男女心理|復縁で理解おくべき元カノ・元カレの本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
男女心理|復縁で理解おくべき元カノ・元カレの本音

おそらく、復縁をする際に元カレや元カノの気持ちがわからなくてどうしたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

今では、例え結婚をしていても付き合っていたとしても恋愛がかなり自由にできるようになってきているため、昔のように無理矢理寄りを戻そうとしても難しくなってきています。

その為、しっかりと相手からあなたと復縁をしたいと思ってもらうように、ただ寄りを戻すのではなく、よりよい関係を復縁時に感じてもらうことがポイントにるのですが、その際に学んでおいてほしいのが「人間心理」「女性心理」「男性心理」です。

なぜなら、相手を理解する姿勢がなければそもそも復縁など不可能にちかくなるからです。相手に理解を示そうとする行為があれば復縁はそれだけで確率があがるものです。

そこで、今日は、人間心理、男性心理、女性心理を復縁に置き換えて元カレや元カノの本音を理解するヒントを紹介をしていきたいと思います。私も私のクライアントさんも実際これらを学び意識しただけでかなり相手の気持ちを察知できるようになったそうです。

基本的な事も含まれていますが、非常に重要なので真剣に学んでくださいませ。

SPONSORED LINK

1.男と女は違う

男と女は違う

まずは、そもそも男女は違うということを理解してほしいと思います。男女の違いではなく、男という生物と女という生物は全く別物だと言う事を認めてほしいのです。これは様々な書籍で言われていることです。

脳科学的にも心理学的にもあらゆる書籍

脳科学的にも心理学的にもあらゆる書籍などで言われています。

例えば、男性の脳はどちらかと言えば一点集中になりがちで目的を設定したらそれ以外のものは見えなくなる傾向があります。これは1つの脳のシナプスが強い結びつきをしているからおこると言われています。

しかし、女性は多角的に物事を見ることができますが、1つの物事を掘り下げたりすることができにくく、多角的に見る事で情報量が多く処理しきれない(言語化できにくい)脳と言われていたりします。1つの情報から複数ののシナプスの働きが多いのが女性の脳の特徴と言われています。

だから、

・男性はコレクターになる傾向が強い
・恋愛においては夢中になると男性のほうがストーカーになりやすい。
・全体を女性は感覚的に察知するため言語化が難しい。
・女性は雑談を延々と続けることができる。

とか言われているわけです。

これだけ見ても真逆の男と言う生物と女と言う生物。この違いを細かく見ていくとキリがないのですが、ここで覚えておいてほしいのは男には女が理解しきることができない。女には男を理解しきることができない。と言う事です。

これはどれだけ学んでもです。

知識としては理解できても感覚的に理解をすることはできません。

なぜなら異星人ですから・・でも、だからこそ。

1、違うからこそ価値がある。
2、重要なのは違いを受け入れる事。

が大事になってきます。

詳しく説明していきましょう。

1-1,違うからこそ価値がある。

私たち人間は、一緒であることに安心感を感じ、違うと言うことに刺激を感じる生き物です。そもそも恋愛感情は共通点による安心感と相違点による刺激があるからこそ生まれるとも言われています。

たまに、「私が何人かいれば・・・」みたいな事を言う人がいたりしますが、あなたが何人もいれば、あなたは楽になるかもしれませんが、そもそもあなた自体に価値はなくなるのかもしれません。私達は違うからこそ「存在価値」を感じるのです。

しかし、その違いを「相手を責めるために使ったり」「自分を正当化するために使ったり」「違いに無理に合わせようとしたり」「合わせさせてしまったり」する人が非常に多いです。付き合っているともなればかなり多くなり、それが別れの原因にもなりかねません。

本来はお互いの違いは、お互い存在価値を認識するためにあるのにも関わらず、それを全く違うことに使うなど勿体ないとしか言いようがありません。

1-2重要なのは違うという事を受け入れる事

つまり、付き合う事に関わり合う事にお互いが喜び合う関係を作るためには「違いを受けいれ認められる」関係になることが最大のポイントです。これはどちらからでもいいです。

