冷却期間中にやってはいけない10の行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冷却期間中にやってはいけない10の行動

おそらく、復縁をする際にどれだけやり方を学んでもマニュアルを学んでも、撃沈してしまう方はかなりいます。

もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

今では、「復縁を成功させる方法」に関してはネット上に沢山ありますが以外と「やってはいけないコト」に関しては触れられません。

普通の恋愛と違って復縁は、自分のとてはよかれと思ってやっていることが、元カレや元カノにとっては嫌いになることだったと言う事になりかねず最悪会う事さえも拒否しかねません。

ゼロから付き合って告白をするにしても友達に戻れる可能性はありますが、復縁の場合関係を維持することさえできないかもしれないのです。まずは「成功する方法」よりも「ダメな事」を学ぶことが先です。

そこで今日は、復縁の際にやってはならない事を紹介したと思います。基本的なこともいくつかあるかもしれませんが改めてご覧になり実践をしてください。
SPONSORED LINK

1. 復縁中で最大のリスクが高いのが”冷却期間”と….

まず、最も注意しなければいけないのが復縁の際最もうまくいかない人のパターンとして多いのが冷却期間中と別れ方です。実際、多くの人が別れ方と冷却期間の過ごし方でうまくいっていない。

別れた理由は先が見えない・価値観が合わないでした。自分は結婚したかったので引き止めましたが無理でした・・・・。7月に寄りを戻そうと自分の思いを伝えましたが今は誰かと付き合うのは考えられないと言われました。もう少し時間を置こうと思い1ヶ月待ち昨日、メールして良い人出来たかと聞いたら付き合いたい人が出来たと返信が来ました・・・。

別れてから1ヶ月経ちました。自分から4日間くらいの間を置いて電話したりメールしたりしてました。。

これはWEB上にあった復縁の失敗談です。

見てもらえばわかると思いますが、「別れ方」1つで復縁までの期間が変わるくらい別れ方というのは非常に重要ですが、驚いた事に別れる際に相手の「別れたい」という気持ちをを無視して復縁を迫るだけ迫ってしまう人が多い。

そして、復縁ができない人ほどこれはついついやってしまいがちな事です。

逆にうまく行く人ほど別れ方、冷却期間の過ごし方の本質をしっかりと抑えています。

1-1:なぜ別れ方が重要なのか?

もちろん「いかなる付き合いをしてきたのか?」は確かに重要ではあるんですが、それよりもまずは、別れ方のほうが復縁の際には重要なんです。

別れ方がしっかりしていれば、ある程度の事はよい場合が多いです。

そもそも復縁は「別れる事はいい事だ」と思っている相手と、「別れたくない」という気持ちがあるからうまくいきません。相手の選択を否定していることになるわけですから、相手としてはそこに不快感を感じずにはいられないわけです。

だから別れる際には「相手の意見を汲み取ちながら自分の気持ちを伝える」というのが非常に重要になってくるし、後の可能性を見出すためには絶対に重要になります。

しかし、この別れ方のポイントを意識していないと相手は「否定された」と思っているため、結果的に「私の意見を受け入れてくれない」と思われどんどん嫌悪感が高まることになってしまうのです。

1-2:冷却期間は記憶喪失と変化のために必須!

そして、冷却期間は感情に振り回されている状態を冷静にさせる効果、そしてあなたと元カレや元カノとの思い出を「良いもの」として認識してもらうためにあります。そして、その間にあなた自身が別れから学び成長をするためにあります。

で、別れた直後、もちろん別れ方にもよりますが、あなたから復縁を迫られたりすることを異常に警戒をしています。そんな時に相手に「復縁をしたい」と言うことを察知されてしまうと相手はより、復縁なんかしたくない・・・下手をするとストーカー扱いをされてしまうのです。

なので、復縁をする際には、別れ方&冷却期間の間はある意味行動ではある程度身、慎重にしないといけません。

 

 

