引き寄せの法則の弱点を利用し復縁を成功させる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
引き寄せの法則の弱点を利用し復縁を成功させる秘訣

引き寄せの法則を学び実践をすれば、願望を実現でき、お金や人間関係だけでなく、復縁さえも現実化することができると言われていますが、ただ、「思うだけ」では現実化することはありえません。

実際に、引き寄せの法則を見て「なるほど!思えばいいんだ!」と復縁をしたところをイメージして復縁出来ずに使えないって言う人も少なくないでしょう。

しかし、実際にその原因を見ていると、引き寄せの法則そのものを捉え違えていて、あまり効果がないどころか逆効果になってしまっているという場合も多いです。

つまり、引き寄せの法則の捉え違いを理解し取り組めば、自ずと復縁を引き寄せられる「あなた」になることは不可能ではなくなります。

そこで、今回は引き寄せの法則の捉え違いを改善し、復縁で活用する際の効果実証済みの秘訣を紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

1. まずは引き寄せの法則を知ろう!

それでは、まずは引き寄せの法則について話していこう思います。

上の動画を見てもらえば一番早いですが、この動画はTHE SECRETという動画です。この動画を見ればわかると思いますが引き寄せの法則というのは「思ったことが実現する」と言う法則です。

私達人間は、そもそも感情を行動に表わす生き物です。

どれだけ笑顔でいなければいけなくても、嫌悪感や憎悪を感じていればそれは態度に出るし反応に出る・・時として行動にさえ現れるものです。それが相手が察知をしより悪い状況を引き寄せるのは当たり前と言えば当たり前ですね。

そのために引き寄せの法則では、悪い部分にフォーカスするのではなく望むものにフォーカスをすることでそれを引き寄せる事ができるわけです

つまり・・すごい簡単に言うと

「思っていれば、どこかから望むものが自分のもとへと持ってくる事ができる。指輪が欲しければ指輪をイメージすれば指輪はやってくる。」

「復縁をすることを思っていれば、その現実を引き寄せる事ができる。」

と一見、見てみると「なんて魔法のような方法だ!」と思うような簡単なイメージがありますが、これは半分正解で半分は間違いです。

念じればそれは実現化するなんておかしいですよね(笑)

1-1.引き寄せの法則の効果

しかし、ここで覚えておいてほしいのは、「求めているものを強く思う事」は最初の一歩として必要だということです。

そもそも強く思わなければ私達は行動はできないし、頭の中で理想の状況を思い描くことは、現状との対比をすることができるようになるため、今自分は何をするべきなのか?どうあることが自分の理想に近づくことができるのか?がわかるようになったりします。

多くの人は、過去と現在のデータからしか未来を描きません。

つまり、「過去が●●だったからどうせ●●だろう」と考えてしまいます。

しかし、そうではなく求めているものを思い描く事で「未来がこうだから今自分は●●をしよう」と全く違う視点(過去の延長線上ではなく未来からの逆算)で現状を見る事ができるようになるのです。

すると自ずと判断基準が変わり選択が変わります。今までになかった視点で物事を見る事ができるようになるので、感じ方が変わり行動が変わります。実はこれだけでも引き寄せの法則はうまくいかないパターンから抜け出すための効果としては十二分です。

1-2.引き寄せの法則と思考は現実化する

引き寄せの法則と言えば「思考は現実化する」とかは有名ですよね。

しかし、まずここで外してはいけないのが、過去の延長線上に思考を使うと邪魔になるのです。よくあるのが、目標を立てて実現できない事に思考をし「こんなの使えない」とか「気合が足りないからだ」とか「自分には才能がない」という事に思考を使えば当然それは実現には向かいません。

しかし、「この目標を現実化するために」というところに思考をすれば今までにないアイディアや発想がうまれるようになるので現実化はしやすくなりますよね。

これは引き寄せの法則の一部ではあるのですが、これだけでも引き寄せの法則が効果があるのは間違いではないし、私自身もこの引き寄せの法則を使って復縁を成功させ理想の恋愛関係を手に入れることができるようになりました。

1-3.引き寄せの法則と復縁

復縁をする際に、うまくいかない人ほど別れる事が嫌なのはわかりますが、何とかこの状況をしようと寄りを戻そうとして「後ろ向きな」な気持ちを持ちながら後ろ向きな行動をして寄りを戻そうとする傾向があります。

