運動も必要なし!?5kg痩せた簡単ダイエット方法5つ


おそらく、ダイエットをするのならば出来るだけ簡単に筋トレも運動も食事制限もせずに簡単に楽に痩せたいと思っている人はかなり多いでしょう。

もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

確かにメディアなどでは、○○ダイエットとか言って一時的に何かブームがおこっては消え、また新たなダイエットがうまれるみたいな現象がよくありますが、原理的にダイエットは何の負荷も与えずに痩せることはほぼ不可能です。

しかし、ちょっと日常生活を変えるだけで特別な運動をしなくても少し痩せる事はそれほど難しくはないかもしれません。

なぜなら、痩せるためには
脂肪を燃焼をし脂肪を増やさない事
をするだけですから。

もちろん本格的にダイエットをするとなるとそれなりに運動や筋トレやある一定の食事制限というか適切な栄養を摂取する必要はありますが、5キロくらいならばそれほどやることはないかもしれません。

やる事はそれほど難しくはありません。

生活習慣をちょっと改善するだけでいいです。

そこで、今日は僕が本格的にダイエット&筋肉をつける前に行動をすれば痩せるんだという事を実感するために一番最初にやった超簡単な日常生活から特別な運動をせずに5kg痩せるためにやった生活習慣で改善した事を紹介していきます。

これは、本格的にダイエットや筋トレをする際にも取り入れられるので他のダイエットとセットにして実践してもらえれば効果は倍増になるので是非試してみてください。

SPONSORED LINK

1,正しい姿勢

まず生活改善の第1歩目は非常に基本的な行動習慣になります。

そのためにやることは・・【姿勢を正すだけ】なのです。

実はそうすることで今まで使っていなかった筋肉が使われ、基礎代謝のアップに大きくつながるのです。

人は誰も、日々の生活において最も楽な姿勢をとってしまいます。

その結果、筋肉がバランスよく成長しないのです。

このバランスの悪さを矯正するだけで、今まで使っていなかった筋肉を使い、かつ、姿勢が良くなるのです。非常に簡単なことですが、これは意識的に改善しないといけません。

あなたが無意識にキレイな姿勢がとれるまではちょっときついかもしれませんが頑張りましょう。

毎日出来、24時間いつでもどこでも0分で出来る最初のエクササイズといっても過言ではありません。

まずこの【正しい姿勢】から始めましょう!

 

2.早寝早起き

これもまた筋トレなどには大きく影響しないように見えますが、実は短期間で効率よくスタイルアップするためには必要不可欠な要素なのです。

早寝早起きには大きく2つのメリットがあります。

(1)きちんと朝ご飯を食べることが出来る
(2) 朝のトレーニングが最も筋肉がつきやすく、脂肪も燃焼しやすい。

それぞれ具体的に解説をしていきましょう。

(1)きちんと朝ご飯を食べることが出来る

トレーニング期間中は体脂肪を減らすために食事制限をする人が多く存在しますが、
決して食事制限をしてはいけません。

詳しくは他の記事でも書いていますが・・

筋肉をつけるためには、きちんと食事をしないといけないのです。

食事制限をすると、せっかく強化した筋肉が減ってしまう可能性があるからです。

このように朝の食事は決して欠かすことの出来ない栄養補給です。

朝の早起きすることで決して「朝抜き」の生活サイクルからの脱却し、しっかりと朝栄養をとったりちょっと体を動かして体を慣らしておきましょう。

 

(2) 朝は脂肪の燃焼が効率的。

筋肉アップだけを目的とすると朝のトレーニングでも夜のトレーニングでも効果の違いはあまりありません。

しかし、ダイエットには体脂肪の燃焼も必要です。
その点を考えると朝の運動はちょっとした運動でも最も効果的なのです。

朝は血中の遊離脂肪酸が燃焼しやすい状態になっているため、昼や夜に運動するよりも、エネルギー消費として、脂肪が使われやすいのです。

特に朝食前にちょっとした運動は脂肪が燃焼しやすくなっているので最も効果的と言えます。キッチリ早起きして体を動かす→朝食の流れが最も効果的な生活スタイルなのです。
慣れてない人は最初はきついと思いますが必ず早寝早起きの習慣化に励んでください。

あとは睡眠の質をあげることも大事ですね。しっかりと体を休めさえてあげないと肉体疲労はとれないので特に本格的にトレーニングをするほど睡眠の質もあげられるので、この方法になれたら睡眠の質もあげることを考慮にいれておいてください。

 