2.別れる時にやってはならない5つの行動

まず、別れを告げられた時にいち早くやめておいた方がいい行動。つまり、別れ際にやってはならない行動は「ありがとうで終われない関係」にすることです。

この方向にもっていくことも出来ない状態では復縁をすることは出来ないと言う事を覚えておいてください・・・・では具体的にどのような行動が主に別れ際でやってはいけないことなのかを具体的に解説をしていきましょう。

2-1:復縁を迫りすぎる。

相手は別れたい、別れようと思っているのにもかかわらず、相手の意思も無視して復縁を迫りすぎると相手は「自分の意見を否定されている」と思われます。これをやればやるほど相手はあなたと別れる理由をどんどん増やしていってしまうため絶対にやってはいけません。

もし、やってしまってまだ嫌われていないのならば相手の選択を無視した事を謝りましょう。あなたにとって復縁は最悪の事態でも相手にとってはいい事なのです。

2-2:変わる!もうしない!と言う。

これもよく言う言葉です。「もうしないから別れないで・・・」「私、変わるから!」と。しかし、それが物質的(機能的)なものであるほど面白いくらいにうまくいきません。そして、もう一つ言えば人は変わると言って変わることはないのです。

大事なのは今この瞬間に自分の何が至らなくてどうしていけばいいのか?を考え行動に起こすことです。「言葉で言う」のではなく「行動に表わしそれが前向きである」必要があるのです。

最初は「変わる」も「もうしない!」もいいでしょう。しかし、それが繰り返し繰り返し行われているのであれば相手は「変わらない」と思うのは当たり前の話です。言うのはいいですが今すぐ自分のマインドも行動も改革しましょう。

2-3:自分の気持ちを言わない。

先ほど、復縁を迫らないと言いましたが、だからと言って「うん。いいよ。別れよう。」と言う事を言いましょう!という意味ではありません。

自分の主張は言ったほうがいいです。「私は好きで一緒にいたいと思っている・・」「でも、あなたが本当にそう思っているのなら仕方ない」というスタンスの言葉を言えるかどうかが大事だし本当にそう思えている状態が大事です。

あなたの相手の事を好きな気持ちは必ず伝えましょう。

2-4:しつこく連絡・会いに行こうとする。

もちろん、まだ別れ話もあまり感情的になっていない場合なら話し合いもありだと思います。しかし、だからと言ってシツコク連絡をしてしまったりとにかく会おうとか思ったりするのもやめてください。

目的が「お互いにとってどちらが幸せか?」を目的にして話す話し合いならいいですが、「あなたが寄りを戻すだけの気持ちを伝える」為だけに会ったり連絡をしまくるのはやめにしてください。

2-5:ネガ行動で注意をひこうとする(自殺やリストカット)

リストカットや自殺をしようとするなどのネガ行動で相手の注意を引くのは、ある意味効果があったりすることもあります。でも、そんなことを繰り返しても相手にとって「あなたと一緒にいて幸せになれる」「楽しくなれる」とは思われる事はありませんよね。

確かに最初は気を引くかもしれません・・・でも、そんなので繋ぎ止めた恋愛感情はネガなものしか生み出せませんし、繰り返すほど相手も嫌気がさしてきます。「一緒に地獄に落ちて」と言っているようなものです。

そうではなくて、あなたが幸せになり相手と一緒に幸せになる道を探してください。

 

 

3 冷却期間中にやってはならない5つの行動

冷却期間は、別れ方と実際の付き合い方によって期間は変わります。既に今は友人関係でいられる状態ならばまだいいですが、そうでないのなら基本的に無理矢理接点を作ろうとしないほうがいいです。

私の場合は、綺麗に別れる事ができてもある程度時間を置くようにしています。(1ヵ月~3か月)そっちのほうが相手も心にのこって自分が求めているものは何かを考える事ができるしゼロスタートできますからね。

常に私が意識していたのは「別れてからも恋愛でなく人として関われる関係」です。しかし、多少なりとも冷却期間が必要な恋愛の場合は以下の行動には注意してください。

3-1:用事もないのにメールや連絡をする

冷却期間中は、基本的に元カレや元カノは、「復縁を迫られる」という警戒心を持っているため心を開くことはしません。その為、用事もなく連絡をして電話を取る瞬間、メールの返信をする際に「どーせ復縁を迫ってくるのではないか?」「探りをいれているのではないか?」と警戒をされてしまいます。

