「浮気をしてしまう!」浮気癖を治すための5ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

imageいくら浮気をしたいとか不倫をしてみたいという願望があったとしても、それができなければ浮気や不倫はできるものではありません。

浮気や不倫の願望はほとんどの男が持っているもの。

どれだけやらないと口で言おうが潜在的に願望として持っている男も結構多くて・・・あとはそれができるかできないか?が不倫や浮気をするかどうかの重要なファクターでもあったりします。

そんな浮気や不倫ができてしまう・・・。

求められたら断れずに地獄とわかっていながらも、やってはいけないと思いながらも泥沼にはまっていく人も少なくないです

本当は彼女と、家族と幸せに生きていきたいのに。

逆らえない・・・。

聞いてみると贅沢な悩みに思うかもしれませんが、実際そういう人はいますし、僕も昔はそうでした。

別にしたいわけではない。
でも、してしまっていたのです。

そんな中で無理に浮気や不倫をやめさせたりやめようとしても、根本的な原因から見てみると、あまり効果を期待できない場合がほとんど。

根本的原因である、潜在的に持っている不足感を拭い去らない限りは、浮気や不倫はやめることができません。そこで、ここでは浮気や不倫を自らの意思でやめるための効果的な5つのポイントを紹介していきましょう。

 

POINT1.浮気や不倫なんてしようと思わなくなる状態

まず、覚えておいてほしいのは、浮気や不倫というのをするとかしないとかは別にどうでもいいので、あなた自身、浮気や不倫なんてしようと思わないほどの今の彼女やパートナーとの関係は何かを考えてほしいのです。

そもそも、僕達人間は心理学的に

・●●をしてはならない。
・●●はしなくてはならない。

という考え方を持っていても、顕在的は働きかけでしかなく、してはならないほどやってしまうものだし、しなくてはならないでは出来ないコトも多い。

その時点で縛られている感覚を感じてしまうため、

ちょっとした「したいな」「してもいいかな」という潜在的な欲求には逆らうことができないのです。そんな中で、無理にしないようにするほど逆にしてしまうという負のスパイラルにはいってしまうのです。

じゃあ、どうすればいいか?
どういう状態を作ればいいか?

というと、答えは1つで今の彼女やパートナーとの関係を「したいとさえも思えないくらいの関係」にすればいいわけです。

仕事が終わったら電話したいなぁと。
仕事が終わったら早く家に帰りたいなぁと。
もっと一緒にいたなぁと。

そう思える関係に近づいていけば、もっとお互いの関係が良くなっていく感覚を感じれば自ずと浮気や不倫というのはしなくなるのです。

もっと具体的に言えば
「自分が浮気や不倫から潜在的に何を求めていたのか?」
を知ることができれば
「今の関係でその求めているものをいかに満たすのか?」
を考える事ができるので確実ですが。。。

まぁ、これには時間がかかる場合もあるので、まずは今の関係の上で「したいと思わないほどの関係ってどんなものだろうか?」を考えて、今のパートナーとの間でその関係に近づいていくために働きかけてみてください。

ここを意識する事ができれば、自ずとあなたは今のパートナーとの関係をよりよくするために働きかける事に時間を使うようになるので、不倫や浮気をしようとは思えなくなっていくはずです。

 

POINT2.浮気や不倫をしてはいけないという常識を手放す。

そして、次にやってほしいのが浮気や不倫をしてはいけないものという常識や思い込みを手放してみてほしいです。

これは「浮気や不倫なんてしてもいいんだからやればいいんだYO!」

という目的でやるのではなく、やってはいけないコトをやるコトに対する高揚感や刺激を感じにくくするためにやるのです・・・。別に浮気をするのも不倫をするのもあなたの自由。

でも、ここで忘れてほしくないのは
「浮気や不倫をすることで今のパートナーは何を感じるのか?」
ということです。

責められるとか別れを告げられるとかじゃなく、大事なのは「彼女をどう悲しませることになるのか?」を彼女の立場にたって感じ取ってほしいのです。

浮気をしないで!とか不倫をしないで!って言葉の裏にどのような感情があるのか・・・それと似たような感情をあなたは感じたことはないのか?を全身で感じ取ってほしいのです

彼女やパートナーの「縛り」は無視してもいです。

大事なのはその裏にどのような感情が隠れているのか?そして、良好な関係に一歩でも近づいたのならば、浮気や不倫がどのような未来を創っていくのか?どういう関係を作っていくのか?を今一度考えてみてください。

そのためには一度「してはいけない」

という常識を手放す必要があります・・・。そもそも浮気や不倫というのは、特にしたくないけどしてしまう場合・・・あなたの中にある潜在的な不足感から現れているものがほとんど。

そこに「やってはダメ!」という顕在的なアプローチは効果が薄いのです。大事なのは、顕在的なアプローチではなく潜在的なアプローチです。そのためには、「いい悪い」じゃなく「自分の人生をよりよくしてくれるかしてくれないか?」という視点で浮気や不倫を捉えないといけません。

常識にとらわれるのではなく、自分の人生にとって必要か不必要か?

