おすすめ

「好きになる理由はわからない」から学ぶ女の恋愛心理の1つの原則

よく、女性にどんな男が好きですか?好みですか?付き合いたいですか?

という質問をすると「優しさ」「誠実さ」「安心感」「頼りがい」など色々言いますが、そんな彼女達と話していると

「優しさだけじゃねぇ」

とか

「誠実っていってもあれはナイ」

とか言ってるのを聞いて理解不能になったことがありました。

「じゃあ、何が必要なんだYO!」と(笑)

だから僕は一時期、そんな女性達がなぜ恋愛という心理を感じるのかを追求した事があります。

「一体女性の好きは何からくるのか?」と。

簡単な言葉では僕は納得できなかったのです。

だから、僕は彼女達とブツかりあう覚悟で、そこらの本やアンケートにはない女の恋愛心理というものは、なぜうまれるのかを本気で見つけ出そうとしたのです。

嫌われても俺はその答えを見つけ出すんだ!

と意気込んで当時友人や知人だった女性と何時間も語り合い、尋問のように追求し、時にカツ丼を食べさせ餌で釣り(古っ)、時に優しく声をかけ泣かせお涙頂戴作戦を決行し、ありとあらゆる角度で彼女達の潜在的な心理を引き出そうとしたのです。

しかし、彼女達が最後に出す結論は・・・

僕の心を完全にポキッっと片手で軽々とへし折ったのです。

続きを読む

オタクがゲームから恋愛で必要な5つの事を学びモテる男になった話

「女なんてくだらない!モテる男をアピってるリア充もマジでクソ!」

しかし、彼は口ではそう言われながらも心の奥底では、彼女が欲しい・・・

二次元も悪くないけどリアルな女性とだきたいという願望はありました。

そもそも彼がオタクになったのはリアルを生きる事に疲れたから。

女にバカにされ必死に勉強をする意味も見出せず、親を見ていても
こんな親にはなりたいとはとてもじゃないけど思えなかった。

しかし、アニメやゲームは楽しい。
そして、それを共有できる仲間もネットにいる。

心の奥底では羨ましいと思っていた部分があるのも確か。

でも、それは負けを意味するし自分の選択を否定することになるから彼はそんなセリフを言っていたのかもしれません。

なぜなら、リアルを充実させることは彼女を作るという事は、オタクを卒業しなければならない!と思っていたから。

そんな事を今では言っている彼がオタクをやめる事なく彼女を作りたい。

と僕に相談をしてきたのは数ヶ月前。

まぁ、僕も引きこもりの時にややオタクっぽかったので、ハマる理由がわからないでもないんですけど、果たして僕にできるのかは結構不明だったんですよね。

なぜなら、恋愛感情という目に見えないものを理解するためには・・

結局、体験+学習

しかないわけですから。

しかし、彼の場合は体験をする一歩がなかなか踏み出せない。

実際に行動に移せずにはいられなくなるほどの、動機みたいなものを引き出す事は難しいなぁと思っていたからなんです。そこで、どうすればわかりやすく伝わるかなぁと考えてゲームを例にして話したらかなり理解しやすくなったのです。

今日は、その中でも彼が彼女ができるまでに響いたゲームから学べる恋愛論をあなたにお届けしていきましょう。

続きを読む

10人連続失恋!振られまくった男が好きな女性を振り向かせた3つの教え

どうでもいい女には好かれるけど、好きな女になるとテンでダメダメ。

本当に興味ない女として見ていない女には

「私たち、付き合わない?」
「○○君のこと好きなんだよねぇ」
「今度、二人で遊びに行かない!?」

みたいなことを言われるけど、本当に好きで狙ってる女は、どれだけ誘っても口説いても告白をしても・・・

「友達ならいいよ。」
「ごめん。男として見てないんだ。」
「彼氏にはちょっと・・・」

下手をすれば、フェードアウトされたり音信不通になる。

周囲の友人に相談をしても、「お前、自慢してんのか?」「贅沢な悩みなんかしてんじゃねーよ!」「わがままなんだよ。」みたいな事を言われ逆に説教をされる羽目に。

でも、本気で悩んでいるのに。

このまま行けば、俺は好きでもない女と結婚することになるんじゃないかぁ!

と、正にしずかちゃんの事が好きなのにジャイ子と結婚することが決まっている事を知り絶望をするのび太のように落ち込んだことはないでしょうか?