3.早歩きの習慣

これもトレーニングを別途行わなくても出来るエクササイズ。通勤時はエスカレーターなどをあまり利用せずに、常に階段を使用したり、早歩きの習慣をつけましょう。

また、歩幅を3センチ程度意識的に増やすなども効果的です。

速度をあげたり負荷を高めることによって通常よりも2倍近くの消費エネルギーがあります。歩幅を3センチ増やすだけでも15分のウォーキングで4倍のエネルギーを消費できるのです。

つまり、1時間歩いたのと一緒になるわけです。

それを1か月続ければ、

15分×30日=450分で1時間×30日=1800分

分のエネルギーを消費できることになります。

つまり、1日15分の通勤や買い物で歩く時間を1日1時間歩いた事にすることができるのです。それを毎日繰り返せば正にチリも積もれば山になる理論ですね(笑)

 

4.食事の仕方の改善

これは他の記事で詳しく説明していきますが、一般的に食事のカロリーや糖質を減らすというのがダイエットでは一般的な常識です。

もちろん、それはそれで必要かもしれません。

実際、今では著者もある程度やってはいます・・。しかし、最初の5キロを落とした時にやったのは食生活そのものを改善するのではなく食事の仕方を改善したのです。

やることは非常に簡単で、

・消化の早い食べ物から食べる・・生野菜から食べる
・噛む回数を増やし満腹中枢を刺激・・咀嚼をする

この2つだけです。

食事を減らそうとしたり、食生活そのものを変えるよりも食によって自分の体がどう変化をするのかを体感するのにはもってこいです。ここで体感ができれば食生活そのものを変えるモチベーションもうまれてきます。

食事を制限するのではなく、食事の質を変えることがダイエットや筋トレでは非常に重要なポイントになるはずです。

 

5.アウトプット力

さて、これまではちょっと日常生活での行動についてお話ししてきましたが、同時にやっておいたほうがいいことはアウトプットをする事です。つまり、今日何をしてどこら辺を意識してやったのか?

これまでの4つをどのくらいできたのかをアウトプットする事です。

紙に書いたほうがいいですが書かなくても寝る前に振り返ってアウトプットしましょう。

なぜ、これが重要なのかというと僕ら人間は1日の8割を無意識的に活動していて、自分が今日何を考え、どんな行動をどのような状態でやったのかを思い出すことがなかなかできないからです。

例えば、1週間に3日だけ上の項目をやったとしてもですよ。

人によっては「やった」ともいえるわけです。

つまり、自分に言い訳をしはじめるんですが、これをやっているといつまでたっても痩せることはできません。なぜなら、毎日意識してやったほうがいいことを3日間やっただけで毎日ちゃんとやったと自分に言い聞かせてしまっているわけですから・・。

だから、今日はできなかったらできなかった。
ここまでやったけど意識して忘れてた時があった。

ということを振り返ってみることはすごい大事です。

毎日を意識的に生きるのです。

それができれば、「明日はもうちょっと頑張ろう!」って思いやすくなって自分を自制しやすくなります。ぜひ、やってみてください。

 

痩せられるかも?のかもが大事。

いきなり、これまで挫折を繰り返してきたり、一気に筋トレやダイエットしようとしたりするのが悪いわけではありません。じかし、そういった負荷が強いことをイキナリすると当然挫折する可能性も高まります。

これまでの習慣を変えるには変えるだけの行動をするための動機が必要だからです。

痩せるために今日から活動しないと死んでしまうかもしれない!

そこまで追い込まれれば誰もがやるかもしれません。しかし、そうでない限りはなかなか難しいものです。それならば「自分でも痩せられるかも?」というちょっとした成功体験を積んだほうがやる気になるはずです。

ここで紹介した簡単ダイエット法ですが、やることは本当に日常生活をちょっと変えるだけでできることばかりです。もちろん全てやらなくても、運動と食事だけを変えるだけで全然効果が表れるはずなので是非まずはベイビーステップからでいいので体型が気になるけどダイエットや筋トレが出来ないという方はここから始めてみてください。


10,974名が驚愕!”恋愛関係を支配する法則”無料プレゼント

 今やネットを調べれば、このサイトを含めて色んな恋愛のノウハウやテクニックが転がっています・・・または恋愛相談もできるところも沢山ありますね。 
 
よく、 
「ルックスがよければ、会話が面白ければ、金があれば 
学歴があれば、スポーツができれば・・・・モテる。」 
なんて言われていますが、それは嘘です。 
 
そして、 
「女性を操れば、テクニックを学べば・・モテる。」 
こういうもよく言われてる事も嘘です。 
 
または 
「誠実であれば、やさしければ、マメならば、モテる。」 
こういう綺麗事も嘘です。 
 
はたまた、 
「一生懸命頑張れば必ずモテる!」 
なんて精神論も嘘。 
 
褒めればいいとか、ギャップが大事だとか会話はこうしろ!とか、こうすれば脈アリだとか・・色々言われてますが、実はこんなんじゃ”本当”に女性を圧倒的に好きにさせる事もモテることもできません。 
 