こういう事を書くと「相手が私を受け入れてくれないから」とか言ってしまいがちですが、そうではなく今この記事を見ているあなたが受け入れられる人間になるべきです。なぜなら、真剣に復縁について学んでいるわけですから。

復縁をして付き合ってから受け入れるとか思うかもしれませんが、受け入れる姿勢は今すぐ持ってください。あの時、あの状況でもし受け入れていたら元カレや元カノの気持ちを少しは理解できたかもしれない・・・と想像するだけでこれまでと違う道が見えてくるはずです。

頭ごなしに「ああでしょ!」「こうだろ!」というように言うよりも、言いなりになるよりも、まずは受け入れて「あなたはそう思うんだ。私はこう思う」というのを習慣化するだけで随分変わるのはわかるはずです。

1-3満たされ合う「男女関係」とは?

つまり、満たされる恋愛関係というのは、概念的に言えば違いを受け入れあえ認め合える関係なわけです。自分が足りない部分を相手が補ってくれる事で感謝ができ、相手の至らない部分をあなたが補うことができるからこそ存在価値を感じられる。

もちろん共通点がゼロではないですよ。しっかりと違いを受け入れあえば色んな共通点があることにも気づくことができるし、作ることもできるでしょう。個人的にはここを目指してほしいと思いますし、今すぐできることでなくても今から意識してほしいです。

受け入れる事は日常から練習できますし。少なからず復縁を成功させたいならここに近づかないととてもじゃないですがうまくいきにくいというのも覚えておいてください。

・・・男女は全く違う生き物です。相手が性格とか思う事が意外と男女の違いだったりすることがよくありますので、受け入れられるようになることが先決ですよ。そして、これから男女の違いについても話していきますが、これは「あぁ~男は(女って)そういう生き物だよね!」というように考えるのではなく、理解を示そうとする気持ちをもって学ばないと何にもなりませんので注意してください。

 

2.男女心理を知る前に共通心理と本音

男女心理を知る前に共通心理と本音

男女心理を知る前に共通心理を理解しておかなければ意味がありません。そもそも私達は同じ人間なのでこの心理の概念を理解しておくことがまずは最初になります。これは私のクライアントさんに僕が常に言っている事なので覚えておいてほしい。

2-1.私達人間は行動と感情を後で理屈で正当化させる

私たち人間は、根本的に感情をもとに行動をしています。

判断も反応も態度も全ての根本は「感情」からうまれているのです。

人を好きになる時に「よし!これから好きになるぞ!」性的な欲求を感じる時に「今からイヤらしいことを考えるぞ」とは思わないですよね。私達人間は感じた感情ややった行動を後で正当化させるのです。

「私の事を好きになってください!」で人は好きにはならないのです。「これほど私はあなたの事が好きなのに・・・」では相手は「いやいや・・」と思うのです。これは復縁も一緒で寄りを戻す際には、寄りを戻そうではなくまずは寄りを戻してもいいかな?と思ってもらってから言わないと意味がないのです。

まずは感じさせてあげる事が大事です。デートをするなら「デートをしてもいかな」と思わせてあげる事、連絡を取り合うなら「連絡を取り合ってもいいかな」と思わせてあげる事。少なからず「寄りを戻したくない」「連絡さえもしたくない」と思っている時にアプローチをしても逆効果になることは覚えておいてください。

2-2. 求めているのは感情である。

つまり、私たち人間が求めているのは感情であるのは覚えておいてください。結局は感情が満たされていないからそれを何とかしようとし、感情を満たすために私達は行動をしているし、そのために媒介として物理的(機能的)なものを求めているにすぎないのです。

例えば、浮気を認めてほしい場合、

・浮気を認めてくれる女がいい。(機能的)

・誰かに注目され認められたい。(感情的)

という感じである可能性があるということですね。

ここで感情的な部分を満たせば最終的に選ばれるのはあなたになるわけです。なぜなら、自分の本当に求めている感情を満たしてくれている状態を作れば浮気などどうでもよくなるから・・・先に私達がすることは相手の言葉にある感情という本音の裏のニーズをいかに感じ取るのかが大事になってくるのです。

そして、それは・・・別れた本当の原因を知るためにも凄い大事な事です。相手が本当に求めている感情は何で、何が満たされなくなったから別れるという選択をしたのか?ここがわかればどうやっていけば復縁を成功させることができるのかを知るキッカケになります。

2-3. 4つのニーズからわかる元カレや元カノの本音とは?

