女性心理に基づいた恋愛感情を感じる4ステップ

ブサメンでもイケメンよりモテる男の3つの特徴

ブサメン,イケメン,モテる男

イケメンかブサメンかはモテる男を分かつ重要な項目!みたいに言われていますね。

モテる男や彼女がいる男は、見た目でモテていると考えで確かに世にいるモテる男達もファッションから変えろ~と言われてたりするので確かに見た目は重要なファクターではあります。

人の内面は見た目に表れる

というのも確かで、どれだけ思いや考えはあってもそれを表現をしなければ意味がないのも確かなので大事と言えば大事ではありますが、だからと言ってイケメンになったからってモテるわけでもなければ、好きな女性ができても振られまくっている人も普通にいます。

逆にブサメンでもモテている男もかなりいたりしますしね。

あくまでイケメンかブサメンかはモテるために重要なわけじゃなく、初対面の時に多少、有利程度であって決して女性を惚れさせるために最重要項目ではないので“ある程度の見た目”を意識するだけでも十分なんです。

でも、ブサメンだからモテない!イケメンはモテるとか言ってモテてない人にはある特徴があってそれを改善するだけで十分にモテるようになるためにブサメンでモテない人のある特徴を紹介していきます。

ここを意識して改善をするだけでもこれまでよりもモテやすくなりやすいと思うので、真摯に受け止めて意識してみてください。今までよりもはるかに恋愛が楽にモテやすくなると思いますよ。

 

1.幅広い価値観を受け入れられている。

価値観,受け,

まず、ブサメンだからモテないと言っている人ほど、自分の顔が微妙な事がモテない原因だと思ってしまっています。例え、このブログで「見た目なんて関係ない!」と言っても、ブサメンでモテてない人は・・

「とかなんとか言って結局女は顔で男を選ぶんだろ!」
「クラスの女が言ってたしぃ~」
「俺がこんなに好きって思いを持ったのにあいつはイケメンと付き合った!」

とかなんとか理由をつけてブサメンがモテない理由を延々と主張し続けます。

しかし、例えブサメンだろうと、モテるようになる男はブサいくだから彼女ができないとは絶対に言わない・思わないのです。

まぁ、こういう事を言うと・・・

「そりゃそうだろ!モテてるんだし。」
「金があるからだろ。」
「ロクでもない女と付き合ってるんだろ!」
「人をだますのがうまいだけだろ!」

的な声が聞こえてきそうだったりしなかったりしますけど(爆)でも、彼らはモテているからとか彼女がいるからとう状況になる前から、ブサメンだからという言い訳をしていないのです。

ここで僕は言いたいのは・・そんな言い訳をするからダメなんだ!

ってコトが言いたいわけじゃありません。

そもそもですね。

この言い争いというのは、そのほとんどが

ブサメンでもモテる=ブサメンはモテない

という価値観の争いなわけです。

でも、そんな争いの中でいくらブサメンがモテると言われていても女性が言っていたとしても、聞き入れる気がないという事は、自分の価値基準でしか物事が見れない状態になってしまっているわけです。

そして・・大体の場合、ブサメンほど女性を見た目で選んでいたりしていて、結局女性が見た目で男を選んでいるわけじゃなく、自分自身が女性を見た目で選んでいるという不思議な現象がおこっているわけです。

自分が見た目で女を選ぶから女もそうなって当たり前。

と、自分以外の価値観を受け入れていないので、そもそも女性との会話でも自分の考え方を押し通そうとしたり、相手を受け入れることができないわけです。

その時点でモテないわけです。

よく、男の器とか言いますよね?

