず、最初のステップは別れ話をするキッカケを作り出す段階です。よく、どういうタイミングで別れを切り出せばいいのかという悩みがあるみたいですが、うまくいっていると思っている彼女からすれば、好きだと思っている彼女からすれば・・・どのタイミングだろうが別れたくないと悲しませる事になりかねません。

という事は・・あなたからキッカケを作るしかなくなります。

そこで、多くの人は自ら別れ話をいきなり始める場合が多いのですが、まずは別れる別れないとかを切り出すのではなく関係が悪化していること、お互いが冷めていっている状況を作ればいいのです。

ここで最大のポイントは、段階的にです。

ちょっと思い出してほしいのですが、あなたと彼女はいかにして付き合ったのでしょうか?そして、どのようにお互いの好意を高めていったのでしょうか?大体が何か共通の興味があったりし、お互いがお互いを好意的に思っている事を伝え、遊んだりする際に同じ事で同じ感情を共有していたはずです。

それを少しずつ段階的に真逆のコトをするのです。

大体の場合、突然別れ話をするパターンが多いです。しかし、このやり方だと別れたいとは思ってないタイミングだからこそ引き止めようとしてきて当然です。特に依存度の高い女性ほどこれは強い傾向があります。

なので・・少しずつ段階的に減らしていくのです

STEP1.無意識レベルで不協和を起こす

例えば、仲がいい時は大体の場合、体の動きから声のトーン、アウンの呼吸が自然にできているものです。これを少しずつズラしていくと無意識レベルで不協和が起こり、自然と居心地が悪くなっていきます。すると・・・居心地が悪い=好きではないと次に意識的に思いやすくなってくるのです。

STEP2.意識レベルで不和を起こす

とはいえSTEP1では「なんか変だな?」という状態です。そのため次はこの不協和を言語レベルや行動レベルで少しずつ拡大させていきます。今まで会話をしていたのをあえて止めてみたり黙ってみたり、少し否定的・批判的な発言をしたり・・・いつものスケジュールとは違うスケジュールにして会わなくしたり・・することによって不協和をどんどん大きくしていきましょう。

STEP3.タイミングを見計らう

ここまですれば彼女はあなたと一緒にいる空間に不快感を感じるようになるはずです。このタイミングで別れを切り出すのもいいのですが、もっと別れやすくするためには逆に好意的にしても、「あんな態度とっておいて・・」となって立場逆転の状況を作ることができるのでアリかもしれません。(もしかしたら喜んでしまうかもしれませんが・・・)

このようなステップでやると効果的に別れることができるでしょう。意識するのは付き合うまでの流れを逆にして、まずはタイミングを自ら作っていきましょう。

4.別れ話を納得させる5つのポイント

別れ話を納得させる5つのポイント

さて、ここまであなたが別れ話をするためのタイミングを自ら作ってもらいました。もし、ここまでやっても、彼女から別れ話をしてこなかった場合はあなたから別れを告げて納得をさせてあげてください。

別れ話の仕方で特に注意すべき点は以下の3つです。

・冷静さを忘れない
・結論から伝える
・理由を明確に伝える
・未来を伝える
・ありがとうで終わらせる

では、1つずつ解説をしていきましょう。

4-1.冷静さを忘れない

彼女のタイプやあなたとの付き合い方によって、別れ話の途中で逆上して感情的になってしまう場合もありますが、常に冷静さと落ち着きを保ってください。そういう態度を心がけながら別れ話を切り出してください。ここで動揺をしたりするとその動揺が彼女に伝わり「本当は・・私のことを思ってくれているんだ・・」となってしまいます。

4-2.結論から伝える

まずは遠回りに言わずに結論から伝えましょう・・・「別れよう。」と。または「付き合っていける気がしない」というように。結論から伝え結論で終わる事で彼女には別れたい強い意志が伝わりやすくなります。

4-3.理由を明確に伝える

理由を明確にしましょう・・・このままだとやっていけないという理由を伝えると、「そこを直せばやり直せる」と思ってしまう可能性があるので「俺はもう耐えられない。」というようにあなた自身のせいにして「正直こう思ってしまう。俺がダメになる」というようにしてあげることで相手に負担を与えずに可能性も見せずに別れを伝えたほうが効果的です。

4-4.未来を伝える

もし、それでも引き下がってきたり拒否をされたとしたら、諭してあげましょう。「じゃあ、こんな嫌な気持ちのままえも付き合っていたいんだ・・」というように。しがみつくところをなくしてあげることがポイントです。

4-5.ありがとうで終わらせる

グーの音もでなくなると思いますので、最後にありがとうで終わらせましょう。相手を責めるような別れ方をしてはいけません。次にきれいに進んでいけるように、いい恋愛ができるようにお礼を言って終わらせます。

このステップならばかなり高い確率で別れ話を進めることができるはずです。が・・・

5.それでも別れたくないと言われたら….

