元カレ・元カノを誘う簡単な3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元カレ・元カノを誘う簡単な3ステップ

復縁の場合は、普通の恋愛と違って突然誘っても下手な心理テクニックを使って誘っても、警戒心が強く働いている場合が多いので「OK」はもらいにくいです。

実際に誘ってからメールを無視されて音信不通になった人も少なくはないかもしれません。

しかし、実際にその原因を見てみると不自然な誘い方をしているという場合が多いです。小手先のテクニックを使えば使うほど誘うのが難しくなります。

・電話をするとき
・デートに竿うとき

こういう相手に負担があるものにアプローチをする瞬間こそがあくまで自然にスムーズにもっていくのかが重要になってきます。そこで、今日は復縁の際の誘い方を例にアプローチ法の基本3ステップを紹介していきたいと思います。


SPONSORED LINK

復縁の場合メールで誘うのは得に危険

まず、覚えておいてほしいのはあなたにとっては元カレや元カノと会うのは嬉しいし、会いたいと思っているのでしょう。しかし、相手にとっては「また復縁を迫られる」「復縁を迫られたらどうしよう」という不安があるので警戒心がどうしても高くなってしまいます。

そのため

・先に警戒心を解く事
・相手に心理的な負担を与えない事
・不自然にならない事

一見、当たり前に見えるかもしれませんが、これは非常に重要で、復縁に失敗する人ほどこれができていない場合がおおいです。

なぜなら、あなた自身が会いたいと思っているし、どうしても会わないと先に進まないという焦りがあるからです。しかし、あくまで復縁は相手のペースに合わせて相手の心理に沿ってアプローチをしないと不快感を感じさせてしまうことになりかねません。

例えば私があなたに「復縁なんて諦めてこの人と付き合ってください」なんて言われて聞きたいとは思わないですよね。それと一緒で「私とデートをしてください」と言われても「いやいや、寄り戻すつもりないし・・」となってしまいます。

そうならないためにもしっかりと上記の3つのポイントに注意してデートに誘う必要があるわけです。

 

デートではなく食事!

この3つのポイントの本質が理解できている方は、今、この場ではデートという言葉を使っていますが、元カレや元カノを誘う場合は「デート」という言葉自体は絶対に使いません。

理由はわかりますよね?デートはそもそも付き合ってたり好きだったりするから嬉しい言葉であり、そうでない相手にとっては「心理的な負担」が大きくなるからです・・。あなたと相手の関係が「別れた関係」なのでデートは明らかに不自然ですよね。

これがわかれば、最も最初に誘う上で何に誘えばいいのか?はわかるはずです。

冒頭にあるように「食事」

これが最も誰にも当てはまる誘う場所です。

もちろん、共通の趣味などあればいいかもしれませんが、基本的に食事は最も負担が少ないと思われます。私の場合は名古屋人なので「お茶」でしたね。ちょっと会ってすぐに帰れるという負担のなさが丁度よくて軽い感覚で(相手も)誘えるのがメリットです。

(もちろん別れ方と冷却期間を過ぎてない場合は誘ってもNOと言われまた冷却期間をとる羽目になるので注意してください。)

 

元カレや元カレを誘うタイミング

誘う際にはタイミングは非常に重要になってきます。特に復縁の場合は先に「私はあなたと寄りを戻したくて連絡をしているのではない」「前の恋人としてではなく人としてあなたに興味がある」というニュアンスが伝わることが先になります。

なのでここまでにしっかりと「付き合っていたことは過去の事」だという認識を持たれていれば全然オッケーです。その上でメールなどで共感がうまれたり相手の感情的な表現のメールが返ってくるようになり電話ができるようになれば誘っても大丈夫なタイミングとだと思います。

しかし、ここで気がはやってしまい警戒心を持たれているのに誘ってしまうと当たり前ですが、音信不通にさえなりかねません。

・相手の警戒心を解かれている事

・ある程度ポジティブな感情表現があること

・電話などをしてもいい関係であること。

・くだらないメールもつきあってくれる事。

ここら辺があれば、ある程度問題はないかんと思います。

詳しくは、このページの他の記事を読んでもらったほうがわかりやすいと思いますので、まだできていないのならば参考にしてみてください。

 