あれは、あらゆる価値観を受け入れられる男のコトを言うわけですが、にも関わらず自分の価値観に固執をして相手の価値観を受け入れられなきゃ・・女性からすれば「ちっちゃい男」って思われても仕方ないわけです。

まぁ、昔の僕も一緒でしたけどね(苦笑)

 

2.“自己防衛本能“を持たない。

自己防衛本能

更に問題なのは、そんな状態だと女性の反応や態度や言動に一喜一憂して感情を振り回されてしまうのです。あの頃は本当にモテなかった・・でも、内面で勝負だ!とか言っていた・・・。

受け入れもできないのに内面で勝負はないだろぉ~!って話ですけどね(汗)

モテないのは自分が不細工だから・・とか他者を受け入れず自分の主張しか信じないと、人間関係上は「対立」をするわけですから相手からの反論をされるのは当然なわけ。

他者を受け入れず自分の主張だけを通す。

わけですから。

これはある意味で自己防衛本能に近いわけです。自分が思ってるモテない理由を潰されると言い訳がきかなくなるわけですから・・・逃げ場がなくなりDNAのせいにできないわけですから自分がダメだってことを認めなきゃいけなくなるんです。

だから、認めたくない!逃げ道がなくなるから・・

こうなると、自己防衛の事しか考えられなくなりリスクを極端にさけたり、思い通りにいかないと感情がすぐに揺さぶられたり、何もできなくなったりキレてしまったりしてしまうものです。

誰かのせい、遺伝のせい、環境のせい、女のせい。

と自分を守ったって女性は男らしいとは思いにくいし頼ることもできません。誰だって最初は恋愛に限らずなんでも失敗はするもの・・・んな中で今自分にしかできない事をしていたら絶対にうまくはいきません。

だからこそ、多少のリスクをとったりこれまでやったことのないアプローチをすることは凄い大事なんです。僕はここに気づいてから「見た目をできる限り改善をし」「見た目で女性は男を選ぶというセリフは絶対に言わない」ことから始めました。

これができるだけで、誰かのせいにしたり環境のせいにしたりすることなく、徹底的にコミュニケーション能力や目の前の女性に集中できるようになったのです。

 

3.まずは小さな一体感を作る事からスタート

まずは小さな一体感を作る事からスタート

これができるようになると、価値観の対立がなくなるので相手との共通点を見つけ出すことができやすくなりますし、感情を振り回されて女性を観察できなくなるみたいなコトもなくなります。

そもそも女性は男性よりも自己防衛本能が高いので、イケメンかブサメンか?よりも危険か危険でないかのほうを重要視しているのでファッションで“清潔感”を意識する程度で十二分だったりします。

それ以上に大事なのは“一体感を作り出すこと”です。

すごーくわかりやすく言うと共通点を持つことです。

「そうそう!」
「だよねぇ!」
「わかるわかる!」

的な共感の状態を作ることですね。僕達人間は自分と自分と違うと思うと仲良くなりにくいもの・・それがたとえあなたが好きであろうとも仲良くなりたがろうとも、緊張して心を閉ざしたりキレたりすれば危険人物のレッテルを貼られてしまうだけ。

ある程度仲良くもなれもしないのにモテることも付き合う事もできるわけがありません。

そのためにも、「ブサメンはモテない」なんていう思い込みは捨てたほうがいいですよ。別にその思い込みを信じるのもいいですけど、それではあなたは何も行動できずに終わってしまったりビクビクしながら女性とかかわることになってしまいますよ。

だからこそ・・・まずは小さな一歩からでも進むところから始めていきましょう。

まとめ

ブサメンじゃモテない・・そう考えるのはわからないでもありません。
でも、そんなことを言い続けたっていつまでたってもモテるコトはありませんよね。

大事なのは「あ~らからモテない」「こ~だからモテない」

という理由でさえも超えるくらい女性を好きにさせるくらいの男になることです。そのために言い訳できる状況を自分で作らないのはすげー大事な事なので覚えておいてください。

それに、イケメンとかブサメンとかよりも女性は“内面から満ち溢れる外見”を無意識化で感じ取る傾向があるので(特にステージの高い女性ほど)絶対必須だと思って覚えておいてください。

それさえあれば“短期”でなくても長期的に考えて“圧倒的に女性に好かれる”はずだし、例え見た目重視で選んでる女性だったとしても、いくらでも変えるくらいの威力が出てきますから。

「あぁ~今までの自分が好きになるタイプと違うタイプを好きになっちゃった」と言われるのを目標に頑張りましょうね。ではでは!!