女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

ドキッ!と一発逆転するモテる男に格上げされるギャップを感じた瞬間10選

よく、女性を好きにさせるために
「ギャップを感じさせればいいんだよ!」
的な事が言われています。

確かに、これはその通りでギャップはこれまで恋愛対象でなかった男でさえもズキュン!
と心を射止めて好意を感じ始めることはよくあることです。

そして、ある程度モテる男性は
このギャップの効果を自然と使っています。

そこでここでは、どうやってギャップをやればいいんだぁ!

というあなたに、実際に女性が男のギャップでドキッっとした瞬間のエピソードを紹介した上でギャップはどのように作ればいいのか?

どいういうギャップが効果的なのかについて解説をしていきたいと思います。

1.なんか頼りなさそうだなーと思いましたが仕事をしている姿がかっこよかった。

Free-Photos / Pixabay

最初に新しいアルバイト先の飲み会があり参加したときに、頼りなさそうな男性がいました。

なんかこの人頼りなさそうで仕事もできなそうと思っていました。

見た目がそんな感じでした。アルバイトで彼の仕事ぶりを見ていると、スーツ姿でしっかり仕事をこなしていてかなりギャップを感じました。

また、仕事姿がかっこよかったからギャップ惚れしてしまいました。

男の人って仕事でこんなに能力を発揮するんだーと、一気に憧れる存在になりました。

仕事姿がかっこいいのは本当にヤバイです。
普段とギャップがありすごく憧れてしまいました。
しばらく憧れの存在で仕事が楽しかったです。
普段の姿と全然違って仕事でしっかりしている姿が素敵でした。

憧れていたけど他の職場の女性と付き合ってしまいました。やっぱり仕事でかっこいいから職場の女性にモテてたのでちょっと残念でした。

やっぱり仕事ができる男性ってかっこいいですね。本当に憧れる存在でした。

2.ただ単にテンションが高くて明るい人だと思ってたけどめちゃくちゃ優しかった

Free-Photos / Pixabay

すごくおもしろくてテンションが高い人だなと思っていたのですが、友人が飲み過ぎて吐いてしまったときに、すぐ自分から進んで袋と布巾を持ってきてくれて全然汚い素振りも見せずにてきぱきとお掃除してくれている姿をみて、すごく以外だと思いました。

俺無理なんだよねって感じのタイプかと思っていたのですが、すごく慣れた手つきで片づけてくれたのですごくギャップでかっこいいと思ってしまいました。

何も言わずに掃除してくれて、友人を大丈夫?

と気にかけている姿を見てすごく感動してしまいました。

後日友人と話したのですが、友人もやっぱりかっこよかったと言って意見が一致したので、すごくイケメンな行動だったと感じました。

嫌な顔一つせずに一生懸命掃除してくれていたところにとてもギャップを感じてとてもポイントが高いと感じたことでした。
すごく性格がいいとそういうときに判断できるなと思ったので、とてもいい人で優しいと思いました。

3.クールな印象だったけど・・初めて食事に行った時に・・・

mintchipdesigns / Pixabay

彼と出会ったのは暇つぶしで行った街コンでした。彼も私も友達と参加していましたが、声も小さくあまり積極的に話さなかった為クールな印象でした。友達に無理やり連れてこられてつまらないのかな?と思いました。

LINEを交換し、初めて食事に行った時にまず背が高い事にびっくり!180cm以上ありました。

街コンはずっと座っていたので分かりませんでした。

食事中もそんなに話したりする方では無かったですがとても緊張している事が伝わり、またそれも正直に「今とても緊張している」と言ってきたのが可愛らしく思えました。

容姿はとても良く、遊び慣れてるのでは?
街コンはただ単につまらないから話さないのかな?

と思っていたので、女性に慣れていない感じにとても好印象を受けました。

帰りは車で送って行くと言われ、正直初めて会う方に乗せていってもらうのは危ないのではないかと思いましたが、1日一緒にいてそんな人ではないと思ったので乗せてもらいました。

4.軽い、女馴れしている男だと思ったけど献身的な人柄、優しさに惚れた

GDJ / Pixabay

転職して最初に会った時には、めちゃくちゃ「軽い」人だと認識していました。

その風貌や電話をしている時の声など、外見から感じていたのだと思います。
初めて会った時からにやけ顔で何かと声をかけてくるし、遊び馴れている人なのだな、とも思いました。

周囲にそれとなく聞いてみると、今の奥さんとはW不倫で一緒になったと言うし、その後も度々女がらみの罰で、丸坊主にさせられて出社してきたり、何かとその手の噂には困らない人物のようでした。

