女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

店員と連絡先を交換する成功事例7選|どうしたら店員と連絡先交換をすることができるのだろうかその秘訣とは?

コンビニや居酒屋やカフェなど、、、
気に入った女性と連絡先を交換したい。

そう思った時に一体どのように連絡先を交換すればいいのか?

結構迷いますよね。

以前、可愛い店員さんが毎度毎度言われてゲンナリする誘われ方7選の記事で連絡先を交換する以前に嫌われる行動について解説をしましたがあの記事でも解説しているように、店員さんを誘ったり口説いたりする際には、気をつけないと店員の女性にストレスを与えてしまいかねません。

なのでまずは嫌われない誘い方や口説き方をする必要があります。

しかし、ここをある程度クリアしたときに
「一体どのように連絡先を聞いたらいいのか?」
という誘い方の部分がポイントになってきます。

もちろんこれにはいろんなやり方があるはずです。

そこでここでは、店員の女性側の視点から連絡先を交換した事例、、、やり方となぜオッケーをしたのかを紹介し、その上でどのようなところを意識して店員の女性と連絡先を交換をすればいいのかのポイントを紹介していきたいと思います。

1.名刺をもらい、携帯電話に私から電話をかけました。

adnovak / Pixabay

コンビニのバイトを10年近くしていました。
コンビニの周りには会社が多く、サラリーマンの常連さんが多かったです。
ランチ時は行列ができるんですが、いつも同じ顔ぶれです。

バイト当初から、保険会社のマネージャーさんとよく話すようになり、仲良くなりました。
最初は商品を買う間、近況をちょっと話す程度だったんですが、帰り道に偶然会い、お互いの事を話す機会がありました。

その次の日にもコンビニにこられ、名刺を渡されました。
そこで初めて名前も知りました。

私より6歳年上で、人間的に余裕のある人です。部下にも慕われ、普段のスーツや小物もおしゃれで、色々物知りでした。
マネージャーということで金銭的にも余裕のある人でした。
話しやすく、もともと好感を持ってはいましたので、何日か経って、携帯電話に電話をしました。

その後、夜に2人で飲みに行く事になりました。
色んな話ができて、とても大人な部分に惹かれました。
その後、すぐ付き合うようになりました。

2.予約で使った番号がプライベートのだから連絡してと言われました

Free-Photos / Pixabay

ワインバルでアルバイトしていた時に、そのお店は常連の方も多く、彼も常連さんの一人でした。
もともと顔が私の好みどストライクの人で、仲良くなって、仕事中に会えるのが楽しみの一つでした。

ある日、遅くに来店してくださった時に満席だった為、席が空きそうなところを話して、空いたら連絡しましょうか?と提案したところ、お願いします。と彼の番号を聞きました。
運良くすぐに空いて、電話をして再来店してもらいました。
その時、接客中に今度食事でもと誘われ、さっき番号教えたでしょ?連絡してよと言ってもらったんです。

前々からご飯を食べに行こうとか言ってもらってたんですが、冗談だろうなとか軽く流していたんです。
名刺や今回のように連絡先を教えてもらうこともなかったので。

けれど、その時はものすごい押しで、私も顔が好みで嫌なわけなく、後日ショートメールにて連絡すると即返事がきて、メアドの交換となりその後は何度か食事をした後、付き合うまでにいたりました。

3.今度連絡先を教えてくださいと言いました。

MabelAmber / Pixabay

私がカフェの店員をしていたときに、よく来る男性がいました。
その男性毎日のようにカフェにきてくださるので普通に会話もするようになっていき、仕事中にも相手から話しかけられることが多かったので自然と仲良くなっていきました。最初は凄く好青年な男性だなという感じでした。

男性がカフェにくるようになってから3か月くらいで私の方から連絡先を聞きました。連絡先を聞いた理由は、話をしていてすごく楽しかったのでもっと相手のことが知りたいと思ったからです。

その後連絡先を交換して、普通に連絡を取っていくようになりました。最初は連絡だけだったのですが、途中から2人でプライベートに出かけたりドライブをしたりとすごく良好な関係を築くことができました。

相手が就職が決まって遠くにいくことがきまったのでお付き合いをすることはなかったのですが、プライベートでは友達として凄く良くして頂きました。今でもたまに連絡を取っています。

4.レシートの裏の白紙部分に自分の連絡先を記入して、お釣りを渡す際に一緒にレシートを渡しました。

Alexas_Fotos / Pixabay

高校生時代にコンビニでバイトをしていたとき、ほぼ毎日のように来店してくれていた男性に一目ぼれしました。
顔が好みだったこともありますが、お釣りを渡す際にさりげなく毎回「ありがとう」と言ってくれる人柄に惹かれて、
女子高生なんて相手にしないだろうと思いながらも、どうにか連絡先を聞きたくて悶々としていました。

そんな日々が続いてそろそろ高校も卒業、バイトもあと2週間ほどで退職というタイミングの時のことでした。

酔っぱらったお客様に絡まれて困っていたら、たまたまその場に居合わせた男性が止めに入ってくれたのです。
今しかない!とぜひお礼をさせてください!と伝えたのですが「気にしないで」と取り合ってくれず…
会計を済ませて帰ってしまう前に!と慌ててレシートの裏に連作先と名前を書いて連絡して下さい!と押し付けました(笑)