より確実でシンプルな誘い方3STEP

それでは、まず最も確実で効果的な誘い方について解説をしていきましょう。基本的に「誘う」というのは、相手の時間を消費をする行為です。更にそこに復縁が加わるので元カレや元カノの心理的なストレスは当然高くなります。

=警戒心が強くなる傾向がある。

ということです。つまり、相手の警戒心を解きながら誘っていくことがOKを貰いやすくするための最大のポイントだということは覚えておいてください。この基本的な原理を理解していれば、恋人がいようが遠距離だろうが関係なく誘う事が可能になります。

究極は断る事に対してもストレスを与えないようにしてあげる事。

までいければいいわけですね。では、実際に誘い方の全体的な流れを紹介していきましょう。

STEP1:予定で誘う

まず、いきなりデートや食事を確定させるような誘い方をするのではなく「いけたらいいね」「機会があればいこう」というように確定をするのではなく予定で誘ってあげる事がポイントです。

確定をすることは当然、元カレや元カノからすれば心理的な負担が大きく会ってしまうので「この前、●●を食べてすごい美味しかった」という提案から、相手の反応が良ければ「久しぶりに会ってみたいね」というようにもっていってあげれば予定が作れます。

ここで日時を確定させずにすること。「確定しないコト」によって、警戒心を解きながら、相手の反応もチェックしてデートOKかどうかの脈アリサインをチェックできるのでいいです。

そして、日程も決めずにとりあえす話を流していきましょう。相手が興味があれば相手から誘ってくるようになることも普通にあります。

STEP2:時間を置く

「予定は未定」と言われるように、予定で曖昧な誘い方をしてあげる事で、相手にとっては警戒心が解く効果がありますが、翌日に「で、いついく?」とか誘ってしまうと、また警戒されます。

その為、数週間から数か月くらい期間をあけてどうでもいいメールなどをちょくちょく送る程度にして時間を置きます。これは置くほど効果があると言われていますが、置きすぎるとわすれられてしまうので、数週間から2か月くらいを目安に時間をおいてください。

しっかりと冷却期間をおいていて別れ方が良ければ、相手から誘ってくることも普通にあります。もし、ここで誘ってこない場合はあなたからそこであなたから誘いましょう。

 

STEP3:誘う

基本的には、相手から誘われるようにするのがベストです。これが最も相手にとって心理的な負担が少なく最も盛り上がるデートになりますから・・・。しかし、これで相手から誘われないのならばあなたから誘うしかないですね。

「最近、仕事忙しいの?」

というように近況を聞いて、ちょっと会話をして誘えばいいです。

「そーいえば今度●●いきたいって思ってるけど行かない?」

あんまり難しく考えずに自然に誘いましょう。

既に予定でOKをもらっているのでNOと言われる確率は下がります。そこから日程を合わせてあえばいいです。間違っても日程を無理して合わせるようなことはしないでください。

 

SPONSORED LINK

最後に・・・

さて、いかがでしたでしょうか?ここまで見れば相手に負担を与えないと言う事がいかなることなのかが何となく感覚的にわかるはずです。この感覚を大事にしてください。

私達にできる事は基本的に「提案をして相手の決断にゆだねる」

というのが基本です。これなくして無理にゴリ押しして誘うと元カレや元カノは心理的にストレスを感じてしまい拒否をされることになりかねません。あらゆる状況でこの考え方は常に意識してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料:プロ復縁工作屋の復縁チェック

テクニックややり方という小手先の復縁をしても無意味です。自分が不幸せな人が相手を幸せにできないように復縁は根本的な原因を解決しなければ復縁は不可能です。

復縁は寄りを戻すのではなく過去から学び新たな関係を構築しなければならないのです。そんな本質から復縁を手助けをし、その成功率87.3%を誇る復縁工作屋

・自分でできる復縁可能性チェックテスト
・復縁に成功する人・失敗する人
・復縁成功のための3つの秘訣

などなどを復縁メソッドの一部を無料で知ることができます。過去から学び未来に活かす復縁ができるあなたになるためのヒントが詰め込まれているので是非下記からご覧になってください。

女性版はこちら
dansei

※このサイトは有料の講座と講座も提供していますが必要ならばお申し込みください。教材内容は確認しましたが本質をついた素晴らしい内容になっています。

SNSでもご購読できます。