男の魅力

男の魅力

こんな男はモテない!?性格が悪い男に多い6つの特徴と好かれるための最低条件

女性が「会話もしたくないし、この人とは絶対付き合いたくない!」と思う性格が悪い男性の特徴を知っていますか?もしかするとあなたにも性格が悪い男の要素があるかもしれません。

どんなところが女性に嫌がられるのかを知ることで皆から好かれる男性になれます。今回は女性が嫌う性格が悪い男の特徴6つと、女性に好かれるための最低条件をご紹介しましょう。

一体どういう性格の男は女性に毛嫌いされるのか、好かれるためには何が必要か自覚しておくだけでも、あなたは女性から恋愛対象に見られる素敵な人生を歩めるのです。

続きを読む

本当にいい男がもつ11の特徴!具体例を絡めて紹介

みなさんは、いい男に出会ったことがありますか?職場や友人にいい男と思える人は居るけれど、なぜその人に魅力を感じるのかいまいち掴めないかたもいるかもしれません。

この記事を書いてる私は「本当にいい男」に過去、8人出会っています。

そもそも「いい男」ってどんな男性でしょうか?

いい男には特徴があるんです。特徴を知れば、その裏にある共通点も見えてきます。

「本当にいい男は、こんな時こうする!」な、具体例もあげつつできるだけ分かりやすく紹介していきます。

・いい男になるためのヒントをみつけたい
・そもそも、いい男ってどんな人だったかを整理したい
・ある男性に不満や疑問をもっているが、自信がなくなってきたので自分の価値観を確認しておきたい

上記に心当たりのあるかたは、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

数あるブサメンが熱烈に女性にモテたエピソード6選|実例から学ぶ女性の心を鷲掴みにする秘訣

よく、ブサメンはモテない!
ルックスが悪いとそれだけでマイナス評価。
やっぱり顔がいいやつのほうがモテる。

みたいに言われていています。

恋愛で妥協した出来事18選|実は女性にとって〇は妥協する要素だった!の記事では多くの女性にとって恋愛において「ルックス・顔」は妥協点でしかないというお話をしましたが、こういう話をしても、自分が不細工だと思っている人は

「妥協であれ、イケメンであったほうがいいに決まってる!」

と思いますよね。

確かに。

最初の印象の段階でイケメンよりもブサメンのほうがプラス評価になるのは事実ですし、相当なブサメンならばマイナス評価からスタートである可能性が高いので不利なのも事実です。

でも、だからって

ブサメン=モテない。
ブサメン=女性に好かれない。

というようにブサメンだからモテない・女性に好かれないと
完全にイコールになっているのか?と言われたらそうでは
ないのです。

実際のところブサメンのほうがイケメンよりも圧倒的に魅力的だと感じさせるポイントがあるのも事実です。

「いやいやいやいや・・とはいってもでも俺はそんじょそこらのブサメンじゃねーんだよ・・」
「そんなのあるわけねーだろ!このクソが!」

と思うかもしれません。

そこでここでは、実際にブサメンに恋をした女性達がどうしてその男性を好きになったのか?について語ってくれているエピソードを〇つ紹介していきます。

そして、ブサメンだからこそイケメンよりも女性に特別視されるメリットについても解説していきますので自分はブサメンだからと諦めたくないのならば…是非読んでみてください。

参考になる部分もあると思いますが、それ以上に!

あなたが諦めずに恋愛に取り組めるようになる勇気づけにはなるはずです。

続きを読む

【事例付】女性が器が大きい・小さい男と感じる瞬間9選|器の広さとは一体何なのかがこれでわかる!

さて、このサイトでは器の大きな男になるためには?
器の小さい男の特徴などに関しても解説しています。

が!!

実際に女性はどういう時にどんなアクションをしてくれた時に「この人は器が大きいなぁ」と感じるのか?

までは解説していません。

「どういう行動をすれば器が大きいと感じるのか?」

というものが存在しているのではなく、器の大きさというのは考え方や心の余裕。
物事の見方や視点の幅広さによって決まるので、「この行動をすれば器が大きい!」と一概には言えないのです。

しかし、実例があったほうがわかりやすい。

というのも確かですよね。

そこで、ここでは実際に女性達が「こういう時、器の大きい男ならこうする!けど器の小さい男はこうする」というのをわかりやすく実例を交えたうえで紹介をしていきたいと思います。

これによって器の大きい男と小さい男の具体的な違い。
というのがわかると思うので是非最後まで読んでみてください。

器の大きさ・小ささというのがこれを読むことでより明確にわかるはずです。

続きを読む

自分色に女を染めたいと思った男達の末路12選|から学ぶ本当にあなた色に女性が染まってしまう方法

よく、クライアントさんの相談とか男同士で話していると
「やっぱり若い子のほうが自分色に染められるからいいよねぇー」
みたいなセリフを聞きます。

確かに、既にいろんな絵が描かれたキャンパスに絵を描くよりも
真っ白なキャンパスに絵を描いたほうが簡単に自分の絵がかけますよね。

消すにしても何を使って書いたのか?
によっては消せませんし・・・。

確かに恋愛をするのならば自分の思い通りに進んだ方が、ストレスなく恋愛ができるように見えるかもしれません・・・。

しかし、自分色に染めようとしても・・

染まらないどころか、一見染まっているように見えても
後に大きな歪がうまれる可能性もあるのです。

また、中には自分色に染めるつもりはなかったけど無意識的に自分色に染めようとしていた。

というパターンもあります。

そこでここでは、数ある男達が自分色に染めようとした女性視点のエピソードと女性がその時一体何を考えていたのか?何を感じていたのか?そして、その末路はどうなったのかについて紹介していき・・

染めようとするほど染まらない理由。
本当に染めるための秘訣。

までを解説をしていきたいと思います。

もし、あなたが彼女を本当の意味で染めたいと思っているのならば、後に大変なことにならないためにも必ず読んでおいた方がいいです。

続きを読む

女性が「この人男らしいなぁ」と感じる瞬間12事例|男らしいと女性に感じさせる絶対必須の2要素

友達以上、知人以上として、尊敬できる!と女性に認識させてもらうためには・・・
「この人男らしいなぁ」
と男として認識をしてもらう必要があります。

男として認識されないうちは、基本的に女性に恋愛対象に見られる事はありません。

それどころか・・・

部下ならば尊敬もされにくいし特別視されることもないのです。

つまり、女性に「この人男らしいなぁ!」

と思ってもらうことは恋愛の上でも仕事でもありとあらゆる面で非常に重要なファクターなのです。

「でも、俺って女っぽいって言われるし・・・」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、女性が男らしいと感じてもらうためには、100キロのバーベルを持ち上げたりゴリゴリ押せ押せにならなくても感じさせることができるものです。

逆に男視点からみる男らしさというのが、女性が必ずしも
男らしいと感じるわけではないのです。

そこでここでは、女性達が男をみて「この人男らしいなぁ」と感じた代表的な瞬間を12個紹介したうえで、その事例をもとに「女性はどんな要素があれば男らしいと感じるのか?」という心理的な側面について解説をしていきます。

この要素を少しでも取り入れるだけで・・・

以前よりもあなたは女性に男らしい!と感じてもらいやすくなるので是非ご覧になってください。

そして、女性にとっての男らしさと男からみた男らしさの違いを理解してアプローチをしていきましょう!!

続きを読む

【無料】恋愛関係を支配する法則
計1万名以上が絶賛した計170Pのレポート
無料】恋愛を支配する法則
1万名が絶賛!170Pのレポート
ariko