「このままいくとジャイ子と結婚することになりかねない!」と。

※もちろん、あなたの事を好きになってくれた女性がジャイ子だとは言っていません(笑)

自分は、しずかちゃんのように、好きで振り向かせたいと思っているけど全然振り向いてもらえない何て事を何度も繰り返した経験はないでしょうか。

なんとかしたい!

しかし、当然この世の中には魔法の道具をポンポンと出してくれるドラえもんはいません。

だから、あなた自身で何とかしなくてはいけません。

そのためには、どうして好きな女性を振り向かせることができないのか?
どうすればできるのか?の理由を知らないと何も始まりません。

なぜ、どうでもいい女性には好かれるのに。
どうにかしたい女性には好かれないのか。

続きを読む

女性と会話が続ない葬式男が6時間盛り上げ続けた理由3つ

「私、●●が好きなんだぁ!」
「そうなんだぁ!それいいね。」

・・・チーン(沈黙)

女との会話が苦手で一瞬は盛り上がるけど
会話が途切れた瞬間に何を話せばいいのか考えてしまい
しかも、出てこない。

・・・(沈黙)

心の声「あぁ~~!このままはマズい!どうしよう!何を話せばいいんだぁ!!」

まるで暗闇の中から抜け出せない感じ。

このまま沈黙が続くと息苦しくて死んでしまうのではないかと思った。
男との沈黙は平気なんだけど、女になると全く駄目。

このままじゃ好きな女ができた時や仲良くなりたい女ができた時。
彼女ができた時を想像すると恐ろしい。

実際、みんなで盛り上がってる時は話せてたんだけど
結構好みの女とデートで1対1になったけど
案の定沈黙になってしまって逃げ出したくなった。

「面白くない。」

と言われマジで凹んだ。

それからというものもう怖くて仕方ない。

強がって男同士だと面倒くさいと言って虚勢を張っているけど本当はただただ怖かった。
その後、俺に好意を抱いてくれた女がいて、遊びに行って案の定沈黙。

それでも、また遊びに行きたいと誘ってくれたのにも関わらず、僕は
この恐怖をもう味わいたくないからとスルーをしてしまった。

正直、ダサい。

自分でもそう思った。

こんな俺に好意を抱いてくれて誘ってくれているという普通に考えたら夢の状況なのに、なぜ俺は断ってしまったんだ・・・。

もうこんな自分を変えたい!

と今の自分を本気で変えたいと俺は決意をした。

続きを読む

片思い!アウトオブ眼中の男が好きなタイプの女の子5人に告白された男を追求したら3つの事がわかった。

これまで、全く興味のない好きでもない心底どーでもいいと思っていた女には好意を持たれていたけど、いいなと思った女性や好きになった女性は、どれだけ頑張ってもうまくいかなかった。

決してイケメンではないが見た目は至って普通。

周囲にも「お前に彼女ができないなんておかしい。」

と言われる。

最低限の収入がある社会人で仕事もそれなりにできる。
そんな中でも数ある女性との出会い好きになって告白もした。

でも・・いつもアウトオブ眼中。

よくてもいい友達。

学生の頃は、半分は仕方ないなと思っていたし、自分には合わなかったんだと言い訳できていたが社会人になってからフッと過去を振り返った時に絶望をしたのです。

・・気づいたら10連敗。

好きになった女性や狙った女性と全然付き合うまで至ってなかったのです。
しかし、慰めるように全然好みじゃない性格も顔も悪いブ女にはウザいほど好かれる。

過去、一瞬思ったことはありました。

しかし、仕事で目標を持つことが大事だと、その前に過去を振り返った時。
中学校以来、いいなと思った女性や好きな女性とは一切付き会うことができなかった事を思い出したのです。

これまで色んな恋愛テクニックはネットや書籍で一生懸命学んできました。
しかし・・結局は他の男に盗られたりした。

しかし、また次があると奮い立たせてきて
諦めなければなんとかなると思っていました。

気がついたら26歳。

これからのことを本気で考えようと思った時に愕然としたのです。

会社の同僚は
彼女の話や結婚の話。

・・必死に頑張ったけど全然付き合えない。

「どーせ俺は、自分の好みでもない性格も悪いブ女と結婚をすることになるんだろう・・」

と完全に諦めていたのです。

続きを読む

人を魅了する男になる為の自分磨き17項目チェックリスト

人を魅了する男になる為の自分磨き17項目チェックリスト

失恋をした時、彼女に別れを告げられた時・・・
復縁をしたいと思っている時・・・
仕事で大失敗をした時・・
どんな方法論を試してもモテなかった時・・
結果がついてこない時・・
人生が面白くないと思っている時・・