では、その求めているものや満たされていないものを知るためにはどうすればいいのか?それは色んな分析法があったりするのですが最も簡単でシンプルなものを今日は紹介していきたいと思います。それがNLPやコーチングの世界では有名な6ヒューマンニーズというものです。

ここでは私達人間の行動原理となるニーズは6つしかない。と言う事を言っています。

1、愛・つながり(愛されたい方の愛)

皆とのつながりが欲しい、誰かに愛されていると感じたいと言う欲求。

2、重要感

特別視されたい、認められたいと言う欲求

3、安全・安心

不安を感じたくない。安心していたい。安全でありたい。

4、不安定感

刺激が欲しい。ドキドキしたい。今までにない事にチャレンジしたい。

あと2つは「貢献」と「成長」なのですが、これらはネガティブに働くことはない欲求なので無視してもいいです。結局、満たされない欲求があるからこそ別れると言う決断に至るのでありここが満たされていれば、満たされそうであれば人は動くのです。

あなたと相手が別れた思い当たるエピソードを思い出してみてください。そして、そこでは相手は一体何を求めていたのだろうか?何が満たされなかったのか?を考えてみてください。そうすれば根本的な原因を少し理解できるようになるはずです。

そして、あなたが好きな元カレや元カノだからこそ、あなたは「貢献」や「成長」を意識して復縁をしてください。

・・・以上これだけでもかなり参考になったと思います。

では、続いて男性心理と女性心理について話していきたいと思います。

 

3.元カノ・元カレを理解する「男女心理学」

元カノ・元カレを理解する「男女心理学」

さて、ここまでお伝えしてきたのは基本であり、男女の違いなど知らなくても実践をし続けるべき事で、常に意識をしてほしいことです。復縁の際は相手を知り、自分を知り根本的な原因を理解した上で相手を受け入れ以前の付き合い以上の関係を感じさせてあげる事が成功への最短距離になります。

ここをすっ飛ばしてうまく行かせようとしても、元カレや元カノの決意が固いほど逆効果になりかねません。例え目先はうまくいったとしても、またすぐに別れる事になりかねませんから。

ここからお話するのは男女の違いです。これもかなり参考になると思う知識なので是非参考にしてほしいと思います。

3-1. 復縁の際にある男性心理 ~元カレの本音~ 

よく言われている男性心理で言えば、男は狩猟型であるため獲物を狩るという本能があるちおうもので、原始時代の男性の生活を想像をすると意外とわかりやすいと言われています。

現代には関係ないのでは?とおもうかもしれませんが、私達人類の歴史で言えば明らかに原始時代の頃のほうが長いので深層心理的に言えば根本的に大きく変わらないとも言われていたりするのも事実です。

それはどうでもいいのですが、男性の主にある特徴は3つ・・・

1)男性はプライドを傷つけられる事をひどく恐れている。
2)思考回路が「論理的」なので感情思考の会話が苦手。
3)1つの目標や目的を持つと他に目が行きにくくなる。

これをもとに復縁でよくあるパターンからどうするのが望ましいのか?

を1つ1つ紹介していきたいと思います。

1)男性はプライドを傷つけられる事をひどく恐れている。

先ほどの4つのニーズで言えば、男性は愛や繋がりよりも重要感を表面的に求めている傾向が非常に高く、ここが満たされればより頑張ろうと思いやすくなります。逆にここが枯渇するとキレやすくなったり、本人が諦めてしまうと魅力的な男性とは思われなくなる傾向があります。

例えば、

・「ごめんね」と謝ると男性としては「自分が正しい」と思い「わかればいいんだよ。わかれば」と偉そうになりやすいので「ありがとう」に変えるようにすると良い。

・他の男と比べて「あなたには価値がない」というよりも、他の男と比べて「あなたのココが素晴らしい」「でも、ここはこの人が凄いよね」というように伝えてあげるとプライドを傷つけずに男として伸びようとする意欲を湧き立たせてあげられる。