私は当初、そんな彼に距離を置いていたのですが、何かと言い寄られることがありました。

ある日軽いおつきあい程度で食事の誘いを受けたのですが、ゆっくり話を聞いてみると、私が思っていたよりうんといい人でした。それは彼が家の中で一人、犬の世話をして出社していること、普段の家事は自分がしていることなどもそうですが、

「実は昨日、ツバメが玄関に落ちていて・・」という話に惹かれてしまったのでした。

たった一羽のツバメのために、仕事の途中で動物病院に走り、手当を頼んだのだけど、やっぱり一度人のにおいがつくと、親も警戒してしまうみたいで・・という話しでしたが、彼の人柄に、私は惚れてしまって、今、お互いが伴侶から別居して同棲生活を初めてしまっているのでした。

5.クールで心が冷たい人だと思ってたが冗談や面白いことをして笑わせようとしてくれた

geralt / Pixabay

職場の先輩だったのですが挨拶をしてもきちんと返してくれなかったり接するときに無表情で仕事の話をしたり、なんとなく嫌われているのかな?という印象がありました。

他の人の話でもその先輩は結構キツイ、仕事に対して厳しい、甘い考えの人は先輩後輩関係なくビシバシ対応すると聞いていたので、異動して同じ現場にくると聞いた時にはものすごく怖い人だと思っていました。

ただ仕事を一緒にしていくにつれて、笑顔も増えてきて真面目すぎると思っていたのがプライベートと仕事に対するそれぞれの姿勢が全然違っていて、

「あ、この人怖くないんだ」

ってものすごくギャップを感じたのを覚えています。

キッカケは仕事はバリバリするのですがちょっとした合間に面白い冗談を言って笑わせてくれたり気遣ってくれたり、意外なタイミングでゆるくなるので人間的に魅力的で面白かったです。

そんなギャップを感じさせる出来事が何回もあったのですが、このギャップの差で絶対モテるだろうな、、、と感じました

6.明るくて落ち込まない人だと思ってたけど悔しくて泣いている姿を見たとき

StockSnap / Pixabay

新入社員ではいった建築会社の同僚で、いつも同期の中心にいて、とても明るくて常に笑っている同期がいました。

男子女子に関わらず、とても人気があり、自然とその男子の周りに人が集まるような空気をもっていました。私もその同期のことはとても好きでしたが、暗い話や悩み事をしたとしても

「なんとかなるよー。だいじょうぶ!」

と笑い飛ばされると勝手に思い込んでいたので、その同期とは深い話をしたことはありませんでした。

偶然、その同期を同じ営業所に配属されて、営業所でもその同期は常に笑顔で悩み事など全くないような雰囲気でした。

ただ、あるとき その同期の担当するお客様から理不尽なクレームをつけられ契約や破談になってしまいました。
同期は「仕方ない!」と笑っていたので、私もあまり心配していませんでしたが、営業所の外で、一人その同期が悔し涙を流している姿を見ました。

その姿をみて、笑顔の裏には、悔しいことや悩みなどたくさんあるんだろうなと感じ、ただ明るいだけでなくとても強い男性なんだなと改めて同期として惚れ直しました。

7.人に無関心な人だと思ってたけど私の話をきちんと覚えてくれていた

nhilbanda / Pixabay

大学生の頃アルバイトしていた居酒屋の先輩は、とてもクールで人に無関心な印象でした。

実際に、私もまともに先輩と話したことがなく、アルバイトの飲み会でその先輩の隣の席になってもほぼ無言の状態でした。

ただ、あるバイトメンバーでの飲み会で私が少し酔っぱらってしまい、自分の好きな芸能人の話をその先輩にずっとしていたようで、次の日のバイトで他のバイトスタッフに

「○○がすごい迷惑な顔してたよ。あれだけ一生懸命話てても、たぶんまったく聞いてないよねー○○は人に興味ないからね。」

と言われてしまいました。

少し落ち込んでいると、バイトが終わったときにその先輩が

「○○が好きって言ってた俳優、あのドラマに出てたよ。若いのに結構演技うまいよね。」

と声をかけてくれました。

私のつまらない話をきちんと聞いてくれていたことがとてもうれしく、その先輩の普段のクールで無関心な印象とのギャップに萌えてしまいました。

8.明るくて完ぺきな人が影で努力している姿を見たとき

今の夫とは大学生の頃に出会いましたが、出会った当時は某大手の会社数社から内定をもらっていて、話もおもしろく友達も多く、サッカーがうまく大学でも有名でした。

当時は、本当に完ぺきで器用な人だなと思っていて、部活や終活やバイトなどで忙しくしていても全く疲れた姿を見せることもなく、サッカーの練習をしている姿も見たことがありませんでした。

