女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

【永久保存版】女性が好きな男についつい言ってしまう脈アリの言葉・セリフ10選と見極め方

男は大体の場合、好きな女性や狙ってる女性に対するアプローチは大きく変わらない場合が多いのですが、女性のほうはなかなかわかりくいですよね。

特に言葉やセリフで判断するのはなかなか難しいですよね。

しかし、脈アリサインのセリフや言葉にはある共通点があるのです。

そこでここでは、まずは

数ある女性達が好きな男についつい言ってしまうセリフや言葉。

という完全脈アリ状態の代表的なセリフをいくつか紹介した上で、言葉かり脈アリ状態を判断をするために絶対に外してはならないポイントを紹介していきます。

パッっと見では「え、マジで?これが脈アリなの!?」と驚くセリフ・言葉もあるかもしれないし、「え?なんの共通点があるのか全然わかんねぇ!」と迷宮してしまうセリフや言葉もあるかもしれませんが最後には結構スッキリするはずなので脈アリかどうかを判断できるようになりたいのならば是非最後まで読んでみてください。

1.好きな人の前ではツンデレになって「バカじゃないの?」を連呼してしまう

Engin_Akyurt / Pixabay

私は好きな人ができると、相手を必要以上に意識してしまいます。
そのため、冷静な対応ができず、話しかけられても素直な応答ができません。

そればかりか、そんな自分の姿が嫌になって、苛立ちを何故か相手にぶつけてしまいます。

好きな人が冗談を言ってきても、ましてや優しく話しかけてくれても、返す言葉は
「バカじゃないの?」
ばかりです。

私なりにその「バカ」には愛情が込もっているつもりなのですが、相手からしたら傷つくらしく、せっかく縮んだ距離も離れてしまいます。
こういう態度は世の中的にはツンデレというらしいですが、ツンデレキャラで得した試しがありません。

素直に「すごーい」とか「優しいね」と言えるようになりたいです。

2.ボディタッチや、自分の家庭的な部分のアピールをしてしまいます

lukasbieri / Pixabay

付き合う前の段階で気になる人がいると、とにかく相手にはボディタッチが多くなります。
元々気にせずするタイプではあるのですが、よりベタベタしているようです。

ボディタッチはやりすぎは良くないですが、適度に続けることで、相手に印象付けることができます。
まんざらでもない様子の人なら、さらにもう少し増やしたり、あまり好きではなさそうなら減らしたりして適度にするようにしています。

また、積極的に恋バナをして相手の好きなタイプや恋愛傾向を探っていくと共に、料理や相手に尽くすことが好きという家庭的な部分のアピールは欠かしません。

男性はやはり家庭的な人が好きなタイプが多いので、料理などのアピールは効果的ですが、ハードルを上げすぎると大変になるので、

「上手くはないけど料理は好き」「頑張って料理覚えている」
といった感じでアピールをします。

そうすれば、ハードルも上がりすぎず、彼からの印象もアップすることが多いです。

3.好きになってほしいから

2年前に紹介で知り合った好きな人とのお話しです。

人はお付き合いが始まるまではお互い付き合う為に必死になり、嫌われない様に行動すると思います。

私は好きな人とデートをする時は常に楽しそうにし、トイレやコンビニで別行動する時も遠くからでも見られているかもしれないという意識を忘れずに行動しています。

見えない裏で楽しくなさそうな顔や疲れた行動をとっている所を見られると、それが本音なのかな?と自分だったら一気に冷めてしまいそうだなと思うからです。

そして、付き合っている事を連想させるように食べ物を1口食べる?と口に入れてあげたり、美味しいねと笑顔で言うようにしています。

これは何度かデートを重ねた上で考えて行動しています。

好きな人じゃなければ絶対にしない行動です。

やはり好きになって欲しいので勇気を出して行動します。

4.あの人きれいだね

好きな人と歩いているときに、かわいい人やきれいな人が通りすがったら、男性も見ていたと感じたときは

「あの人かわいかったね」か「あの人すごくきれいだったね」

と聞いてしまいます。

聞いた後に、好きな人が「そうかなぁ」と言ってほしくて聞いているのですが、「かわいかったね」や「きれいだったね」と言われるとすごく嫌な気持ちになってしまいます。

聞かなくてもいいのに聞いてしまって落ち込んでしまうのが本当に嫌なのですが、「そうかなぁ」と言われたときが嬉しいので聞いてしまうのでとても悩んでいます。

言わないでようと思うのですが、毎回無意識につい聞いてしまうし、好きな人がどんな人がいいと思っているのか気になって聞いてしまうのでどうしようと思っているセリフの一つです。

5.今フリーだよ。

mohamed_hassan / Pixabay

私は好きな人の前では、いつも無意識のうちに「今フリーだよ」と言ってしまいます。
これは、彼氏が今いないよということを、言葉を替えてアピールしているのです。

この言葉を言うことにより、好きな人も絶対に私の気持ちに気づいてくれると思います。
もし好きではなかったり興味がない人には、絶対にそのような言葉は言わないでしょう。

逆にそういう人には、彼氏や好きな人がいますよと言ってしまいます。

例え嘘でもそう言ってしまえば、誘われることや言い寄られる心配もないので、気持ちが楽です。

今フリーだよ!というのは、私の好きな人に対する最大限のアピール方法で、実際にこの言葉を言って恋が成就したことも何度かあります。

6.やっぱり私以外の女性に対しても優しいのね?