を今一度よーく考えてみてください。

 

POINT3.女性にアプローチされにくい状態を作る

不倫や浮気を別にしたいわけではないけれど、してしまう人の多くは自然と女性の心を開き親密になり、女性達を好きにさせるコトを自然とやってのけてしまう人です。

更に自然体だから・・・求めなくても自然と好きにさせてしまえる。

困ったものですね(苦笑)

でも、そこには
・この人のコトが好きかもという気持ち。
・私にもチャンスがある。

という2つの素材がそろっています。

よく、女性が他の男に好かれたりして彼氏が「隙があるからだ!」とか言うパターンがありますが、これはある意味正しい表現で、不倫や浮気をする人も「私に付け入るスキがある」と無意識下で思わせている・・・

だから女性からもアプローチされるんです。

また、逆にお互いが不倫や浮気をしたいっていう場合もありますけど。

じゃあどうすればいいのか?

というと、答えは非常に簡単で付け入るスキをなくせばいいわけです・・・。ここでほとんどの人がやってしまうのが「関わらないようにする」とかですが、そんなのは逆効果です。

人は人と仲良くないより仲はいいほうがいいわけなので、親密になるキッカケさえあれば関わらないようにしたって無駄です。

そうではなく、

「俺は彼女や奥さんのコトを愛しているんだ!好きなんだ!
そして、奥さんも同じように思っているんだ!」

というエピソードを話せばいいのです。

他の女性に付け入るスキがないほど俺らの関係は良好だよ!

という事を普段から話せば、周りの女性達はあなたのコトが好きでも、あくまで奥さんや彼女と付き合っているあなたが好きになるのです。

あなただけが好き!な状態を作らなければいいわけです。

まぁ、だからこそ彼女やパートナーとの関係性を良好にするための働きかけは同時に続けないと意味がありませんので、必ず行動におこし、それを周りにフィードバックをしてみてください。

それだけで・・・あなたは本当に彼女や奥さんのコトが大事なんだ。
一緒にいて幸せなんだなぁと思われて本当の意味での付け入るスキはなくなるはずです。

 

POINT4.彼女や奥さんに協力を仰ぐ

ここまでは、心理的にしたいとも思わない状況を作り、女性からのアプローチをさせない状況を作るコトで不倫や浮気をしなくなるという方法を紹介しましたが、やはりこれはイキナリは難しいかもしれません。

そこで多少なりとも心理的負荷はかかるかもしれませんが、
「できない状況を作る」
というのも有効な方法でもあります。

でも、これは自分で自制してできるわけではありません。

そもそも、これまでしないようにしようと思っていたものが癖づいてしまっているわけなので無理にやめようとしても我慢になってしまうので理性で抑えるほどある日突然爆発してしまう可能性もあるからです。

抑えていた性欲や満たされない無意識の欲求が
ある日突然爆発してしまうみたいな(笑)

禁煙やドラッグみたいに禁断症状がでるのです。

まぁ、浮気や不倫をしたくて仕方ない!

っていう症状ではないと思いますが。

そこで、物理的というか状況的にできない状況を自らの意思で作り出すのです。
彼女や奥さんに協力を仰ぐのもいいでしょう。

そもそも「癖」なわけですから、
習慣を変えれば改善します。

もし、よければ浮気癖や不倫癖を改善する協力そのものが二人のキズナを深めるキッカケになるかもしれません。

 

POINT5.逆に・・・しまくり地獄を見る(汗)

僕達人間は、残念な事に・・・頭の中の思考や知識よりも、体験をすることのほうが多くを学ぶ生き物です。

そういう意味では、逆にしまくって地獄を見るというのも有効な手段かもしれません・・・やっぱり、どれだけ口で言っても、どれだけこうやって文章を読んでもやっぱり体験をしないとわからないコトも沢山ありますよね。

知識は実践してこそ変化がおこるもの。

特にこれまでやってきたことをやめるだけですから、そこにはあなたの感情の力は必須なわけで、そのためには「やったらこんなに痛い思いをする」体験をするのが一番効果的なわけです。