・自分の主張を受け入れられないと、例えそれが別れであろうともプライドを傷つけられるのでまずは受け入れてあげてそこから自分の気持ちを伝えてあげると良い。

・すがるほど「別れた正しさ」を正当化させ傲慢にさせてしまうので「体だけの関係」を維持されやすくなるので、好意を伝えながらも肉体関係だけの関係は断った方がいい。

これだけでも随分男性の反応が変わるはずです。プライドが必要か不必要かは別ですが、男性は自分自身がいかに「価値があるのか?」を実感をしたい生き物です。そこを感じさせてあげる事ができれば男性はあなたから離れられなくなるでしょう。

 

2)思考回路が「論理的」なので感情思考の会話が苦手。

男性の頭の中は論理的に働いていています。先ほど私達は感情が先でそれを正当化させる傾向があります。つまり、男性はコミュニケーション上で本当の感情を感じ取りにくいわけです。

そのため感情で寄りを戻したいという気持ちを伝えても、理屈では納得できなければ寄りを戻さないし下手をすれば「このままの関係でいいじゃん」となる。

雑談ならいいのですが、何かを決定づける重要な話。例えば、別れ話になると「話し合い」をしようと女性はしますが、この話し合いが感情のぶつけあいになったりしては無意味なものになるのはこの思考回路の違いが大きいです。

そういう重要な話し合いの場合は「目的を設定をする」のが有効え何のための話し合いかを明確化するかを認識させてあげる事が先でありそれ以外の話をしないようにしなければ円滑なコミュニケーションができなくなってしまいます。

 

3)1つの目標や目的を持つと他に目が行きにくくなる。

男性は1つの目標や目的を持つと他に目がいかなくなります。男性は集中の生き物ですから選択肢が沢山ありすぎると迷ってしまうのです・・・。つまり二人の目的や目標を設定するだけでも恋愛関係はうまくいきやすくなるわけです。

あれもこれもと求めると、男性が不快感を感じるのはその為です。例え、家族の為であろうがそのために仕事を本気でやっている場合は、その裏に家族があることを忘れてしまうのが男性の特徴なのでここを感じ取ってあげるだけで男性の気持ちを理解できるはずです。

復縁の際は、この彼の目的や目標を聞いてあげてそこを受け入れてあげる事が大事になります。

以上、3つほど紹介しましたが参考にはなるかなと思います。

3-2. 復縁の際にある女性心理 ~元カノの本音~ 

先ほどの原始時代の話を例にすると、女性は男性のように狩猟型ではありません。男性が狩りに行き争いの中で生きている間に女性は家庭を守る為、あらゆる人と良好な関係を構築しようとします。

自分の主張や思いよりも「その場を問題なく安心に過ごせる事」のほうが重要であるため、本能的に「愛やつながり・安心や安全」が行動原理として表れる傾向が高いです。正に、男性とは真逆の生物だというのがこれだけ見てもわかります。

そんな女性は

1)共感をしてもらって初めて満足感を得る

2)思考回路が感情的なので論理的思考が苦手

3)同時にいくつもの物事に目を向ける事ができる

という特徴を持っています。

それぞれ解説をしていきましょう。

1)共感をしてもらって初めて満足感を得る

女性にとって共感は非常に重要で、別に共感をすることではなく「話を聞いている」という姿勢が共感をしていると同じ意味になります。その為、女性の話を相談だと勘違いして暴走ぎみにアドバイスしたり自分の正しさを主張するほど「共感されていない」と思われやすくなります。

そのため

・話の結論が見えない時でも、重要な話でない場合は結論を言わせようとかアドバイスとかをせず、ただただ聞いてあげるだけでいい。

・別れ話をされた時にすがったり引き留めようとして自分の主張をするのではなく、とにかく聞く姿勢を先に見せることが大事。

・凄いねとかかわいいねの前に共感をしてあげる聞いてあげる事が先。

ここら辺はかなりポイントになります。

まずは感情を汲んであげるだけで、その後に自分の意思を言う程度にとどめておくのがポイントですね。

2)思考回路が感情的なので論理的思考が苦手

女性は感情的だとか言われていますが、女性は感情を優先しているのではなく、感情をつったコミュニケーションをしているだけにすぎません。その為会話は感情が優位にたった会話をする傾向があります。