しかし、それでは根本的な解決にはならないし、後ろ向きな人とは、誰だって一緒にいたいとは思えません。引き寄せの法則を復縁に効果がある理由は「理想の恋愛関係を思い描き」前向きに復縁に取り組むことができるところです。(もちろん、それだけではありませんが)

別れに対する恐怖や不安ではなく、あなたが思い描くより理想の恋愛関係を鮮明に思い浮かべる事で、これまでの恋愛関係の何が至らなかったのか?がわかるようになるのです。

そして日常から「自分の理想の人生のためにポジティブな結果」にフォーカスすることによりもちろん悩むことも苦しむこともあるかもしれませんが、生き方そのものが前向きになり「この人と一緒にいれば楽しくなりそうだ」「幸せになりそうだ」という気持ちが相手に伝染をし復縁を引き寄せやすくなります。

・・・とこのように復縁にも効果があると言われる引き寄せの法則を実践でいかに活用していけばいいのかをステップバイステップで公開していきたいと思います。

 

2.引き寄せの法則で復縁を成功させるための秘訣

引き寄せの法則で復縁を成功させるための秘訣

それでは、引き寄せの法則を実際に復縁に使う場合にいかに活用していけばいいのか?を簡単にできるワークを紹介していきたいと思います。それほど難しいものではないので、これを日常から頭の中でもいいのでやってください。

そして、同時にこのサイトの復縁のステップを実践してみてください。それだけでも復縁を成功させる確率は格段に高まるはずです。

STEP1:引き寄せの法則の本質とイメージ

まず、引き寄せの法則を実践をする上で覚えておいてほしい事がありあす。それは「引き寄せの法則は復縁を実現するために使わないほうがいい。」と言う事です。

「何を言ってるの?」と思うかもしれませんが、そもそも復縁というのは形だけ寄りを戻すとか付き合うとかしようとするために使うとうまくいかないのです。

何かを手にしたいと思ったとき、当然ですがそれを手にしている関係性を実現する必要あります。にも関わら、あなたと元カレや元カノと別れたときの関係性のまま寄りを戻しても、どうせまた別れる羽目になるのは当たり前の話です。

つまり・・寄りを戻すところをイメージするのではなく、あなたの理想の恋愛関係というものはどういうものか?を鮮明にイメージするのです。私の場合は「共に認め合い尊重しあえる関係」です。

これをあらゆる状況に当てはめて「こういう場合は自分はどういっているのか?何をしているのか?」まで鮮明にイメージをしていました。これまでの関係以上の関係というのは一体どういう関係なのかを鮮明に思い浮かべてください。

STEP2:アファーメーション&アイデンティティー

アファーメーション&アイデンティティー

アファーメーションは肯定的な断言をすることを言います。

正に今理想の恋愛関係が現実化しているかのように断言をします。

よく、多くの人は「●●だったらいいな・・」とか「したいな」という言葉を使いますが、これを正に現実化しているかのように「●●になっている」という言葉を使う事で潜在意識に理想の状態を現実化しているところから思考ができるようになります。

そして、同時にやってほしいのがアイデンティティーを決める事です。

アイデンティティーとは「自己が認識する自分」の事で、例えば「私は人見知りだ」と思っている人は当然ですが人見知りの行動をとるようになります。「愛されていない」と思っている人はどれだけ愛されていたとしてもそこに気づくことはできません。

アイデンティティーは理想の状況を現実化するために非常に重要です。

理想の状態にいる自分はどういう人間か?理想の状況を現実化するあなたはどういう人間か?を決めるのです。例えば「私は誰からも愛情を感じる事ができる人間」とかですね。

理想の恋愛関係を実現している自分はどういう人間かを持つ事で、少しずつそこに近づいていこうとするあなたになり、引き寄せの法則はより強く働くことになるでしょう。

STEP3:日常の良い側面を探す習慣を持つ

思ったことは現実化する・・・これは日常から意識した方がいい事です。引き寄せの法則は自己都合的なもの”だけ”を引き寄せるためのものではありません。世の中は当たり前の如くいい事と悪い事はセットでおこるようになっています。

例えば、復縁の場合、別れという現象が起こることは嫌な事かもしれませんが、その別れによってはじめて自分と向き合い相手の本当に求めているものを察知ができるようになるキッカケともとれるわけです。

これは前向きに考えるとかそういうものではなく、自分の理想の状態を現実化するための物事の捉え方として重要になるのです。他にも、嫉妬をされた時などに「ウザイ」とか思うのではなく「愛されているな」と思えれば感情に振り回されて動かされる事もなくなります。