地獄ですが(爆)

まぁ、これは最終手段的にとっておいてくれればいいのですが、本当にやめたいのであるならば、そのまま突き進んで痛い目を見るのも悪くはないと思いますよ。

やめるための方法とか言っておいて、最悪な状態になってからやめられるっていうのは・・・ある意味元も子もありませんけどね(笑)

仕方ない。それも人生です!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?浮気や不倫というのは、それが願望としてもっていようともっていなかろうと、そもそもそれは根本的に言えば「不足感を他で埋める行為」でしかありません。

やっぱり一番の解決は、不倫や浮気は自分の中の何が満たされなくておこるのか?を探求しつづけることです。

決して「俺はそういう人間なんだ」

と諦めてしまえばそれで終わりです。まぁ、あなたの人生なのでどーこー言うつもりはありませんが、もし本気でなんとかしたいのならばしっかりと向き合ってください。

満たされないものが分かれば自ずとパートナーシップもかなり良くなるはずですよ。だって、満たされないものをパートナーとの間で満たされるようにしていけばいいわけですから。

応援していますよ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料E-Book!恋愛関係を支配する法則
計6206人の男が驚愕した恋愛戦略

あなたが、好きな彼女や狙っている彼女と付き合いたいという誠実な思いを夢物語で終わらせることなく現実のものとしてもらうために、、、、、

計6206人以上の男達を導いてきたアリアスが、好きな女や狙っている女を振り向かせられない、90%以上の男達がやっている根本的な過ちを排除し、女が男に夢中になるための具体的なステップを170ページ以上のレポートにまとめました。

このレポートは、そこら辺で販売されているような「このとおりやればモテまっせ!」とか「プラス思考がモテる」だけのそーいったくだらない低次元の書籍やネット上のコンテンツとは違います。

このレポートは、魅力的だと感じない男性の特徴、そして女性が恋まで発展する
心理を調査して解明された恋愛関係を支配している男達の思考から戦略を解説している
珍しいレポートになります。

それでは、そのLOVE CONTROLの内容の一部を紹介しましょう。
このレポートでお伝えしている内容の一部を書きだしてみました。
ブサイクでデブな男でも女性にモテるかどうかは一切関係ない...女性は一体何に惚れるのか?(最初にこれをやるだけで恋愛に対する自信を手に入れ、女性と一瞬で仲良くなる6つのチェックポイントがわかります。)


・初対面で女性と仲良くなれない男の90%以上が引き出せていない女性の「ある言葉」とは?(この言葉を引き出すにはある勘違いをとっぱらわない限り引き出すことはできません。もちろん、その勘違いもお教えします。)

同じ言葉を言ってるだけなのに、なぜか女性が「この人話しやすい!」と感じてしまう無意識を刺激する簡単なテクニックとは?

・世界中の人間が例外なく「究極的に興味を持っているもの」を活用し、普段の会話から女性が夢中になってしまう会話に変貌させてしまう1つの要素とは?(これ、本当にすごい効果的です・・女性を褒める暇があるならこれをやってください。)

どれだけデートをしても、遊んでも、二人で過ごしたとしても、全く女性があなたに体と心を許そうとしない理由・・それは時間にあった。(よく単純接触の原理で一緒にいる時間が長いほど惚れるっていうのは大間違いですよ。)

・女性は生物学的に「退屈を生きる生き物」です・・・。この原理からわかる一線を越えられない男がその一銭を超えるためにやらなければならない5つの女性を興奮させる方法とは?

女性が「この人ほどの男はいない」「この人しかいない」と無意識で感じる”たった1つの重要な要素”とは?(この要素1つ持っているのか?持っていないのかで女性の感じる魅力は10倍・100倍にも変わってきます。)

 

もし、あなたが自分の好きな女・気に入っている女を他の男達に
狙われ奪われるのが嫌ならば・・・・今すぐ防ぎたいのならば・・・・。

今この瞬間、あなたが狙っている彼女が、他の男からアプローチされているかもしれませんので今すぐこの計189ページにわたる無料E-BOOKを手に入れてください。

(そして、彼女の頭の中を他の男なんて眼中に入らないぐらい、
あなたの事でいっぱいにさせてあげてください)

下記のボタンをクリックし、フォームにメールアドレスとお名前を入力していただければ、
すぐにレポートがGETできるようにしましたので、今すぐフォームに必要事項を入力してください。

1分以内に、レポートをあなたのメールボックスにお届けします。
mail1






空メールはコチラをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>