geralt / Pixabay

好きな人の前で、毎回言っている言葉があります。
「やっぱり他の女性に対しても優しいのね?」というセリフです。

たとえば、好きな人が話をしている食事をしたりお酒を飲んでいたり、こちらが聞いている最中が多いです。

なぜなら、自分以外の女性の話が出てきた場合は、さりげなく深堀りするように会話を誘導しながら、いろいろと探りをいれていきます。
同じ職場なのか、水商売系なのか、友達なのか、どんな分類の関係性があって人づきあいの長さもどのくらいなのを聞きだします。

その女性が困っていて、何かをしてあげて助けてあげたとか、悩みを聞いてあげたなどを言われた場合に、ジェラシーを感じてしまって、「やっぱり私以外の女性に対しても優しいのね?」と気付いたら言葉を言ってしまっていることがあります。

7.あんまり知らないけど、気になってた!

geralt / Pixabay

例えば、男性とお話ししているときに好きな音楽の話になったとします。

その音楽やアーティストを自分は本当に知ってても知らなくてもいうのですが、会話を弾ませるためと、その音楽に興味があるよ!というアピールも兼ねて

あまり知らないけど、気になってた!
聞いて見たいと思ってたんだー!

のような感じで言います。

スポーツでも読書でも内容はなんでもオッケー。

これをいうと男性の方は、オススメだったり、気に入ってる部分などをどんどん話してくれます♪

本当に興味があるなら、そこから話も盛り上がりますし、知らなくても、男性は嫌な気持ちにならないと思うのでよくこのフレーズを使ってしまいます。

基本的に、好きな人の好きな物は私も好きになりたい!と思う派なので自然と言ってしまいます。

8.〇〇さーんと席隣はやだよーあっち行ってよ〜です、本心じゃなく。

まだ片思い状態で友人ラインで遊びにみんなで行ったりするような時ってありますよね。

そんな時ってたまたま近くに座ったような言動だったり、何であんたがそこにいるんだよーっ的な言葉だったり、心と裏腹に言葉が出てしまいます。

貴方に気が無いのよ!

的な演出し過ぎて、何度もその相手が違う人と付き合ってしまったり、相手を悩ませてしまったりと素直になれない自分が居ます。

自分みたいな人間が誰かを好きです〜!って言う勇気も無いし、言ったら断られたりも怖いからだと思いますね。

自分に自信がある女性ならこれも効果抜群ですが、だからこのように好きな人に気のないふりしちゃう女心って理解不能でしょうけど、絶対に一度はあるあるです。

9.褒めたり同調したり、すごい、わかるなどのセリフを口にする。

仕事の話だったり、趣味の話だったり相手側の話を聞いている時、「さすがだね」とか「うん、それわかる」とか「すごいことだよね」など、
相手の目をじっと見つめてうんうんと頷いては、相手を持ち上げるような言葉や相槌をつい打ってしまいます。

興味を持ってくれているのかなとか、理解してくれる人だなとか、こんなに真剣に話を聞いてくれるんだとか、自分自身を印象付けたい、良い受け止め方をしてもらいたいといったような気持ちからついそのような言動になってしまうのではないかと思います。

お酒の席ではもっと熱い眼差しでそうした言動をしていることが多いです。

褒められすぎも馬鹿にされているように誰でも感じますから、そこは気をつけているつもりですが、大げさに褒めているのではなく、気づくとその人の価値観だったり、人生観だったり、仕事への情熱だったり、好きな男性へ対しての心から感心してそうしている自分がいます。

10.暇があるとつい〇〇くんのこと考えちゃう

Free-Photos / Pixabay

本当にそうだから。

こちらが好意を抱いてる相手を誘って、ふたりで出かけることに成功したとき、ならんで歩いてるときやお酒を飲んだとき、あとはデートの終盤や帰り際など、何気ない場面でサラッと言ってしまう。

言った後、ちょっと恥ずかしくなったりしたときは「なんてねー」って言ってはぐらかすこともしばしばあります。

狙って発言しているわけじゃないけど、相手に好意を持っていることは伝えたいから言ってしまう。

言われる方も、デートに応じてる段階で嫌な気分にはならないと思うので。
こう言う発言をすると今度は相手から、誘ってきてくれる確率もグッと高まります。

逆にこれで誘われなかったら脈無しと判断できるので便利な言葉です。
ドキドキしてくれたら嬉しいなと思ってつい言ってしまいます。

言葉に囚われると混乱してしまいます。

さて、いかがでしたか?ここではありと女性が好きな男についつい言ってしまうセリフや言葉。
についてシェアをしていきましたが、真逆のセリフがありますよね。

「うんうん!そうそう!」

といいう一見好意的なものもあれば

「バカ!アホォォォォォ!」

みたいなセリフもありますよね。

言葉だけみればわかんないですよね。

でも、逆に一見脈アリで俺の事好きだな!って言葉やセリフを使っていても「気を使って言っていた」ということも結構あるんです。

こういうことを言うと余計に混乱しちゃいますよね。

そこで大事なのは「言葉だけに囚われる」のではなく、言葉と声のトーンや表情全体をチェックをする。

ということです。

例えば、言葉では「そうそう!そうだね!」と言ってもその反応がタイミングが遅れている場合は「あえて」合わせている場合が多く反応が早い場合は「合わせようとしている意識がある」場合が多いです。

タイミングがバッチリの場合は、本当に共感している可能性が高いんです。

このように言葉だけでなく言葉以外の情報をしっかりと観察していけば、女性の好きな気持ちというのはわかりやすくなるはずです。

つまり、ここで紹介した項目は
「タイミング早く上の言葉」
がある場合が多いです。

ついつい言ってしまうセリフ・言葉=タイミングが早めになりがち。

ということを覚えておくだけで随分女性の好意がわかるようになるはずですので是非参考にしてみてください。