女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

恋愛タイプ診断:重要感

社会や誰かに評価をされる事を求めるニーズです。

対比をしなければいけないこの社会では、確かに認められるのは比較されて自分が上位に立つ事のほうが大事な部分もあります。

自分の価値があるかを感じるのに最も手っ取り早いのは誰かよりも優れている部分を見つける事ですから・・。

周囲から認められるのも一つでしょう。

例えば、

・褒められる
・あなたのほうが正しいといわれる
・評価され称賛をされる

などで成功をすれば確かに価値があるように感じるかもしれません。

あなたは素晴らしい!

というのはこのニーズを満たすキラーフレーズです。

傾向

・自分のことを認めて欲しい、評価されたい
・人の上に立ちたい、人を導きたい
・人から注目されたい、目立ちたい
・人とは違う生き方、生活をしたい
・人とは違う才能などに誇りを感じる
・使命感が強い生きる意味や使命を真剣に考える

解説

自己重要感のニーズを一見すると、自分のことばかり考えている、目立ちたがり屋さんのように感じるかもしれませんが、自己重要感のニーズがない人は自分がないことの現れとも言えます。

自己重要感でも自分の主張を押し通したいタイプもいれば
コツコツと努力をし続ける人もこの自己重要感のニーズをもっています。

このニーズが強い人は、自立をして周囲を引っ張るリーダーになる傾向が高く恋愛でも異性をぐいぐい引っ張っていく傾向が高いです。

しかし、逆にいってしまえば独りよがりになってしまって相手の気持ちを考えない行動をとりがちで相手を振り回してしまったり自分がよければなんでもよし!な選択をしがちな部分もありおだてられるとやっちゃう傾向があるのがたまに傷でもあります。

重要感・・・”価値ある存在”だと感じたい。

誰しも、自分は価値ある人間だと感じたい生き物で特別な存在でありたいと思う生き物です。

誰にも必要とされないのは辛いですよね。

恋愛だって好きな相手に自分が必要とされていない・価値がないと思われるのならば付き合っている意味なんてないように感じるはずです。

・平凡な存在でありたくはい。
・特別な存在でありたい。
・優位にたちたい
・ほかにないものを得たい
・褒められたい・認められたい

あなたが重要感を求める理由は“自分が価値ある人間だと感じたい”という感情のニーズにあります。

この重要感を誰かとのつながりを得ながら満たすことができ、ありのままの自分を認めることができるようになると、今度はあなたは自然と誰かを本当の意味で認めることができるようになっていくことができるでしょう。

このニーズがマイナスに働くと・・・

相手の主張や意見を聞けず自分の主張を押し通そうとして周囲を振り回してしまいます。

誰かと意見が対立したことを人格否定だと受け取り覆いかぶさるように自己主張をし自分と同じ意見を言うまで・自分の思い通りのアクションをしてくるまで攻撃的になります。

相手が本気で離れていこうとするとコロッとご機嫌をとってきたりもします。

そのため、周囲はご機嫌だけとっておけばいいだろ。
と思い始め攻撃が強くなるほど周囲は離れていきます。

また、ちょっと褒められたり認められてる感を感じるとホイホイついていきやすい傾向もあるので、うまい事踊らされることもシバシバあるかもしれません。

このタイプが恋愛でうまくいくポイントとは?

認められない欲求が強くなると、「すごいですね!」「さすがです!」という言葉をもらうために自己主張をし始めたり、言われたらすぐにホイホイついていきやすくなり相手の主張を聞き入れることができにくくなるようなコミュニケーションから脱却していく方向に向かった方がいいです。

具体的には、

実力をつけて周囲に認められざるおえないような結果を出す。

というのが一番手っ取り早いかなと思います。

承認欲求を満たされて動く。
満たされようとアピールする。

のではなく、重要な人物になることを中心に選択をしたほうがこのタイプの人は恋愛も仕事もうまくいきやすくなります。
そして、結果的に周囲を引っ張る力もいい方向に進みます。

また、同時にやってほしいのが

褒められたりたたえられたりして行動をするのをやめて

他者を認める側に回ることです。

これができるようになると認められていると実感している周囲・親密な人もどんどんあなたの元に集まってくるようになりより認められるのが普通の状態になっていくはずです。

続きを読むには下記からログインしてください。ログインできない方は無料会員登録をクリックしてください。