合コンを驚くほど盛り上げるゲームまとめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
合コンを驚くほど盛り上げるゲームまとめ5選

コンパを盛り上げるためには会話などをするのがベターですが、最も簡単に盛り上げるための方法と言われるのがゲームです。

ちょっと、話しにくい事もゲームをいれたりすると話しやすくなったりして、合コンでなくても仲良くなるキッカケになったりする上で非常に有効です。

ゲームなので気軽にできて更にそこで距離を縮められ、皆で盛り上げていき、コンパそのものの雰囲気そのものを良くするので是非取り入れたいところです。

そこで、今日は、数あるゲームの中から、女子ウケのいい盛り上がる合コンのゲームをする際の最大の注意点、そしてネタ、更にアプリを使って盛り上げる方法を紹介しているサイトをなどを紹介していきます。

それではいってみましょう。

SPONSORED LINK

1.合コンでゲームをする目的

合コンを驚くほど盛り上げるゲームまとめ5選

まず、覚えておいてほしいのが合コンでゲームをする目的についてです。基本的に合コンでゲームは必須というわけではないし、ゲームをしたからといってオトす確率が上がるわけではありません。

あくまでゲームは盛り上げる1つのキッカケ程度です。そして、当然ですがゲームで盛り上がる以前に女性の警戒心を解くのが先です、警戒心を取り払わない限りゲームなんてやっても盛り上がるわけがありません。

ここらへんに関しては、下記の記事を参照してもらえると嬉しいです。




あくまでゲームは場の雰囲気を和ませ盛り上げられるだけでなく、ゲームによってはボディータッチやスキンシップもできるので、親密になるキッカケになります。あくまで間にやるものであり最後のほうにはやらないほうがいいでしょう。

その為、目的は「盛り上げるキッカケを作る為」ということを忘れないように。

2.罰ゲームの考え方について

罰ゲームの考え方について

こういう合コンのゲームをしたときに、負けたほうは罰ゲームになるはずです。しかし、こういう罰ゲームは度がすぎると女性に引かれることになります。例えばお酒が苦手なのに強制的に一気飲みをさせたり、はたまたキスなどエロ系の罰ゲームをしたり・・・

もちろんダメというわけではありませんが、慣れてない人がいきなりやるには厳しいものがあるのでやるなら嫌われても構わないくらいのつもりでやったり冗談でダメと言われるように仕向けるつもりでやりましょう。

基本的に罰ゲームはハードにしていくのがベストです。

例えば、「恥ずかしい話」とかいうちょっと秘密にしている話とかからスタートするのがベターです。最もベストなのは男側が罰ゲームを決めるようなやり方ではなく、
「他の何か」に罰ゲームを決めてもらう事です。

罰ゲームの考え方について

そういう意味では、罰ゲームトランプLOVE編 のような小道具を使って、誰かららの罰ゲームという状態を作った方が女性は受け入れやすいはずです。「こんなの見つけたから買ってきてしまった!」と言ってゲームを始める事もできるのでオススメですよ。

3.合コンゲームを複数紹介してるサイト5選

世の中には合コンゲームは山ほどあります。そして、状況に応じて色々と使いこなしたり盛り上げ方によってゲーム選びをすることも重要です。そこでここでは合コンゲームを教えてくれるサイトを網羅的に紹介をしていきたいと思います。

全て見るのは大変かもしれませんが、何よりも生きた資料となると思うので是非、じっくりと見てください。

3-1.,網羅的に合コンゲームを紹介しているnanapi

網羅的に合コンゲームを紹介しているnanapi

参照nanapi 合コンで使えるゲームまとめ

このページでは、あらゆる合コンゲームが紹介されています。その数系15個以上もあり脈ありを確かめるゲームとか道具を使うゲームなど幅広く紹介されているので是非活用してみてください。

3-2.コンパの帝王オススメ絶対盛り上がる合コンゲーム

コンパの帝王オススメ絶対盛り上がる合コンゲーム

参照;フレッシャーズ

コンパの帝王と呼ばれる男が教えてくれる合コンで盛り上がるゲームを紹介してくれていて、合コンの序盤から使えるゲームから最高潮の盛り上がりを期待できるゲームなどを紹介してくれています。

3-3.定番中の定番 王様ゲーム

定番中の定番 王様ゲーム

参照:合コンの流儀

合コンのゲームとしては既に有名な王様ゲームですが、このサイトでは具体的なやり方に関して解説されています。罰ゲームに関してもこういうのがいいですよという事例を紹介してくれているので王様ゲームをやりたいならどうぞ。