また、いつも自信満々だったので、この人は努力することとは無縁だろうなとも感じていました。

ただ、いざ付き合い始めたら、夜にいつも筋トレを必ず1時間し、サッカーの練習も毎日2時間以上していることを知りました。また、就職活動中のエントリーシートや企業研究や自己分析シートなども膨大な量で、驚くくらいしっかりしていて、衝撃を受けました。

それまでは、完ぺきな人で心を開きにくかったのですが、そのギャップを見て改めて惚れ直し、より色々な深い話をできるようになりました。

9.冷たい人だと思っていましたが子供に見せた笑顔と優しい態度

大学生の頃初めてバイトをした居酒屋で出会った1つ上の先輩は、背が180センチほどありひげがはえていて、いつもムスっとしていました。

無駄なおしゃべりをすることもなく、バイトの仕事も完ぺきで、すべてを完ぺきにこなす人でした。また、当時その先輩が付き合っていた彼女も同じバイト先にいたのですが、その彼女にもそっけなくて、あまり優しくしている姿を見たことがありませんでした。

ある時、バイト先の居酒屋で結婚式の2次会があり、子連れのゲストの方も何人かいらっしゃいました。2歳か3歳くらいの男の子が店内を走りまわっていて、料理やドリンクをもっているのでぶつかると危なく、私たちも少しいらいらしていました。

すると、その先輩が、メモ帳で手裏剣や剣をさっと作ってあげ、その男の子の遊んであげていました。私たちは見たことがないとても優しい笑顔で子供に接していて、そのギャップにかなり萌えてしまいました。

普段はクールな印象でしたが、本当に優しくてこころの温かい人なんだろうなと思いました。

 

10.怖い人だと思っていたけどじっくり話をしたときの話し方や発言を聞いた時

Russell_Clark / Pixabay

とにかく、顔が怖かったんです。後になって私の母がその人会うために玄関先に迎えに出た時に[ヤクザが車から降りてきたかと思ったわ]と半分冗談で言ったほどです。

無表情で何もしゃべらないとイカつい顔しています。

体もゴッツい感じなので、殴られないようにしようと思ってしまうような雰囲気がありました。

あとで、分かったのですが最初は多少緊張していて無口になってしまったし、顔もこわばっていたとのこと。

でも、一対一で話をしてみると真面目だし、あんがい茶目っ気もあり、ユーモアも持ち合わせている人でした。人は見た目とは違うなとギャップ感じて、余計にその人に興味を持ち、まだどんな見たことない顔があるのかと知りたくなりました。

ギャップがあるというのは人をこんなにも惹き付けるものなのだと実感しました。

注意深く観察するようになって、新たな発見があるといいものを見つけたという気持ちになりました。その人は今の旦那です(笑)

ギャップはあなたの表面的人格の反対の人格から表現される

よく、モテるマニュアルとかではキャラを作ることが大事だ見たいなことが言われていたりします。

そして、そういうことを言っているマニュアルに限って
ギャップが女性は好きだからギャップのキャラも作りましょう!

的なことも言われていたりするのです。

しかし、そもそも僕達人間の人格は1つではなくていろんな人格があって誰もが多重人格的な要素があるものです。

あなたもそうではないでしょうか?

狙った女性や好きな女性の前だとよく見せようとしてたり・・・
皆には〇〇だと思われてるからそれを演じてるけど実は・・
緊張してリラックスして話すことができないけど家では・・

というように誰だってもう一人の自分くらいはいるはずです。

まじめな自分がいれば、はっちゃけたい自分もいますよね。
面倒くさがりの自分もいれば誰かのせいにしたい自分もいますよね。

そんなあなたをすべて出す!

必要はありません。

そんないろんなあなたの最も自然体でチカラを出せる自分を表現してみるのです。

これまで出さなかった自分を相手に見せてみてください。できるならば・・あなたが表向きに出している自分と真逆の印象の自分を出す。

ここが最大のポイントです。

ギャップを作り出すというよりもギャップである自分自身を見せること。

そのためには、最低限自分自身の弱い部分やダメな部分を包み隠さずに認めないとこのギャップって見えてこないのだけは覚えておいてくださいね。