その日の夜に連絡がきて、いつも仕事帰りにコンビニに寄っていたこと、年齢は私の7つ上なこと、彼女はいないことなど
いろいろな話を聞く中で、男性も実は私のことをずっと気になっていた…と言ってもらえたのです。

ただ女子高生には手は出せないと声をかけれなかったと聞いて、やはり誠実な人だなぁと惚れ直しです(笑)

その後は私の卒業式に迎えに来てくれて、その場で花束と一緒に付き合ってくださいという言葉を頂きました。
私は大学生活、彼は社会人ですれ違いもありますが、とても楽しく幸せな時間を過ごせています。
あのとき勇気を出して連絡先を渡してよかったなぁと思います。

5.ご飯食べに来てください。と、店の名刺を貰いました。

niekverlaan / Pixabay

近所のコンビニでバイトをしていた時です。
ベットタウンの駅前の店舗なので、終電前後が1番混み合う時間帯でした。

毎日同じような顔ぶれのお客様が、タバコや夜食を買って帰って行くなかで、いつも声をかけてくれる人でした。
最初は挨拶や、目を見てありがとうと言ってくれる程度ですが、徐々に電車から降りた人達の波が終わったあとに来店し、品出しなどをしてると話しかけて来るようになりました。

嫌いなタイプやその気がなければ、その時点で忙しいフリして避けるのですが、悪い人ではなさそうだったので少しずつ話すようになりました。

レストランで働いている方だったようで、今度食べにおいでーと、お店の名刺を渡してくれました。
個人の名刺ではなかったので、抵抗なく受け取り、受け取ってから裏にその方の個人的な番号が手書きされていました。
友人と一緒にレストランに食べに行き、少しの間連絡を取っていましたが、その方の転職を機に私のバイトの時間と合わなくなり、連絡も取らなくなってしまいました。

もし、初めから個人的な番号だけを渡されていたら、お店の規則だからとか理由を付けてそもそも連絡を取らなかっただろうなぁと思います。

6.今度スポーツ観戦に一緒に行こうよ

Free-Photos / Pixabay

小料理屋の店員をしていた時、常連さんの1人の5つ上の男性が素敵だなと思っていました。小料理屋だったので、主なお客さんは皆常連さんで、それぞれ年齢も職業も違いますが仲が良く、私のことを娘のように可愛がってくださって、その彼をよく私に勧めてくれていました。

年齢が近いからというのもありましたが、まだ学生だった私は、彼のスーツ姿に大人の男性の色気を感じ、更に惹かれていました。

常連さんたちのアシストもあり、少しずつ彼とも仲が良くなり、話していくうちに、スポーツ観戦がお互い好きと分かり、今度一緒に観に行こうよと言われて連絡先を交換しました。私は彼が気になっていたので、即オッケーでした。スポーツ観戦デートを重ねるにつれ、店で見る姿だけでなく、普段の彼にも惹かれるようになりました。

お互い奥手でそこから先が言い出せずにいると、周りの常連さんたちが後押しをしてくれて、やっと付き合うことができました。

7.常連のお客さんから名刺を渡されました。

Pexels / Pixabay

コンビニの定員をしていました。
私がゴミの片づけをしていた時に名刺を渡されて、良かったら今度
食事に行きませんか?と言われました。

最初は戸惑いましたが、嫌なタイプではなかったので、次に来店してきた時に
食事に行きますと言い、私の携帯番号を教えました。

何週間かして、この店に何時に来れる?と言われ大丈夫だと答えました。
そして食事に行きました。
ですが、あまりにもお金持ちだったみたいで格差を感じ、
お付き合いは難しいと断りました。

すると、じゃあ友達になってと言われたので、友達なら・・と
仲の良い友達になりました。
ずっと私の事を見ていたみたいです。

それから遊びには連れて行ってもらったりのデートみたいなものはしましたが、
本気になることができず、次第に離れていくようにしました。

今考えると、悪かったなと思いますが私は普通で良かったので、
後悔とかはありません。

それから彼氏ができたのでお別れをしました。
それでもお店を変えることなくお客さんとして来てくれていました。

もう少し低い感じの食事ならOKだったと思います。
見てくれていたことは嬉しかったです。

でも、私が会い辛くなり、コンビニを辞めてしまいました。

店員の女性と連絡先を交換するために絶対外してはならないポイントとは?

さて、今回は店員さんと連絡先を交換することに成功した事例を紹介してきましたがなんとなーくポイントはわかりましたか?

もちろん、最初から女性が好みの場合は

いける可能性もないわけではありません。

しかし、店員の女性が仕事をしている状況の中では可愛い店員さんが毎度毎度言われてゲンナリする誘われ方7選の記事にあるように、仕事の邪魔になるのはあまりよろしくはありませんよね。

避けられて当然です。

そんな中で店員さんと連絡先を交換するためには・・

“断れる状況・負担にならない状況を作ってあげる”ことです。

これは最低限覚えておいてくださいね。

その上で今回紹介した方法を参考にして自分なりに取り入れてみて下さいませ。