何らかの壁にブチ当たった時に、それを誰かのせいにしたり社会のせいにしても、誰もあなたの代わりにあなたの人生をより良くしてくれることはありません。

そういう時ほど、僕ら男は自分を磨いて進化や成長をする必要があります。

あなたから変わらなければ世界は変わらないのです。

もちろん!あなたがうまくいかないのが全てあなたが悪いとは言いません。

しかし、どれだけテクニックを学ぼうが洗脳やマインドコントロールや心理学を学ぼうが、自分自身の領域。つまり自分自身を変えなければ女性も周囲の影響も変えることができやしないのです。

厳しいかもしれませんがそーいうものです。

実際、僕自身は元々鬱で引きこもりだったのもあって
これまで沢山の壁にブチ当たってきました。

しかし、壁にブチ当たるたびに自分自身を変化させるために磨いて来て今があるのです。

今の自分を正当化させるのではなく
自分のなりたい自分に従ったのです。

そうしたら面白いように人生は変わって言ったのです。
そのためには当然、自分を磨くことが非常に重要になります。

磨いて磨いてピッカピカに自分を輝かせるのです。

こんな風に・・・

・・という冗談は置いておいて(笑)

磨くほどにあなたは魅力的になりモテるようになり、女性男性問わず影響力をあたえることができるようになるはずです。

実際に僕はそうでした。

でも、そもそも自分を磨くって言われても抽象的すぎて何を磨けばいいの?

かわかりませんよね。

何を磨けばいいのかわからないって事は、どうすればいいのかもわからないって事ですから、とりあえず資格とるか!とか仕事頑張るか!みたいなフワフワした事をして結局何も変わらないなんてことになりかねません。

そこでここでは!

これまで数ある男女達の意見と実際に変わったなぁと自分を磨けた実感がある男達から聞いた自分磨きというのは一体何を磨けたのかというデータから17個の項目にして自分磨きとは一体何か?を解説していきます。

続きを読む

女性を依存させ泥沼に嵌る危険な7つの恋愛術

女性を依存させるために使える7つの心理学|下手すると泥沼に嵌る危険な恋愛術

あなたは、全然イケメンでも経済力もスポーツもできない・・
一見全くモテる要素が見当たらないのにも関わらず女性にモテる男をみて

「なんで、俺の方がマシなのにあいつのほうがモテるんだろう?」

と疑問に思ったことはないでしょうか?

そして、その答えを求めて恋愛テクニックや心理学や洗脳などに興味を持って調べたりしたことはないでしょうか?

確かに。

その行動はおかしいことではないし、モテない人やもっとモテたいと思っている人は必ず通る道でもあります。

なぜなら、知ってか知らずか、モテる男達というのは女性を好きにさせる際には必ずなんらかの心理テクニックを使っているからです。

しかし・・そういう恋愛心理テクニックに頼るほど意識するしないに関わらず女性をただ依存させるだけになってしまっている人がいるのも事実。

女性を好きにさせる為には依存をさせないといけない!と。

こういうセリフは僕の読者さんもたまーに言っていたりします。

でも・・それはあくまで過程でしかありません。
ドラえもんの道具と同じように使い方次第なんです。

しかし、それ以前にそういった心理テクニックを学んでもイマイチどう使えば良いのかわからない・そもそも知りもしないという方もいるでしょう。

そこで、ここでは数ある経験と学びから得た女性を依存させるほどの威力がある心理テクニックをステップバイステップで紹介していきたいと思います。

ただ、覚えておいてください。

これらの心理テクニックをただ使って、依存させる側とさせる側、支配する側とされる側という形が通用するのは、付き合うまで・モテるまでは通用してもその後には結局は通用しなくなる可能性が高くなることは覚えておいてください。

しかし、非常に有効だし学ぶべきテーマだと僕は思っています。

だからこそ・・・その覚悟がある方のみご覧になってください。

その覚悟がある方のみ読んでほしいと思います。 続きを読む

年下女性にアプローチする時にやるべき5つの行動

年下女性を口説き落とす時にやるべき5つの行動

女性は基本的に自分よりも格下の男と認識した男とは付き合わない。

というのはこのブログでも他の恋愛ブログや書籍などでもよく言われていますよね。

だから「若い奴らには負けないぞ!」

と気合満々でもアリといえばアリなんですけど、
5歳前後の年の差ならばそれほどでもないんですが
それ以上、特に一回り(12歳)を超える年の差。

例えば、30代になって学生と付き合いたい!