3-4.飲みの席で使える盛り上がる10のゲーム

飲みの席で使える盛り上がる10のゲーム

参照:カオス

マンネリな雰囲気にならないための合コンや飲み会を盛り上げるためのゲームを10個紹介してくれています。

3-5.ウケのいい盛り上がるパーティーゲーム特集

ウケのいい盛り上がるパーティーゲーム特集

参照:ゲットクラブ

こちらのサイトではとんでもない数の合コンで使えるゲーム集があります。数は数えていませんが20以上はあるかなとお澪ますので選びたい放題です。ブックマーク必須です。

さいごに

もし、あなたが合コンでゲームで盛り上がりたいのならば、ここで紹介したサイトをブックマークしておくといいでしょう。そして、実際に説明書代わりに使ってみましょう。

そして、1つ1つやってみて最も効果のあるゲームをいくつかピックアップしてみましょう。コンパメンバーによって効果があるかどうかは別れるかもしれませんがデータをとってトライアンドエラーを繰り返すことで盛り上がるゲームは見つかるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料E-Book!恋愛関係を支配する法則
計6206人の男が驚愕した恋愛戦略

あなたが、好きな彼女や狙っている彼女と付き合いたいという誠実な思いを夢物語で終わらせることなく現実のものとしてもらうために、、、、、

計6206人以上の男達を導いてきたアリアスが、好きな女や狙っている女を振り向かせられない、90%以上の男達がやっている根本的な過ちを排除し、女が男に夢中になるための具体的なステップを170ページ以上のレポートにまとめました。

このレポートは、そこら辺で販売されているような「このとおりやればモテまっせ!」とか「プラス思考がモテる」だけのそーいったくだらない低次元の書籍やネット上のコンテンツとは違います。

このレポートは、魅力的だと感じない男性の特徴、そして女性が恋まで発展する
心理を調査して解明された恋愛関係を支配している男達の思考から戦略を解説している
珍しいレポートになります。

それでは、そのLOVE CONTROLの内容の一部を紹介しましょう。
このレポートでお伝えしている内容の一部を書きだしてみました。
ブサイクでデブな男でも女性にモテるかどうかは一切関係ない...女性は一体何に惚れるのか?(最初にこれをやるだけで恋愛に対する自信を手に入れ、女性と一瞬で仲良くなる6つのチェックポイントがわかります。)


・初対面で女性と仲良くなれない男の90%以上が引き出せていない女性の「ある言葉」とは?(この言葉を引き出すにはある勘違いをとっぱらわない限り引き出すことはできません。もちろん、その勘違いもお教えします。)

同じ言葉を言ってるだけなのに、なぜか女性が「この人話しやすい!」と感じてしまう無意識を刺激する簡単なテクニックとは?

・世界中の人間が例外なく「究極的に興味を持っているもの」を活用し、普段の会話から女性が夢中になってしまう会話に変貌させてしまう1つの要素とは?(これ、本当にすごい効果的です・・女性を褒める暇があるならこれをやってください。)

どれだけデートをしても、遊んでも、二人で過ごしたとしても、全く女性があなたに体と心を許そうとしない理由・・それは時間にあった。(よく単純接触の原理で一緒にいる時間が長いほど惚れるっていうのは大間違いですよ。)

・女性は生物学的に「退屈を生きる生き物」です・・・。この原理からわかる一線を越えられない男がその一銭を超えるためにやらなければならない5つの女性を興奮させる方法とは?

女性が「この人ほどの男はいない」「この人しかいない」と無意識で感じる”たった1つの重要な要素”とは?(この要素1つ持っているのか?持っていないのかで女性の感じる魅力は10倍・100倍にも変わってきます。)

もし、あなたが自分の好きな女・気に入っている女を他の男達に
狙われ奪われるのが嫌ならば・・・・今すぐ防ぎたいのならば・・・・。

今この瞬間、あなたが狙っている彼女が、他の男からアプローチされているかもしれませんので今すぐこの計189ページにわたる無料E-BOOKを手に入れてください。

(そして、彼女の頭の中を他の男なんて眼中に入らないぐらい、
あなたの事でいっぱいにさせてあげてください)

下記のボタンをクリックし、フォームにメールアドレスとお名前を入力していただければ、すぐにレポートがGETできるようにしましたので、今すぐフォームに必要事項を入力してください。

1分以内に、レポートをあなたのメールボックスにお届けします。
form






空メール登録はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>