幸せを感じる人は幸せを感じるハードルが低いので日常のありきたりなところからも喜びを感じる事ができるようになります。

良い未来を思い描きそれを実現化する際には、あなたの状態をいい状態にする必要があります。日常から悪い事ばかり見てしまう人はそれさえも引き寄せてしまうのです。

物事の良い側面を見る癖をつければそれだけであなたは幸せを感じ取りやすくなり更にいい未来を現実化しやすくなります。

「1日の中で起こった楽しかったこと、新しかったこと」

これを探してみてください。それだけでも引き寄せの法則は働きやすくなります。

STEP4:やり方と同時にあり方を常に意識する

復縁をするまでには色んな事をすることになると思います。その中でついつい私達は「どうやればいいんだ」と言う事を考えてしまいます。しかし、やり方とセットで私達が意識しなければならないのが「あり方」です。

自分はどうあるべきなのか?これが重要です。

なぜなら、例えば「感謝をしましょう」と言っても心の奥底では「むかつく」と思っていればそれは声のトーンや表情や反応として表れてしまい相手に察知をされるからです。

先ほど決めたアイデンティティーをもとに常に自分はこういう場合はどうあるべきか?をイメージしその通りに行動、思考をしてみてください。するとやり方やテクニックなども上手に使いこなせるようになるでしょう。

STEP5:言葉や行動の裏にあるものを探してみる。

このようなワークを繰り返して習慣化していくと、これまで気づかなかった事に気づくことになります。たぶん、これらのワークを日常から意識的にやっている人は習慣化している人は少ないでしょう。

これらをやっていくと・・・時としてできない自分が出てきたり、なんであんな事をしてしまったんだろうなどと思いふけることが出てきます。これは自分の内面と向き合っている状態になるはずです。

すると、行動の裏にある素直な気持ちが出てきやすくなります。

表:浮気をされたことにショックをうけて相手を責めまくった。

裏:ただただ・・・寂しかった。

とかですね。もちろん、ショックなのは変わらないかもしれませんが、もし、不倫をされた時に相手を責めずに、寂しくてつらかったことを相手に伝えていたとしたらどうなたんだろう・・・という考えが出てきたりします。

自分の奥深くに求めている感情がわかってくると今度は相手の感情を理解することができやすくなるのです。

「もしかしたら彼氏も私に認められないと信頼されていないと傷ついていたのではないだろうか・・・・例えば●●の時とか●●の時とか」というように相手の本当の気持ちを感じ取りやすくなるのです。

このように言葉や行動の裏にあるもの。を理解しようとすると・・感じ取れるようになると復縁は、より確実に早く実現することができます。気分がいい時などにあえて言葉や態度の裏にあるものを自分を含め相手についても考えてみてください。

きっと今まで気づかなかった「本当の元カレや元カノ」の求めていたものが見えてくると思いますよ。

 

SPONSORED LINK

最後に…

さて、今回は引き寄せの法則の概念をもとに復縁をするための秘訣についてお話していきました。復縁は幸せであるあなたが以前よりも幸せな関係になるために、関係性を成長させるためにあるものであり、ただ寄りを戻すものではありあせん。

この本質を理解しない限り復縁の成功率を上げる事はできないでしょう。しかし、この本質を理解し実践ができればただ寄りを戻すのではなく以前以上の関係を作り、お互いが「幸せである」関係性を高める事ができるし、あなたはこれまで以上の喜びを感じる事ができるようになります。

是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料:プロ復縁工作屋の復縁チェック

テクニックややり方という小手先の復縁をしても無意味です。自分が不幸せな人が相手を幸せにできないように復縁は根本的な原因を解決しなければ復縁は不可能です。

復縁は寄りを戻すのではなく過去から学び新たな関係を構築しなければならないのです。そんな本質から復縁を手助けをし、その成功率87.3%を誇る復縁工作屋

・自分でできる復縁可能性チェックテスト
・復縁に成功する人・失敗する人
・復縁成功のための3つの秘訣

などなどを復縁メソッドの一部を無料で知ることができます。過去から学び未来に活かす復縁ができるあなたになるためのヒントが詰め込まれているので是非下記からご覧になってください。

女性版はこちら
dansei

※このサイトは有料の講座と講座も提供していますが必要ならばお申し込みください。教材内容は確認しましたが本質をついた素晴らしい内容になっています。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>