とかになると流石にどうすればいいんだ?

となるかもしれません。

会話が合わないんじゃないか?
価値観が合わなすぎてどうすればいいかわからない。
デジタルすぎてついていけない。

などなど迷うことも多そうですね。

そうやって、年下の女性に合わたり戸惑ったりしている間に女性に振り回されてしまって、うまくいく気配どころから逆にハマって年上なのに女性の手の平の上でコロコロと転がされてしまうかもしれません。

しかし、原理的には年下を好きにさせやすいのは事実。

だからって、そんな中でも年下だからって気を緩めたり、言葉で女性が「5歳以上はないかなぁ」というのを聞いて自分が6歳上だからって真に受けて落ち込む必要はなくて・・

年上だからこその武器を最大限活用したアプローチをしたほうが確率は格段にあがります。

もちろん!女性がいかにして恋愛感情を感じるのか?

という基本的な部分を理解し実践できるようになることも大事ですけどね。

しかし、年上だからこそ使える武器があるのも事実ですから、そこで今、年下の女性にアプローチをする時にこれだけはやっておいたほうがいい行動をご紹介していきます。

続きを読む

要注意?!モテない”重い”男に共通する5つの特徴と解決法

要注意?!モテない”重い”男に共通する5つの特徴と解決法

どれだけ誠実そうでも真面目でもイケメンでも・・・たとえ優しくとも・・・男らしくとも・・

残念ながらモテない男はモテません。

よくネット上では誠実さが大事だとか、優しい男がいいとか、見た目を変えればとか、女性も恋愛のサイトとかでも色々言われていますが、何をしようが女性にに”重い”と思われれば、全てが無駄になります。

しかし、”重い”というのは、そもそも感覚的すぎて、なぜ”重い”と感じるのかわかっておらず、何がダメなのかイマイチわかっていない人があまりにも多い。

重い男、重い女…

この意味が理解できていないのです。

この重い状態の特徴を知らないと、好きな女性を振り向かせようとしたり狙った女性を好きにさせる上、または付き合って彼氏という立場を手にしても、自分にとってはよかれと思ってやっている事が全て裏目に出てしまいます。

「こんなに俺は思っているのに・・・」

なんて思うほどに状況は悪くなるばかり・・・

嫌われ避けられるばかり。そんな残念な状態のモテない男にならないためにも今回は、重いと言われる男の特徴から学ぶ「重いと感じる原理と理由」についてお話をしていきたいと思います。

あなたがモテない原因を消すためにもぜひ役立ててほしいと思います。

ちなみに、ここでは伝えたい事をわかりやすくするために、僕のメルマガユーザーからの質問や失敗談を事例として話していくので自分に当てはめて考えてみると理解度がかなりあがるはずです。

続きを読む

イケメンでなくてもモテる!男の外見を決定づける13の要因

イケメンでなくてもモテる!男の外見を決定づける13の要因

女性にモテる為に最もシンプルで効果的なのは外見だと言われます。

これは恋愛マスターや恋愛コンサルをしている男達も言っている事で

内面は外見に現れる
外見は中身に影響を与える

と言われるように外見は非常に重要です。

だからと言って、イケメンでカッコイイ男じゃないからダメだ!というわけではなく、改善できる範囲の外見でも十分モテる男になることは可能です。

実際、見た目というのは多少改善するだけでもかなりの変化があります。

以下の画像をご覧になってください。

 

外見
参照、ホイミ速報

これほどの変化があるわけです。

もちろん実際に女性にモテるか?好かれる男になるのか?

という意味では、外見は重要ではありません。実際イケメンでもモテない男は山ほどいますから。(そういう遺伝子的なものが通用するのは10代くらいです、)

とはいえ、多くの男は見た目で好意を抱くのとは違って女性は外見で男を「好きになるかどうか」を判断するのではなく、外見で「どういう人なのか?」を判断しているのです。

初対面でイキナリダサダサ、ボサボサ、ダラダラ・・ならば当然そういう人間に見られるのです。

僕達人間の脳は得た情報からしか判断できないのですから。

つまり、イケメンかどうかはいいですが外見に気をつけるだけで十分モテ度は確実に高めることができるようになるのです。そこで、今日は、モテる男達が気をつけている外見的な要因を計13個紹介していきます。 続きを読む

【無料】恋愛関係を支配する法則
計1万名以上が絶賛した計170Pのレポート
無料】恋愛を支配する法則
1万名が絶賛!170Pのレポート
ariko