それを論破しては女性は不満になったり、委縮してしまったりしてしまいます。そこでとにかく感情的な意味不明な話であろうとも聞いてあげたり質問をしてあげたりする事が大事です。もっと言うと、出来事よりも感情に共感をしてあげるだけで安心感を感じます。

例えば、別れ話の際に女性は感情的な不満を言ったりしますがこれを論理的に論破しようとしてはいけません。「なんで私の言いたい事をわかってくれないの!」となり余計に感情を逆なでしてしまいます。

とにかく感情を吐き出させてあげてください。それを論理的に分析して「こういうことだろ」的な事は言わなくてもいいです。

3)同時にいくつもの物事に目を向ける事ができる

男性は1つのものにフォーカスを当てる事で力を発揮する脳を持っています。しかし、女性はそんな中でも「あれも大事」「これも大事」と全体的なものを見る習性があります。だから、夫婦間では「仕事はできても家庭はダメ」とか言ってしまいがちだったりします。

男性からすれば1つの目的や目標にフォーカスをあてる傾向があり結論を欲しがるので「結局何が大事なんだよぉ~」となりますが、女性はただ全体的に物事をみているだけにすぎないのです。そう考えると男性よりも女性のほうが多くの情報を処理するのに大変だなとは思いますが。

そのため、大事な話も話題がブレる傾向が多いのでそこに苛立ちを感じずに、とにかく聞いてあげた上で結論を急がず少しずつ結論は何か?ときいてあげるだけでも十分コミュニケーションは成立します。

その間に感情的に話すこともありますが、それが例え愚痴だろうがショックだったことであろうがそもそも嫌いで付き合ったわけではないし、文句や愚痴が出てくることはある意味あなたのことが好きだから言っている事であり、そこをはき違えて「自分に価値がない」とは思わないようにしてください。

あれやこれやと色々考える女性は不安を感じやすい生き物なので、その中でも最も大事なことは、最も伝えたい事は?という事を意識して聞いてあげるだけでもコミュニケーションは円滑になるはずです。

SPONSORED LINK

まとめ:相手を受け入れる事が最も大事

これを見るだけでは、相手の気持ちを理解することはできないかもしれませんし、実際に男女の違いを全て知ったって結局どうすればいいのかはわかりはしません。

大事なのは、違いを面白いと思う事、違いがあることが自分の価値を明確化すること、違いがあるからこそお互い支え合うことができると言う事を忘れず受け入れお互いを尊重しようとする意思です。

復縁をする前にこの気持ちを持てるようにしておくと復縁の成功率は格段に上がることは間違いありません。「相手を知っている」前提ではなく「まだまだ知らないところが沢山ある」と思って好奇心をもって関わっていきましょう。

「あなたはこういう人だ!」ではなく「もっと違うところがあるのではないか?」と思えばそれだけで相手との関わりが楽しくなりその楽しさが相手に伝わり「あなたといるともっと楽しくなる」と思ってもらいやすくなりますし、それが復縁したいと思わせる武器になるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料:プロ復縁工作屋の復縁チェック

テクニックややり方という小手先の復縁をしても無意味です。自分が不幸せな人が相手を幸せにできないように復縁は根本的な原因を解決しなければ復縁は不可能です。

復縁は寄りを戻すのではなく過去から学び新たな関係を構築しなければならないのです。そんな本質から復縁を手助けをし、その成功率87.3%を誇る復縁工作屋

・自分でできる復縁可能性チェックテスト
・復縁に成功する人・失敗する人
・復縁成功のための3つの秘訣

などなどを復縁メソッドの一部を無料で知ることができます。過去から学び未来に活かす復縁ができるあなたになるためのヒントが詰め込まれているので是非下記からご覧になってください。

女性版はこちら
dansei

※このサイトは有料の講座と講座も提供していますが必要ならばお申し込みください。教材内容は確認しましたが本質をついた素晴らしい内容になっています。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>