こんなLINEはもうイヤだっ!女性が面倒くさくなるライン5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

好きな女性や狙っている女性がいるとついついLINEをしたくなるものです。

少しでも接点を持てれば・・

それだけチャンスが増えるというのは確かかもしれません。

しかし、まずLINEをする際に女性がめっちゃ面倒だ!

「もう相手したくない。」

と思われるようなLINEを送らないようにすることが非常に大事です。

これはたとえ彼女になったとしても基本的には送らないほうがベターです。

そこで、ここではこれだけは送らないほうがいい最も代表的なLINEの内容を5つご紹介していきたいと思います。

1.読むのめんどくさっ!文章長すぎLINE

このブログは見てもらえばわかりますが、文章長いですよねぇ。しかし、あなたがこの文章を読むのはあなたに悩みや願望があって既に興味をもっていますよね。

しかし、こと恋愛や人間関係になるったりすると
自分の話でもない限りそう相手には興味はないものです。

なのにも関わらず「今日こんなことあったよぉ」

なんてことを長々と送られてもわざわざ読む時間をとりたくはないですよね。特に親密でもなく相手にとっても自分にとっても大切な話でもない限りは長い文章のラインはしないほうがいいです。

もし、長い文章を送るのならば
相手に興味や関心がある内容と書き方で送る事
ができないと読んでもらえません。

どーでもいいような内容だと読んだふりをして適当な返事をされて余計にあなたに興味や関心がないということを自覚させてしまいかねないので基本的には長いメールは送らないようにしましょう!!

 

2.束縛か!?どうでもいいLINE

先ほどの読むのが面倒くさい文章が長すぎのLINEでも言いましたがどうでもいいラインは送らないほうがいいといいましたが、あの事例だと「あなたのどうでもいい」話を長々と書かれていますよね。

もし、これがあなたが質問をして相手が話したくて
長い文章を送ってくる分にはいいと思います。

しかし、

「ちょー暇」「今何してるの?」

というような相手の行動を詮索するようなLINEのような内容も「どうでもいい」と思われがちです。

「あんたにとってどうでもいいでしょ!?」
「あなたには関係ないっしょ!そんなの!」

というラインですね。他にも

「今日は残業が入って会えなくなった」

と言ってるのに

「どんな仕事してるのか?なぜ残業なのか?
ほかの男と遊びに行ってるんじゃないのか?」

まで聞き出したりするのも詮索に当たります。
相手の行動を詮索するようなラインは関係によっては注意をしたほうがいいです。

恋人ならばまだいいかもしれませんが・・

行動や状況を詮索されると相手との関係によっては束縛と思われかねないので注意してください。

 

3.尋問!?質問攻めLINE

よく、ネット上では質問で終わらせることによって会話が発展する。
相手は自分のことを話したいから質問をしたほうがいい。

みたいなことを言われていますが、それはそれで確かですが、会話というのは一方ばかりが話して一方が質問しかしないとコミュニケーションがとれているという感覚はなくなります。

もちろん、自己の主張しかしない。
というのもなしですけどね。

よく、モテる方法を教えている人は

相手8割:自分2割

というように言われていますが、質問ばかりすると

相手9.5割:自分0.5割

くらいになってしまいます。

毎度質問で終わるようなライン、「何が好き?」「どこいきたい?」など知ろう知ろうとしてくるラインしか送ってこない。

しまいには 何も盛り上がってもないのに
「最近悩みあるの?」「兄弟は?」「給料は?」
みたいなプライベートばかり知りたがる。

「まだお前とはそんな関係じゃねーよ!」

という時にこういうラインを送りつづけると逆にめんどうくさくなってしまいます。なので、最低でも質問をして相手の返答があったときフィードバックをするようにしてください。

または、質問で終わらせるのではなく
質問をして自分の意見をいれる。

というようなちょっとした工夫はしたほうがいいでしょう。

 

4.カスタマーサポートか!?返信要求ライン

あなたは、何かの商品やサービスを申し込んでその商品が壊れていた時に連絡しても返答がない場合は・・・「返信まだ?」「電話してもでなかったけど」とか、何度か連絡をしてみたりして相手の返信を要求するはずです。

でも、こと恋愛では・・返信するかしないかは相手次第ですよね。

にも拘わらず

「あれ?返信は?」
「既読ないんですけど・・」

みたいに返信を要求すると相手は面倒くさいって思うものです。

もし、それが関係も浅く数時間とか1日とか程度でこんなLINEを送っていたら「返信を強制されている気」がしてしまって心理的に嫌な感じになってしまいます。

なので、返信の要求というのは普段から密に連絡をとっていて
いつもは最低でもこれくらいで返信があるというタイミングから
外れた時に心配して送ってあげるのが基本です。

無視してほかっておけば
「そういう話はしたくないです。」
「あなたと話したくないです。」
「今ちょっと忙しいです。」

のどれかなので後に確認をすれば済む話です。

もちろん、内容次第ですが相手にとって大した内容でもないのに返信要求は・・微妙だということは覚えておいてください。

 

5.勝手に自虐(汗)私が悪いのかっ!

更に上記のようなLINEを送ったりしておいて

「もしかして嫌われた?」
「怒ってる!?」

みたいな自虐になるラインを送るのも結構危険です。

なぜなら、「もしかして嫌われた?」というのは相手が人を嫌いになっているという前提、「そんなことで怒っている」という前提の内容だからです。

「あなたは人を嫌いになる人です。」
「あなたはそんな事で怒る人です。」

ということを無意識的に伝えていることにもなりかねません。

これは逆に相手の怒りを買う羽目になりかねません。あなたはその気がなくても「相手が悪い!」みたいに言っているように相手には見えてしまうから。

ここまできたら結構マジでウザい・面倒くさいと思われてしまうのでご注意ください。

逆に、

「そういう内容は好きじゃない!」
「怒ってないけど私はその内容どうでもいいって思ったから!」

と言ってくれると結構コミュニケーションがうまい相手かもしれませんね。

 

最後に

さて、いかがでしたでしょうか?

これらの内容のラインは基本的に送らないほうがいいです。見てもらえばわかると思いますが何事も過剰になってはいけないってことですね。

相手との距離を知って少しずつ詰めていく。

その感覚を手に入れてくださいね。

相手の立場で見れるようになれば、自然とこういうこともできるようになるはずですから是非とも意識していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

【無料】恋愛関係を支配する法則
計1万名以上が絶賛した計170Pのレポート
無料】恋愛を支配する法則
1万名が絶賛!170Pのレポート