なので用事もなくとにかく連絡をしようとするのはやめてください。相手のためになる理由があってメールや連絡を取り合うならいいですがそうでないのならやめておいたほうが賢明です。(特にメールの返信などで感情言語がない場合、ネガ系の感情が含まれている場合はやめるようにしてください)

3-2:復縁したい気持ちを察知させる行動や言葉

あなたの●●なところやっぱいいよね!くらいならばいいですが、復縁をほのめかすのはやめてください。察知をされてはいけません。これは恋愛とかでも実は相手が好きでない場合は基本的に「好き」だと察知されないほうがいいです。

なぜなら、好きだとわかると自分が好きでない場合「どうやって断ろうか?」を考えるからです。これは警戒心が強くなってしまっている復縁の場合はより色濃く表れてしまいます。もし、言うにしても相手に負担にならないように冗談にしてあげればいいとは思います。

3-3:物的なものだけで気を引こうとする

例えばモノやお金で気を引こうとはしないでください。特に別れ方が悪かった場合、何度も復縁を迫ってしまった場合、冷却期間中は「モノや金」で釣ろうとすることは相手にとっては、「どうせ裏があるんだろ」と思われ余計に警戒心が強くなってしまいます。

ならば、「久しぶりー!元気してるかなと思って」くらいのほうがまだマシです。

3-4:干渉や探りをいれようとする

元カレや元カノに新しい恋人ができたのか?とか好きな女性がいるのか?などの探りをいれるのはやめにしましょう。探りを入れているとどっかから元カレや元カノにバレてしまうことにもなりかねません。また本人に干渉をするのもナシですからね。

相手にとっては既にあなたは過去の存在。私達がすることは「新たな関係」を作ることであって過去にすがることではないのです。

3-5:肉体だけの関係になる。

これは特に女性の場合に気を付けてほしいのが、体だけの関係になることは気をつけてください。「このまま体だけの関係でいいや」と相手に思われてしまいます。恋愛は物理的なものも確かに大事ですが、それは心があってこそだということは忘れないでください。

気持ちが満たされそれを行動に表わすことが大事ですよ。

 

 

最後に….

人が人をなぜ好きになるのか?そのために自分はどうあるべきなのか?相手にとってどういう事が相手の負担になり喜びになるのか?その本質を知っている人はこれらの事はやりません。そして、やったとしても相手に負担にならないように冗談にしたり、それ以上に変化や成長をしたりしています。

自分の意思を伝え相手の意思を受け入れる・・・これこそが復縁をする上で、いや、恋愛関係をよりよいものにする上で最も大事なことだと私は思っています。そういう意味では復縁は相手との関係性をより深くするためのスキルやあり方を身に着ける最高の学びになることは間違いありません。

しかし、まずはこれらの行動に気を付ける事。相手がこれらをされたらどうなるかを考えて自分だけでなく相手を幸せにすることを考えてほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料:プロ復縁工作屋の復縁チェック

テクニックややり方という小手先の復縁をしても無意味です。自分が不幸せな人が相手を幸せにできないように復縁は根本的な原因を解決しなければ復縁は不可能です。

復縁は寄りを戻すのではなく過去から学び新たな関係を構築しなければならないのです。そんな本質から復縁を手助けをし、その成功率87.3%を誇る復縁工作屋

・自分でできる復縁可能性チェックテスト
・復縁に成功する人・失敗する人
・復縁成功のための3つの秘訣

などなどを復縁メソッドの一部を無料で知ることができます。過去から学び未来に活かす復縁ができるあなたになるためのヒントが詰め込まれているので是非下記からご覧になってください。

女性版はこちら
dansei

※このサイトは有料の講座と講座も提供していますが必要ならばお申し込みください。教材内容は確認しましたが本質をついた素晴らしい内容になっています。

SNSでもご購読できます。

【無料】恋愛関係を支配する法則
計1万名以上が絶賛した計170Pのレポート
無料】恋愛を支配する法則
1万名が絶賛!170Pのレポート