そして、恋愛テクニック論者からも「まだ付き合えていません」「モテません。」って人を見ると決まって同じようなことをしていたりします。 
 
無意味にマメになったり・・・ 
無意味に押したり引いたり・・・ 
金と時間をかけて女性に尽くしたり・・・ 
頭も使わずにテクニックを実践してみたり・・ 
 
そして、苦しんでいます。 
 
彼女ができない・・・ 
モテない・・・ 
一人ぼっちだ・・・ 
寂しい・・・・ 
苦しい、辛い・・・ 
どうしたらいいんだ・・・ 
 
そして最後には俺はもしかしたらそういう星の下にうまれたのか・・・ 
と思い恋愛なんてくだらないと諦めてしまいます。 
 
もちろん一時的には効果はあるかもしれませんが、結局はモテ期は去ることになります。 
 
そうではなく、まずは本質を学びませんか? 
 
僕はこれまで、心理学や脳科学、NLPなどなどあらゆるものを学び実践を繰り返す事で、女性達を圧倒的次元で好きにさせてしまう戦略と手法を見つけたのです。(実際、無料メルマガを読んで彼女ができたとか変化を感じているという声を多数いただきました。) 
 
そして、これまで僕もうつで引きこもり人と話すのも苦手なところから・・100人の女性を抱き、最愛の女性と幸せな夫婦関係を手に入れました。 
 
そして、好きな女性や狙った女性を好きにさせる方法、その法則からテクニックまで・・・ 
 
ステップバイステップで無料メール講座で公開しています。 
 
もし、現在「好きな女性と付き合いたい」「彼女が全然できない」「狙ってる女性をオトせない」「モテない・・・」という場合、もちろんそれだけでなく「他の男に奪われたくない・・」「彼氏持ちを好きになった・・」という場合・・ 
 
または「自分に自信をつけたい!」という場合でも登録をしてみてください。 
 
年齢問わず半永久的に使え、あなた自身の魅力を格段に高めることによって、 
あなたにとって何らかの変化のキッカケになることはお約束します。 
 
興味があれば今すぐ下記のフォームにメールアドレスを入力し登録を完了させてください。 

 
 
※もちろん内容が気に入らなければすぐに解除することができます。 
 
登録したら170ページに渡る「LOVE CONTROL~恋愛関係を支配する法則~」を無料で手に入れる事ができるので試しにレポートを読んで解除してもいいと思いますよ。 
 
メルマガの感想の一部を紹介

フジもんさん
衝撃と刺激を受けました。ここまで!!ここまでわかりやすく書いてくれんのぉ?!てな感じで見てましたよ。(笑)このlove control……恐らくあと100回は見直して活用していくつもりです。
しばさん
無料でこんなに価値あるレポートを頂けるなんて、アリアスさんは器が大きすぎます!僕は美容師なので、女性と触れ合う機会はおおいですが、お客様を恋の相手にするのは気がひけます。このレポートを実践したいので、出会いの場をもっと増やしたいと思います!!!
フジもんさん
レポートやメルマガは印刷して毎日読ませていただいてます。今まで1人の女性をとことん愛して他の女性には目もくれない、大事なのは見た目じゃない大事なのは中身だ、なんて思ってたので目から鱗でした。実は僕はある女の子に先日告白しました。2度目でした。彼氏がいるってことでフラれました。でも俺は1度男を磨きなおしか彼女を振り向かせたいと思います。そのために女の子との交友関係を増やします。先生に誓います。僕は男を磨きます!
Hさん
この度は「LOVE CONTROL」を読ませて頂きました。やはりご自身で体験され大変なご苦労と共に実績を積まれ私とすれば一生に残る大変貴重なものになりました。但しこれを実践し自分のものにしなければ何の意味もない。そうですよね
harajukuproさん
3つのルールを読みました。とても有難い内容で、自分の行動に取り入れたいと思います。とても共感できる内容で、筆者が、いい男だな、と思いました。私も、不変で唯一の個性のある、いい男でい続けたい、と思います。良いメルマガのご提供、有難うございます。
kanyさん
レポートありがとうございました!本当に無料でいいんでしょうかってくらい役にたってます!上手く言った時を思い返すと、4Gをやっていたなと納得しています。間違ってなかったと確信できたり、逆になんでダメだったのか理由がわかったり( ;´Д`)笑

 

ABOUTこの記事をかいた人

オス部を運営する恋愛コラムニスト、計10,974名以上のメルマガ発行者。言語化できない恋愛・人間心理の探求し続け楽しみながら魅力的な男になる男を研究しつづけている。(プロフィールはコチラ