NOと言われようがないデートの誘い方5ステップ

好きな女性やら狙ってる女性などに、ただ誘っただけでは、もちろんYESは言われない。

もちろん、運がよければオッケーを貰えることもあるでしょう。

だから、数打ちゃ当たる戦法が無駄とは言いません。

でも、デートに誘って断られて落ち込んでしまう人も少なくない。

しかし、実際にその誘うまでの流れを聞いてみると、非常に不自然で、断られても仕方ないよなぁという誘い方をしている人が多い。

つまり、ちょっとやり方を変えれば誘うのはすごい楽になっていきます。そこで、今日はNOと言われようがないデートの誘い方をステップバイステップで紹介していきたいと思います。

1.誘う以前に情報と信頼を入手しよう!

誘う,前,

ひとくくりにデートに誘うって言って、ほとんどの人が「いかに誘うのか?」ばかりに目が行ってしまって、相手の女性に目を向けていない人が結構いたりします。

そして、いきなり誘ってギャンブル的な結果になる。

それならば、しっかりと相手の好きなこと、好きな食べ物、そして・・そのどこが好きなのか?という情報を入手というか、相手の女性を知ってから誘ったほうが、ずっと適切なアプローチが自然にできるようになるはずです。

大した会話もせず、断られる恐怖を感じながら誘っていたら・・

そりゃ、同じ立ち位置というより下からの立ち位置で懇願しているように感じちゃいますよ。そんなことにならないためにも、誘う前にしっかりと

・相手の女性の情報を収集し
・同時にあなたへの信頼を勝ち取る

この2つをやっておかなきゃ、YESかNOかの賭けに出るようなものになってしまいかねません。そして、これは非常に重要なことですが、この2つができていないと、断られた際に次のハードルが上がってしまう可能性があがってしまいます。

つまり、大事なのは、たとえその場その場で断られたとしても次にはオッケーをもらって当たり前の状態になるまで短期間ででも信頼関係を構築できるようにあなたがなることです。

 

2.デートという言葉は使わない。

デート,言葉,

そして、よく、狙った女性とか好きな女性を誘うときに、デートだと意識しすぎる男性も結構多かったりします。・・・でも、そもそもデートという言葉自体、付き合ってから使うものです。

相手の女性があなたのことに好意を持っているのならデートという言葉を勝手に使ってくるかもしれませんけど、それでも言葉には出さないものです。もし、相手の女性があなたに好意的に思っているのならばデートという言葉を使えば喜ぶかもしれません。

でも、ほとんどの場合好意的に思っているわけではない状態。
まだ、そういう言葉を使うには早い段階。

のほうが高いと思うので基本的にデートという言葉は使わないほうがいいでしょう。「遊ぶ」「飯を食いに行く」というようにほかの言葉を使ってください。

もっと友達とご飯を食べに行くテンションで普通に誘ってあげたほうが女性の心理的な抵抗感がなく断りにくくなりますよ。

さらに、、、、

「ストレスを発散するために、カラオケ行こう!」

みたいな理由がついてくるとなお高確率で誘うことができるようになりますよ。

 

3.行くことを前提の状態を作ろう!

デート,行く,

なぜ、断られるのか・・・?それは、そもそも誘う以前にいかに行きたい!この人ともうちょっと話したい!遊んでみたい!面白そう!楽しそう!って思われるようにできるかどうか?がないからです。

つまり・・・誘ったときにすでに行くのが当たり前の状態をいかに作るのか?