それでも別れたくないと言われたら....

ということもありえます。すでにあなたもそうかもしれません・・。

既に別れ話をしてしつこく引き止められている場合ってありますよね。そういう場合は「無」の時間を作るのもいいでしょう。寄りを戻して「無表情」「無感情」で関われば「もしかしたら、別れたほうがいいかも・・・」と思えるようになります。

「別れる」
「別れない」

のバトルをするから別れられないのです。バトルをしなければ相手から自ら別れようとしてくるはずです。

さいごに…嫌われるかより幸福に導くか?

別れ話をする際に、多くの人は自分が別れたいと思っている状態なのでそもそも相手を傷つけてしまうものです。

それを傷つけずに嫌われずに何とかしようとするほどドツボに嵌まってしまう可能性があることだけは覚えておいてくださいね。一応ここでは適度な別れ方について紹介しましたが、、、やはり人はわからないもの。

やはり最強なのは徹底的に嫌われてあげる事。
または彼女が次の一歩を踏めるようにしてあげる事。

この2つだということは覚えておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料E-Book!恋愛関係を支配する法則
計6206人の男が驚愕した恋愛戦略

あなたが、好きな彼女や狙っている彼女と付き合いたいという誠実な思いを夢物語で終わらせることなく現実のものとしてもらうために、、、、、

計6206人以上の男達を導いてきたアリアスが、好きな女や狙っている女を振り向かせられない、90%以上の男達がやっている根本的な過ちを排除し、女が男に夢中になるための具体的なステップを170ページ以上のレポートにまとめました。

このレポートは、そこら辺で販売されているような「このとおりやればモテまっせ!」とか「プラス思考がモテる」だけのそーいったくだらない低次元の書籍やネット上のコンテンツとは違います。

このレポートは、魅力的だと感じない男性の特徴、そして女性が恋まで発展する
心理を調査して解明された恋愛関係を支配している男達の思考から戦略を解説している
珍しいレポートになります。

このレポートでお伝えしている内容の一部を紹介すると・・・
ブサイクでデブな男でも女性にモテるかどうかは一切関係ない...女性は一体何に惚れるのか?(最初にこれをやるだけで恋愛に対する自信を手に入れ、女性と一瞬で仲良くなる6つのチェックポイントがわかります。)


・初対面で女性と仲良くなれない男の90%以上が引き出せていない女性の「ある言葉」とは?(この言葉を引き出すにはある勘違いをとっぱらわない限り引き出すことはできません。もちろん、その勘違いもお教えします。)

同じ言葉を言ってるだけなのに、なぜか女性が「この人話しやすい!」と感じてしまう無意識を刺激する簡単なテクニックとは?

・世界中の人間が例外なく「究極的に興味を持っているもの」を活用し、普段の会話から女性が夢中になってしまう会話に変貌させてしまう1つの要素とは?(これ、本当にすごい効果的です・・女性を褒める暇があるならこれをやってください。)

どれだけデートをしても、遊んでも、二人で過ごしたとしても、全く女性があなたに体と心を許そうとしない理由・・それは時間にあった。(よく単純接触の原理で一緒にいる時間が長いほど惚れるっていうのは大間違いですよ。)

・女性は生物学的に「退屈を生きる生き物」です・・・。この原理からわかる一線を越えられない男がその一銭を超えるためにやらなければならない5つの女性を興奮させる方法とは?

女性が「この人ほどの男はいない」「この人しかいない」と無意識で感じる”たった1つの重要な要素”とは?(この要素1つ持っているのか?持っていないのかで女性の感じる魅力は10倍・100倍にも変わってきます。)

もし、あなたが自分の好きな女・気に入っている女を他の男達に
狙われ奪われるのが嫌ならば・・・・今すぐ防ぎたいのならば・・・・。

今この瞬間、あなたが狙っている彼女が、他の男からアプローチされているかもしれませんので今すぐこの計189ページにわたる無料E-BOOKを手に入れてください。

(そして、彼女の頭の中を他の男なんて眼中に入らないぐらい、
あなたの事でいっぱいにさせてあげてください)

下記のボタンをクリックし、フォームにメールアドレスとお名前を入力していただければ、すぐにレポートがGETできるようにしましたので、今すぐフォームに必要事項を入力してください。

1分以内に、レポートをあなたのメールボックスにお届けします。
form






※もちろん必要なくなればいつでもメルマガを解除できますので試しに1・2通読んでみてください。

空メール登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>