が大事であって、誘い方そのもので勝負を決めようとすれば、それはギャンブルになりかねないし、どれだけその時だけ「イエスセット」「ドア・イン・ザ・フェイス」などの心理テクニックを使っても効果としては当然薄くなってしまうんです。

だから、誘う前の会話からこういった心理テクをハードルの低いところで実践したり、ちょっとした頼み事をしてお礼を行ったり、共感したり、冗談を言い合ったりできるようになっておくだけで成功確率はあがるのです。

そして・・・

断られないということはどういうことか?というと、断るという選択肢が誘う前から存在しないような状態を作ればいいのです。

すごくわかりやすく言えば

「行きたい!」
「連れてって!」

って状態を作ればいいわけですね。

では、どのようにすればいいのか?っていうとそれほど難しいわけではなく、ある程度の関係ができたときに、「●●に行ってこう楽しかったエピソードトーク」をすればいいのです。

例えば、「この前、イベリコ豚が超うまいスペイン料理の店に行ってきて・・・」というようにいきたいって思えるものを用意すればいいんです。あなたに対して好意的に思っているのならば別にそれがどこであろうと何であろうと「いきたい!」ってなるし、このエピソードトークがうまければ、場所そのものに「行ってみたい!」ってなります。

こういうセリフが普通に出てこれば後は簡単・・・

 

4.「いつ?」「誰と?」で誘おう

誘おう

そう、「じゃあ、今度行こうか?」って言えばいいだけですし、そこまでいけば「いつ?」はたまた、ちょっと表情が曇るようならば「他に誰と?」を決めればよくなるのです。

もう相手は行きたいと言葉にしているわけですから、断る理由なんて最初からありません。

例え、NOだったとしても、それは予定が合わないとか
ほかの何らかの理由があるだけです。

あとはそこを埋めるだけでいい。

ただ、できるならば「いつでもオッケー」にしないほうがいい。

なぜなら、なんでもかんでも相手に合わせる行為というのは、ある意味であなた自身が暇人で友達もいないような状態だということを無意識的に感じさせてしまうし・・・

無茶を言っても聞いてくれる。

というようになれば、あなたは相手の奴隷?とまではいいませんが、相手の女性に振り回されてもいいというような無意識下のメッセージを送ることになるからです。

 

現在21456名が実践!なぜ、この無料メール講座の参加者は、モテる・彼女を作る事が普通にできるようになったのか?


「どうでもいい女には好かれてたけど好きな女性は毎度振られ続けていた・・でも、なぜ振られるのかの理由がわかって好きな女性と付き合うことに成功した。」

「童貞で彼女いない歴=年齢だったけど彼女を作ることができた。」

「これまでそれなりにモテてたけど付き合ってから冷められていた原因がわかり長く付き合うことができるようになった!」

「超イケメンの彼氏持ちの女性を振り向かせることに成功した。」

これらの感想を無料メール講座ではよくいただきます。
とは言ってもこれらはなんらおかしい話ではありません・・・。

恋愛感情が生まれる原理原則を理解した上で状況に応じて適材適所でテクニックを活用すればある程度モテる力は身に着けることができます。

「でも、それはもともとそれなりにモテてたからじゃない?」

と思われるかもしれませんが、、、実際、上の成果は童貞の方から何十回も振られ続けた方もいます。

そんな原理原則に基づいた心理学テクニックをステップバイステップで学び身に着ける企画、NEXT MENS STAGEの無料メール講座をお届けします。

しかし、この企画の本当のゴールは“彼女ができる・モテる”事ではありません。

そんなのは当たり前にある過程でしかないのです。

そこらへんに関しては参加後にお届けしていきますので、
今すぐ下記の必要事項を入力して企画に参加してください。

年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。

登録完了後、1分以内に最初のプレゼントである恋愛感情の原理を解説した「THE・MOTE・RULE」をお届けします。

*あなたのお名前(ハンドルネーム)を入力
*あなたのメールアドレスを入力

もちろん気に入らなければいつでも解除できますので安心して登録をしてください。

>>詳しくはコチラ<<

デート,誘い方,
最新情報をチェックしよう!
広告
>社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

社会不適合者の非モテから誘われるモテ男へ...

勉強もスポーツもできないウツ・引きこもりのマイナスの状態からいかにして普通になり誘われ・告白されるまでのモテる男になることができたのか?そしてその先に見えたものは何か・・その軌跡を公開します。

CTR IMG